Core 2 Duo E7500が18日(日)から発売

コストパフォーマンスの高いCore 2 E7xシリーズに最上位CPUが登場。

Core 2 Duo E7000シリーズ最上位モデルとなるプロセッサー・ナンバーE7500(クロック2.93GHz)が18日(日)に発売される見込みだ。予価は約14,000円前後で、TWOTOP秋葉原本店フェイス本店TSUKUMO eX.ツクモパソコン本店などが予告中。

 E7500は、デスクトップPC向けCore 2 Duo E7000シリーズ(FSB 1,066MHz)で最上位となるモデル。主要スペックは2008年10月に登場したE7400(クロック2.8GHz)と同じで、クロックの向上がおもな違いだ。製造プロセスは45nmで、2次キャッシュ容量は3MB。今回確認した製品のS-specは「SLB9Z」。

sse1 sse3 sse4

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090117/etc_intel2.html

Core 2 E7xシリーズに最上位CPUのE7500が追加され、販売が開始となりました。

追加されたCPUはCore2 E7500 2.93GHzとなっており、価格は14000円前後との事。

Pentium Dual CoreとCore2 E7xシリーズはキャッシュ、クロックにて住み分けが行われていますが、E7500の登場により、最大クロックは2.93GHzとなり、より開いた感じでしょうか。

E7200が登場時、15000円していた事を考えるとこの製品はさらに高クロック、安価ですのでコストパフォーマンスは良さそうですね。
Core 2 Duo E7400 BOX
Core 2 Duo E7400 BOX
最安価格 11780円 09.01.18

DKA790GX Platinumの調子の悪さが異常

昨日確認したところ、私のDKA790GX PlatinumはBIOSのバージョンが1.1とかなり古いものでして、Phenom II 940 Black Editionに対応しているBIOSは1.4~となっています。

と言う訳でVista 64BitではLive Updateが正常動作しないので、もう半年以上使ってなかったWindows XP 32Bitを掘り出し、インスコ後、Live UpdateをWindows上で実行しBIOSのアップデートを試してみたところ現行のDKA790GX PlatinumのBIOSは最新がVer 1.5となっており、それ以外はLive Updateではアップデート出来ないよう(Live Updateで使えるのは最新版のみ?)なので仕方なくそれを選択し、アップデート開始。

しかし、いきなり以下のようなエラーが。
e784a1e9a18c

 こ れ は 酷 い 。

BIOSがUnknown CPUでアップデートを試しているからかもしれませんが、何故か「Module CheckSum」でErrorの文字が。

これじゃアップデートも出来ないじゃないか、と言う事で現在放置中。

フロッピーのアップデートを試す予定ですが、フロッピーとかメインPCに付いてないよ(´・ω・`)

MSIスレを覗いていたらこのような書き込みが。

509 :Socket774:2009/01/18(日) 02:09:12 ID:I6OR6LcC
DKA790GX Pla買ったけどXPでBIOSをアップデートしようとしたらBIOSのチェックサムでコケてアップデートすら出来ない
何これ・・・
512 :Socket774:2009/01/18(日) 02:37:33 ID:+zvumvQG
>>509
16日に出た1.5は俺も同じだった
フロッピーからも出来なかったから、更新ファイルがおかしいんだろう

【08.01.19 追記】

フロッピーからのBIOSアップデートを試してみたところ、Ver 1.5でも普通に行けました。

相変わらず32BitのWindowsXP上からではチェックサムでコケますがフロッピーからなら問題なくバージョンアップが可能です。

非常に調子悪い、特にマザー。

Phenom II 940 Black EditionDKA790GX Platinumをセットで購入したんですが、購入店でBIOSアップデートを言い忘れて今とても面倒なことに。

Vista 64BitだとDKA790GX PlatinumのBIOSアップデート時に使用するLive Update Onlineがまず「サービスを起動できません」的な事を言い始め使用不可能。

仕方ないのでドライバCD内に入っているアップデートソフトを入れようとCDドライブにアクセスするとカーソルごとフリーズ。

まぁこの辺はBIOSアップデート忘れていた自分が悪いんで許せる範囲?だと思います。

しかし・・・普通に使っているときも急にカーソル動かなくなったりするんですよね_| ̄|○

BIOSアップデート済ましてないって言うことで何か不具合出ているのかもしれませんが・・・

 

まぁPhenom IIがずっとUnknownって言うのも嫌ですし明日には32BitのXPでもゴミHDDに突っ込んでアップデート予定です。
unknowncpu

Phenom IIを購入しました

日本橋にてPhenom II 940 Black EditionDKA790GX PlatinumST3500410ASをセットにて購入してきました。

気分的に脱Intel、入AMDという事となり、実際AMD製CPUを使うのは地デジサーバーを使った以来という事になります。

正直、Phenom II 940 Black Editionの耐性は凄まじく、Vcore盛らずに倍率上げるだけで3.6GHz行けました・・・。

何ていうか・・・凄い。

もう・・・AMDじゃない。

マザーのDKA790GX Platinumもまぁまぁの仕様で使いやすいといえば使いやすいんですが、SATA1、SATA2のポートにOS用ドライブ、データ用ドライブ挿しても何故かSATA3にOS用ドライブが認識するというトラブルが出て、軽く困っていたり。

これ以外にもCMOSクリアのスイッチが押しても反応なしのようで結局電池を抜く羽目に・・・。

スイッチ付きのモデルってCMOSクリアのスイッチカチカチ押したり出来ないんですかね・・・うちのずっと凹みっぱなしになってるんですけど。

っていうかCMOSクリア出来てない時点でこのスイッチおかしいよ、ワンズさん。

 

まぁ調子が悪いようなので近々持って行ってみることにします。

次に500GBプラッタ1枚のST3500410AS

普通に速い、320GBプラッタ1枚の3200AAKSより余裕で高速。

しかも肉薄デザインであんまり発熱もせず、静か。

OS用ドライブに500GBも必要なのかは微妙なラインですが、なかなか良いです。

Phenom II X4 940 Black Edition BOX

Phenom II X4 940 Black Edition BOX

最安価格 28470円 09.01.17

DKA790GX Platinum

DKA790GX Platinum

最安価格 16980円 09.01.17

Barracuda 7200.12 ST3500410AS

Barracuda 7200.12 ST3500410AS

最安価格 5180円 09.01.17

TDP65W版Core2 Quad 9xsシリーズが発売延期に

Core2 Quadの9xsシリーズの65W版が発売延期に?

「2万も下がっちゃった」(1/15) —某ショップ店員談
 1/18に販売解禁となるTDP65Wの低電圧版「Core 2 Quad」。Q9550s/Q9400s/Q8200sの3モデルがあるが、実際の販売は2月に延期となったようだ。価格はQ9550sで約\39,800。
 なお、先週末から一部ショップで早くも4万割れでの販売が確認されているCore 2 Quad Q9650。1/18の価格改定ではさらに下がり、約\31,000程度で販売される見込み……というか
ドスパラ本店では1/15現在\31,280で販売中。(拡大画像

090115_voices_01_l

http://www.gdm.or.jp/voices_index.html#09011701

1月18日のIntelの価格改定前から値下げが目立つようですが、1月18日に発売予定されていた低TDP版Core 2 Quadシリーズですが、実質2月に発売が延期された模様です。

予価はQ9550sで約4万円と かなり高価となっています。

価格改定で65W版と95W版の差がさらに開いてしまうといった事ですが、95W版のCPUがかなりの値下げをされるとの事でなかなかお買い得な価格になるようです。

既にQ9650は今現在31000円程度で発売されることを考えると去年と比較して約2万円以上下がっている訳ですし、なかなかの値下げだと思います。
Core 2 Quad Q9650 BOX
Core 2 Quad Q9650 BOX
最安価格 39980円 09.01.16

Core 2 Quad Q9650が2週連続で激安特価、価格改定の前兆?

価格改定が1月18日に迫っている中、Core2 Quadの上位モデルを中心に一足お早目の値下げが始まっています。

先週、一部ショップが行ったCore 2 Quad Q9650とQ9550の激安特価が他店舗に波及、価格改定の前兆ともいえる動きを見せつつある。

先週、今週と確認できた激安特価はCore 2 Quad Q9650の39,800~39,980円(昨年末比-1.2万円)と、Q9550の28,980円(同約1.8千円)。実施ショップは先週がクレバリー1号店(15日(木)までに売り切れ)、今週がパソコンショップ アークと異なっており、値下がり幅が大きいことと合わせ、近日中に価格改定が行われる公算が高そうだ。

詳細な相場情報については、CPU最安値情報(16日調査/掲載予定)も参照のこと。

stark1

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090117/etc_intel.html

去年の12月初旬の頃は5万円以上当たり前のようにしていたCore 2 Quad Q9650ですが、現在では新品価格が約4万円となっており、価格改定より一足早めの値下げが始まっています。

私が12月に日本橋でQ9650の中古を見た時は48000円と言う破格でしたが、今日神戸のじゃんぱらを覗くと、39800円となっており、かなり値段が落ちている事がわかりました。

新品でも4万円以下の物が既に出ていると言うことでIntelの価格改定より一足お先の値下げ合戦が始まっているようですね。

1月18日にはQ9xシリーズの価格改定、Q9xシリーズのTDPを下げたモデルが複数販売予定なので高性能なCPUがさらに安くなりそうです。
Core 2 Quad Q9650 BOX
Core 2 Quad Q9650 BOX
最安価格 39980円 09.01.15

シングルGPU最速をうたう「GeForce GTX 285」が発売開始に

シングルカード最速を謳うGeForce GTX 285搭載ボードが発売開始に。

先週発売となったデュアルGPU「GeForce GTX 295」を搭載したビデオカードの下位モデルとなる「GeForce GTX 285」搭載カードの販売が明日15日(23時)からスタートとなる。NVIDIAいわく「シングルGPUでは世界最速」という製品である。

「GeForce GTX 285」は、従来モデル「GeForce GTX 280」のマイナーチェンジ版。製造プロセス65nm→55nmにシュリンクされることによって消費電力はGTX 280の約236Wに対してGTX 285は183Wへと大きく減少。また、PCI Express電源コネクターはハイエンドビデオカードにありがちな「8ピン+8ピン」ではなく「6ピン+6ピン」仕様となり、使用電源ユニットに求めるスペック的にもハードルが低くなった点は大きい。
 その他、Streaming Processor数はGTX 280と同じ240基ながら、コア/メモリ/シェーダクロックは648MHz/2484MHz/1476MHz(GTX 280は602MHz/2214MHz/1296MHz)とそれぞれアップ。搭載メモリはGDDR3 1GB(メモリインタフェース512bit)、ブラケット部はDualDVI/HDTV-OUTという構成。3枚のGTX 285カードを搭載する3-Way SLIにも対応する。

ge1_c_640x4801 ge4_c_640x4801 ge5_c_640x480

まず、16日から店頭に並ぶことになるのはinno3D「Tornado Geforce GTX285」「Tornado Geforce GTX285 OC」とZOTAC「ZOTAC GTX285 1GB GDDR3 PCIEx16」の3モデル。このうちinno3D「Tornado Geforce GTX285 OC」はコア/メモリクロックが700MHz/2560MHzにクロックアップされた製品となる。
 「GeForce GTX 295」とは異なり基版デザインは従来モデルの「GeForce GTX 280」をそのまま踏襲したものと思われ、プラスチック製カバーに覆われた2スロット仕様のもの。今後も多数のメーカーから発売が予定されており、しばらくは発売ラッシュが続くことになりそうだ。なお、実売価格は4万3000~4万5000円前後となっている。

ge6_c_640x480 ge7_c_640x480

http://ascii.jp/elem/000/000/205/205876/

今日23時発売開始予定のGeForce GTX 285ですが、既にOCモデルも登場予定との事。

GeForce GTX 280と比較して消費電力や電源コネクタの変更が大きな特徴ですが、コアクロックやSPクロック、メモリクロックまで変更されていることから、かなりのパフォーマンスアップが期待されています。

価格が4万円前半~4.5万円台と言う事からGeForce GTX 295と比較すると微妙な価格とはいえますが、消費電力、発熱量を考えると導入しやすい製品なのかもしれませんね。
gf-gtx285-e1ghw_hd_s
GF-GTX285-E1GHW/HD
最安価格 44352円 09.01.15

Socket P用のMini-ITXがAopenから発売開始に

ようやくモバイル系のC2D Qシリーズがこのマザーで動作が出来るかもしれません。

GM45+ICH9Mチップセットを搭載したSocket P用Mini-ITXマザーボード。メーカーはAOpen。

主な搭載デバイスはDVI/HDMI出力、7.1chサウンド、1000Base-T LAN、eSATAなど。スロットはPCI Express Mini Card×2とDDR2 SO-DIMM×2。24ビットLVDSコネクタも備えている。

電源は付属の135W ACアダプタで供給する仕様。専用CPUクーラーやDVI-VGA変換アダプタが付属する。

mi45gmt1 mi45gmt3 mi45gmt4

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090117/ni_i_mc.html

AOpenからモバイル用チップセット「GM45」を搭載したMini-ITXマザーボードが発売されました。

SocketPを使用し、GM45を積んでると言うことで消費電力やハードウェアエンコードを搭載している面から見てなかなかの省スペースマシーンを組むのに適していそうです。

価格は約26800円となっているようですが、135WのACアダプタが付くことからなかなかコストパフォーマンスの高いマザーになりそうです。

省スペースで高性能なPCを組みたい方にはなかなかよさそうな製品です。

G45M-S
G45M-S
最安価格 8980円 09.01.15

さらば、Intel。

ここ最近PC関係は全く触ることもなく面白くなかったため、約2ヶ月間ほど使用したQ6600とGA-EP45-UD3Pを売却しました。

売却店はドスパラでQ6600が12000円、UD3Pが11000円で売却できました。

初めはUD3Pの買取価格が7000円とか言うふざけた価格を提示してきたのですが、ソフマップやじゃんぱらでは1万円程度だと店員に説明すると、快く10000円の買取として貰えました。(ドスパラの買取金額検索ではUD3Pは載ってないので参考程度に。)

そして携帯で10%割増のクーポンを見せ、Q6600が13200円、UD3Pが11000円にて売却完了。
※ドスパラは1月31日まで10%割増をやってるそうなので興味のある方はコチラ

合計24200円となった、全てはPhenom IIの為。

ようやくDragonのプラットフォームが使えるようになるとの事でワクワクしてます。

まだ購入するマザーを決めかねている状況ですが、現地でどのくらいマザーが残ってるいるかによって臨機応変に対応しないといけないようで少々難航しそうな予感。

次こそは安定する環境を揃えたいので妥協の無い買い物を目指したいですね。

Phenom II X4 940 Black Edition BOX
Phenom II X4 940 Black Edition BOX
最安価格 28960円 09.01.15