NVIDIA、モバイル向けGPU「GeForce 100M」シリーズを発表

Nvidiaからノート向けGPU 「GeForce 100M」シリーズが発表となりました。

NVIDIAはメインストリーム・ノートブック向けGPU「GeForce 100M」シリーズを発表した。最上位に「GeForce GT 130M」、その下に「GeForce G110M」「GeForce G105M」がラインナップされている。

GeForce 100MシリーズはDirectX 10およびOpenGL 2.1に対応したGPU。インタフェースはPCI Express 2.0。GeForce GT 130Mは、ストリームプロセッサが32基、コアクロックが1500MHz、メモリがDDR2で500MHz、DDR3で800MHzとされる。メモリの接続バス幅は128bitで最大容量は1GB。

GeForce G110MおよびG105Mは、ストリームプロセッサがそれぞれ16基と8基、コアクロックは1000MHzと1600MHz、メモリはどちらも64bit接続、DDR2で500MHz、DDR3で700MHz、最大1GBと同じスペック。

3製品ともNVIDIA CUDAに対応しており、3Dグラフィックス以外の分野でも活用できるほか、PureVideo HD、PowerMizer 8.0等の機能を搭載している。また、ディスプレイ出力インタフェースではHDMIやDisplayPortにも対応している。

GeForce 100Mシリーズを採用した製品としては、米Lenovoが3製品を発表。同社のIdeaPad Y650がGeForce GT 130Mを、IdeaPad Y550およびIdeaPad Y450がGeForce G110Mを搭載している。なお、これら3製品の日本での発売は未定。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/13/062/index.html

今回nVidiaから発表されたのはノート向けGPUとなる「GeForce 100M」で、最上位が「GeForce GT 130M」、下位版の「GeForce G110M」、「GeForce G105M」と言うラインナップになるようです。

GeForce 100Mシリーズは全てDirectX 10、Open GL 2.1、PCI Express 2.0に対応。

最上位のGeForce 130MはSPが32基、コアクロックが1500MHz、DDR3 800MHz、バス幅は128Bitとなるようで最大メモリは1GB。

下位版に当たるGeForce G110M、G105MはSP数が16基、8基となりコアクロックは1000MHzと1600MHz、バス幅は64BitとなりDDR2 500MHz、DDR3で700MHz、メモリ容量は最大1GBとなるとの事。

今回のGPUから命名法則が変わり、GeForce ***と言うような表記となりましたが、正直余計にわかりづらくなった気がします。

Vostro A860 ベーシック構成 
Vostro A860 ベーシック構成
最安価格 48480円 09.01.14

富士通、東芝へのHDD事業売却についてコメント

まだ合意には至っていないようです。

富士通株式会社株式会社東芝は14日、富士通が東芝へHDD事業を売却するという一部報道についてのコメントを公開した。

富士通によれば、「HDD事業について複数の企業と前向きに話し合いをしている事は事実だが、合意には至ってない」という。東芝は、「HDD事業に関する報道は当社から発表されたものではない。交渉をしていることは事実だが、現時点では何も決まっていない」とした。

富士通は2008年10月に、HDD事業を米Western Digitalに売却する方向で調整に入ったと報じられたことに関して、否定のコメントを出した経緯がある。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0114/fujitsu.htm

富士通が東芝にHDD部門を売却すると言った記事が先ほど出されましたが、未だ売却の合意には至っていないようです。
富士通、東芝にHDD事業売却へ リストラ加速

出来る限り売却してもらいたくは無いのですが・・・。
癒し系パソコンを自作

富士通、東芝にHDD事業売却へ リストラ加速

まさか富士通がHDD事業を売却とは・・・。

富士通がパソコンなどのデータ記憶装置として使われるハードディスク駆動装置(HDD)事業を東芝に売却する方向で最終調整に入ったことが14日わかった。早ければ月内にも合意する見通し。世界的な景気の後退で、業績改善が見込めないと判断した。デジタル製品の市場悪化で電機各社の業績は軒並み悪化しており、今後、不採算事業からの撤退や雇用の削減などのリストラが一段と進みそうだ。

富士通のHDDの世界シェアは約7%で、世界6社の最下位に位置する。パソコン需要の低迷に伴い、搭載するHDD価格も下落しており、赤字に陥っている。今後は主力の情報システム事業に経営資源を集中する。

東芝のHDD事業は世界4位で黒字を確保しており、富士通のHDD事業を買収し、量産効果や開発の強化につなげる。東芝は主力半導体のNAND型フラッシュメモリーを使った次世代のデータ記憶装置「SSD」も商品化しており、HDD事業の拡大と合わせてデータ記憶装置事業を強化する。

富士通は昨秋からHDD世界2位の米ウエスタンデジタルと売却交渉を進めていたが、条件が折り合わず交渉を打ち切っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000516-san-ind

富士通が以前から他社にHDD事業を売却と言うのはよく言われていたことですが、Western Digitalとの売却交渉はうまく行かず、音沙汰は無かったのですが、東芝に売却されることが明らかになりました。

富士通のHDDと言えば1.8インチのHDDやサーバー向けのHDDを販売していましたが、SSDなどの開発を行っている東芝にHDD事業を売却することになりました。

この不景気でリストラ、派遣切りなどが問題となっていますが、更に状況は悪くなりそうです・・・。
Phenom II ハッキング 初級編

MSI、低価格の超薄ノートと一体型PCを展示

Eee Box対抗PCがMSIから続々と発表されています。

台湾MSIは、2009年1月8日(現地時間)から11日まで米国ネバダ州のラスベガスで開催された「International CES」で低価格パソコンを展示した。

展示した製品の中でも来場者の注目を浴びていたのは、超薄型のノート「X320」と液晶一体型デスクトップ「Wind NetOn」シリーズだ。いずれもCESで初お目見えとなる。
ph1

 X320は13.4型液晶ディスプレイを搭載。閉じたときの厚さが198mm、最薄部は6mmと非常に薄い。一見、「MacBook Air」に似たスタイリッシュなデザインも目を引く。詳細な仕様は明らかにしていないが、CPUはAtom、OSはWindows Vista Homeを搭載。標準の4セルバッテリーを搭載した場合で重さは1.3kg、バッテリー持続時間は約5時間となる。ブースの説明員によると、台湾と米国では2009年5月か6月に発売する予定だ。価格は「800ドル以下になるだろう」ということだった。日本での発売は未定だという。

 一方のWind NetOnシリーズは、「AP1900」と「AE1901」の2機種を展示していた。いずれも19型液晶ディスプレイを搭載したモデルだ。
ph3 ph4

 説明員によると、先に発売されるのはAP1900。日本を含む全世界で2009年2月の発売を予定している。Atom N270(1.6GHz)、OSはWindows XP Home Editionを採用し、価格は500ドル程度になるという。

 もう一方のAE1901は3月か4月に全世界で発売する。CPUはデュアルコアのAtom 330(1.6GHz)、OSはWindows XP Home Editionを採用し、価格は500ドル程度。ただし、こちらのモデルはオプションとしてタッチパネル式液晶を搭載したモデル(価格は600ドル程度)も用意する予定だという。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090113/322776/

MSIはCES 2009にてIntel Atomプロセッサを搭載した超薄型ノートの発表や、低価格液晶一体型PCを発表しました。

発表されたモデルはノート型1モデル、液晶一体型モデルが2つで、これらのPCにIntel Atomプロセッサ、およびAtom デュアルコアが採用され、価格は500ドル~800ドル以内の発売を目指すとの事。

Wind Netbook U100-BLACK (Empire Black) 
Wind Netbook U100-BLACK (Empire Black)
最安価格 43800円 09.01.14

酷い一日だった。

学校から帰ってきた後、Windows 7の呪い?でVistaが起動しなくなりその後Windows 7も起動しなくなって今日こそはメイン復活させるぞ、と意気込んで作業を進めていると間違えて半年間貯めに貯め続けた音楽やら壁紙の入ったDドライブをミスってフォーマットしてしまい、死んだ。

そしてこの後ヘコみながらもメインを修復させないと行けなかったので、最低限のS.T.A.L.K.E.R.のセーブデーターとSleipnirのお気に入りデーターを抜いた後、HDDを交換しようとした瞬間惨事は起きた・・・。

SATAの電源部分のプラスチックを破壊してしまったのである・・・_| ̄|○
詳しくはこっちの記事で・・・(。´Д⊂)

HDDのデーターは吹っ飛ぶわ、HDDのコネクタ破壊して買い替えしなけりゃ行けないかもしれないわ・・・
新年早々付いてねぇ_| ̄|○
Phenom II 対応マザーボードランキング

マウス、初のDVDスーパーマルチ搭載ネットブックを発売

初めてネットブックにDVDドライブが載ったモデルが発売開始となりました。

株式会社マウスコンピューターは、初のDVDスーパーマルチドライブを搭載したネットブック「LB-F1500W」を1月下旬より発売する。価格は64,800円。

ネットブックとしては初めて±R DL対応DVDスーパーマルチドライブを搭載した製品。DVDからのソフトウェアインストールやDVDの視聴、DVDへのデータバックアップなどが行なえることを特徴としている。

主な仕様は、CPUにAtom N270(1.60GHz)、メモリ1GB、Intel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、160GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、1,024×600ドット(WSVGA)表示対応10.2型ワイド液晶、OSにWindows XP Home Editionなどを搭載する。

インターフェイスは、SDカード/MMC/メモリースティック(PRO)対応スロット、USB 2.0×2、ミニD-Sub15ピン、IEEE 802.11b/g対応無線LAN、Ethernet、音声入出力などを備える。

バッテリは6セルリチウムイオンで、駆動時間は約5.2時間。本体サイズは266×203×35mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.6kg。本体色はパールホワイト。

なお、ビックカメラ、ソフマップ、ベスト電器、さくらや専用モデルとして、本体色をピュアブラックに変更した「LB-F1500B」も同時発売される。

mouse_1 mouse_2

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0113/mouse.htm

マウスコンピューターより、DVDスーパーマルチドライブ搭載のネットブックが発売開始となりました。

今までのネットブックにはCD/DVDのドライブの搭載は1つも無く、CD/DVDなども鑑賞することが出来ませんでしたが、ようやくネットブックでもCD/DVD鑑賞が出来る様になりそうです。

価格は64800円程度との事で、少々割高感はありますが、外付けDVDドライブを購入するよりかはスリム且つ持ち運びやすいでしょうし、これからドライブ搭載のネットブックが多数販売されると良いですね。

Netbook LB-G1000 
Netbook LB-G1000
最安価格 48121円 09.01.13

初期BIOSでPhenom II対応マザーが発売予定

標準BIOSでPhenom II X4シリーズに対応したUltra Durable 3対応マザーボードが発売予定です。

GIGABYTE正規代理店、株式会社リンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、初期ロット搭載BIOSから正式にAMD PhenomII X4に対応したMicroATXマザーボード「GA-MA78GM-US2H」を1月16日金曜日より発売を開始する。市場想定売価は税込10,900円前後。

  “AM3 CPU Ready”マークが付いたハイブリッド対応Socket AM2+/AM2マザーボードで、チップセットはAMD 780G+SB700。Hyper Transport Busは5200/2000 MT/s、メモリソケットはDDR2-1200/1066/800/667MHz x4、となり使用するCPUに依存するため注意が必要。
 PCI-Express2.0(x16)x1、PCIx2、PCI-Express x1x1となり、RAID(0/1/0+1/JBOD)SupportのSATA2ポートが6となる。

 その他オンボード機能は、VGA share memory512MB(Max)のビデオ機能、ALC889A 8chサウンド、Realtek 8111C GigabitLAN等となり、出力インターフェイスにはDVI-D、D-Sub、HDMI、eSATA、IEEE1394a等。またGIGABYTE独自のUltra Durable 3 Classic、HW Dual BIOS仕様となる。

ga-ma78gm-us2h_l

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/200901/09011306.html

初期ロットのBIOSからPhenom II X4シリーズに対応すると言うAMD 780G搭載マザーが1月16日に発売されます。

サウスブリッジはSB700を採用し、GIGABYTE独自のUltra Durable 3に対応したマザーボードとなっています。

現在発売されている全てのAM2+マザーでは、Phenom II X4を使うにはBIOSのアップデートが必要ですが、このマザーボードを購入する際はアップデートをしなくても使用できるとの事。

予価は10900円前後。

GA-MA78GM-S2H 
GA-MA78GM-S2H
最安価格 8680円 09.01.13

Windows 7 β体験リポート Part2

Part1 → Part2 → Part3

昨日に引き続きましてWindows 7 β体験リポート Part2をお送りします。

昨日はWindows 7 βをインスコするまでしか行きませんでしたが、今日は「適当に」Windows 7の中身を見て行きたいと思います。

続きを読む

ごらんの有様だよ!

SATAという物が世に知れ渡ってからと言うものの、あれほど「破壊しやすい」と言われ続けることはなかったと思う。

縦に力を入れればボキっと逝くSATA端子、更に縦の力を軽く入れるだけでバキっと逝く電源コネクタ・・・。

今日はそれを実体験してしまいました・・・_| ̄|○

続きを読む

Windows 7の呪い?

Windows 7をあまったHDDにインスコした筈だったんですが、Vista用のドライブを繋ぐとデュアルブート状態になっていたのでおかしいな、と思ってたんですが、やはりおかしかった様で、何故かVistaもWindows 7も起動不能になりました(。´Д⊂)

原因が不明で対処も仕切れず、正直Phenom IIに買い換えたいしもうあと1週間ぐらいでCPU、マザーとっかえになっちゃうし暫くノートでも過ごしてもいいかな、とか思ってます。

ただ、メインを復活せねばWindows 7の画像関係を引き出すことが出来ないのでさらに悩んでます・・・OTL

どうせOS入れなおしても約1週間程度と言うことを考えるとさらに微妙・・・

ノートをメインのモニタに繋いでWUXGAでデスクトップ化すれば問題無いんですが、Core 2 T7500だと正直物足りないんです(´・ω・`)

やはり、体感速度は何ちゃってクアッドコアのC2D Q6600には勝てない・・・。

さて、どうしたものか。