本当に居るんですよ、こう言う客。

バイトなどやっててガチで腹が立った客 – VIPPERな俺

店員に向かって金を投げる客ってほんと多いですよ・・・。

これ以外にも何を言ってるかわからないお客さんに「もう一度仰っていただけますでしょうか?」と聞いたらその部分だけはっきりと「お前聞こえないのか!?」

とか・・・ねぇ。

私のバイト行っている地域は姨捨山なのでキチガイ染みた客が多いですよ、ええ(。´Д⊂)

カメラ屋なのに大型スーパーに寄生しているだけあって、「マイルドセブン4つ!」とか言って来るおっちゃん居るけど・・・ここ、写真屋です・・・_| ̄|○

 

「サービスカウンターどこ?」
「サービスカウンターは1ヶ月前に花屋のお隣にに移動しました・・・」

「このお菓子マズかったから返品したいんだけど」
「サービスカウンターは1ヶ月前に花屋のお隣にに移動しました・・・」

いい加減○○(スーパー名)さん、サービスカウンター移動しましたって言う看板出してください_| ̄|○
光ファイバー ブロードバンド・プロバイダー比較

今月は多忙になりそう

現在冬休み?を堪能中のワタシですが、これからは忙しくなりそうです・・・。

今日バイトのシフト表を覗いて見ると3日に1回と言う感じにバイトを入れたはずが、毎日入ることになっちゃってるよん\(^o^)/

しかも昼のシフトで暇なら昼~夜もOK!

とか太鼓判押された・・・(´・ω・`)

いや、昼=13時~17時なんですけどね・・・私にゃ、やる事がいっぱいあるんですよ(´・ω・`)

レビューとかS.T.A.L.K.E.R. SFPSとか、ルーセントハートとか、ブログの更新とか、難波に行くとか、積みゲー潰すとか…etc

遊んでる回数の方が多くないかい?と思った方、正解です。

念願の長期の休みですし、遊んじゃって良いじゃないですか!(泣)

でもまぁ・・・ほとんど毎日バイト入れられた訳でゆっくりする暇すら無くなりそう・・・(´・ω・`)

ある意味来月の15日(今月分の給料日)が凄い額が入りそうですけど、自由が多い方が価値があるような・・・OTL

まぁ・・・頑張りやす(。´Д⊂)
S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl 日本語マニュアル付 英語版
S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl 日本語マニュアル付 英語版
最安価格 4945円 09.02.08

GPGPUソフトがバンドルされたマザーボードが発売開始

GeForce 9300を搭載したマザーボード「GF9300-A-E-SLS」がZOTACより新発売となった。

ZOTAC「GF9300-A-E-SLS」は、チップセットにGeForce 9300を採用するLGA775対応のMicroATXマザーボード。最大の特徴は、GPGPU動画編集ソフト「Super LoiLoScope」をバンドルする点で、高速な画像処理/動画編集が可能となっている。ツクモeX.で16,980円。

ただ、現状ではNVIDIA CUDAに対応しておらず、今後のアップデートでの対応になるという。ちなみに、動画編集ソフトがビデオカードにバンドルされることは多いが、マザーボードに付属されるのは珍しい。

主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。主なオンボードデバイスが内蔵VGA(映像出力端子:HDMI/DVI/VGA)、8chサウンド、ギガビット LAN、SATA×6、USBなど。対応メモリはDDR2-800/667。メモリスロットは4基。

akiba20090207__7631 akiba20090207__7601 20090208113000a1

http://akiba.kakaku.com/pc/0902/08/113000.php

ZOTACからGPGPUソフト「Super LoiLoScope」がバンドルされたマザーボード「GF9300-A-E-SLS」が発売開始となりました。

GF9300-A-E-SLSはGeForce 9300を搭載し、PCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、内蔵VGA(映像出力端子:HDMI/DVI/VGA)、8chサウンド、ギガビット LAN、SATA×6、USBなど。対応メモリはDDR2-800/667。メモリスロットは4基となっています。

現在ではGPGPUが付属したGPUなどが発売されていますがマザーボードにバンドルされるのは珍しいですね。

ただし、バンドルされる「Super LoiLoScope」は現状ではCUDAに対応していないらしく、今後のアップデートで使えるようになる事で少々残念ですね。

価格は約1.7万円との事。
GF9300-A-E-SLS
GF9300-A-E-SLS
最安価格 16401円 09.02.08

微妙な選択肢

東芝が超高性能スマートフォン「TG01」を発表、1GHzのCPU搭載やDivX形式のサポートも

東芝さんがこー言うの開発しちゃったからSH-04A購入するか迷いが出てきた・・・。

一応Touch Pro(HT-01A)でガッカリーニョを食らったばかりなんで・・・スマートフォンについては期待しない方が良いんですけどね。

得にドコモの場合は・・・。

ドコモのスマフォなら20MB制限やら*分間以内に数回の接続したら帯域制限とか馬鹿みたいな制限もあることだしなぁ・・・

これだから普通の携帯に逃げたがる。

上記の制限が無かったら余裕でスマートフォンに行くんだけど・・・。

でもまぁスマートフォンはバッテリーの持ちが悪いのとモッサリ度が高いと言う点ではSH-04Aが圧勝。

自由度は携帯>>>>|スマートフォンなんだけど。
                ↑越えられない壁

小遣いサイトやっていきながら・・・と言う場合はスマートフォンはiモード使えなくなるわけで論外ですし・・・はぁ・・・迷う(。´Д⊂)
癒し系パソコンを自作

DDR2/DDR3両対応のマザーがJetWayから発売開始に

Socket AM2の場合はDDR2、Socket AM3の場合はDDR3と用途に応じて使い分けられる万能マザーがJetWayから発売となりました。

DDR3メモリが利用できるという初のAMD系マザーボード「MA3-79GDG COMBO」がJetwayから発売された。

 Socket AM2版CPU利用時はDDR2メモリが、Socket AM3版CPU利用時はDDR3またはDDR2メモリを選択できるという製品で、2代に渡って最新構成が利用できるという特徴がある。ソケット部品こそSocket AM2だが、実質的には初のSocket AM3マザーとも言える製品だ。

 チップセットはAMD 790GX/SB750で、フォームファクタはmicroATX。実売価格は1万円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)
ssam11 ssam21 ssam41

●Socket AM3 CPUでDDR3メモリが利用可能
 Socket AM2 CPUならDDR2専用

 Socket AM3は、未発売のDDR3メモリ対応版Phenom IIで採用される新しいCPUソケット。

 現行のSocket AM2との大きな違いは対応メモリで、Socket AM3マザーボード=DDR3対応、Socket AM2マザーボード=DDR2対応とされている。互換性に関しては、「Socket AM3を備えるマザーボードはSocket AM2用CPUを利用できないが、Socket AM2を備えるマザーボードは(BIOSが対応すれば)Socket AM3用CPUが利用できる(ただしその場合はDDR2メモリでの利用になる)」(AMD)という。

 今回の製品は、ソケット部品としてSocket AM2を搭載、Socket AM3用CPU利用時はDDR3メモリまたはDDR2メモリを選択利用できるというイレギュラーな仕様の製品。

 搭載するメモリスロットはDDR2対応(灰色)とDDR3対応(赤色)のものを各2本、計4本装備。DDR3スロットは、DDR3対応のSocket AM3版Phenom IIを搭載した場合のみに使用可能で、現行のPhenomやAthlon X2などのSocket AM2版CPUを搭載した場合はDDR2スロットのみが使用できる。なお、DDR2/DDR3メモリを混在させることはできない。

 スロット数はPCI Express x16×2、PCI Express x1×1、PCI×1、DIMM×4(DDR2 533/667/800/1066×2、DDR3 1066×2、最大4GB)。主な搭載機能はHDMI、DVI、VGA(ビデオメモリDDR3 128MBを搭載)、Gigabit Ethernet、Serial ATA(6ポート、RAID 0/1/0+1/5対応)、eSATA、8チャンネルサウンド。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090207/etc_jetway.html

DDR2/DDR3が排他的利用できるマザーがJetWayから発売となりました。

当マザーはAM2、AM3をメモリスロットを分ける事でで両対応となっている為、AM2 CPUを利用する場合はDDR2 2スロット、AM3 CPUを利用する場合はDDR3となります。

AM3 CPUについては2月9日発売解禁と言われていましたが、若干遅れると言うことで、暫くはAM3 CPU発売無しでこのマザーが発売されると言うこととなります。

AM2→AM3の移行期がそろそろ始まると言うことでこう言ったマザーが今後多数登場しそうですね。
ma3-79gdg-combo
MA3-79GDG COMBO
最安価格 9880円 09.02.07

室温も高ければCPUクーラーも熱くなって当然 Ultra-120 Extremeレビュー

いやはや、今日は無駄に暑い日で最近はこう言った暑い日が多くなってきた気がします。

どこかのニュースサイトで読みましたが、すでに桜が咲いてる?とかでこの温度的に咲いても仕方が無いですね(^^;;

私の部屋の室温↓
p1000285

部屋を閉じ切っていたらこんな温度になっててビックリ。
この温度的に夏から秋にかけての温度と言う感じです。

 

まぁこんな如何でも言いことが言いたかったのではなく、なんとなく購入して「しまったUltra-120 Extremeの適当なレビューもここで書いておこうかと思います。

現在のメインのスペックは以下の通り

CPU:AMD Athlon X2 7750 Black Edition 3.2GHz(ベース200MHz 倍率16倍)
M/B:GIGABYTE GA-MA790GP-DS4H
VGA:SAPPHIRE Radeon HD 3870(GDDR4 512MB) おでん氏からの借り物
Mem:8GB (Team Elite 2GB*2 + SiliconPower 2GB*2)
HDD C(OS用):Seagate 500GB(ST3500410AS)
HDD D(データ用):Western Digital 1000GB (WD10EACS-00D6B0)
ケースThermaltake Armor+ VH6000BWS
CPUクーラーScythe Ultra-120 eXtreme
Sound:Creative Sound Blaster Audigy2 Platinum eX おでん氏からの借り物
Power:AQTIS AP-1000GLX80+
OSMicrosoft Windows Vista SP1 64Bit
Monitor:MITSUBISHI 24.1インチ VA 液晶(MDT242WG)

Ultra-120 Extremeを接着している時
p1000277 p1000278 p1000280 p1000281

ファン取り付け後(何故Gelusのファンを付けているのかと言うとリブ無しのファンが手元に無かったから。 ファンコン付いているのでまぁまぁ便利 風圧弱すぎてUltra-120 Extremeが全く冷えてない)
p1000282 p1000283 p1000284

上記の画像で
「ファンの取り付ける位置がおかしくね?」
または
「クーラーの向きおかしくね?」

と気づいたあなた、正解です。
実はUltra-120 ExtremeをAM2のリテンションに固定した場合はファンをつける位置が上記の画像にならざるを得ないです。

正確に言わせてもらうとAM2リテンションの向きが90度違うかったら正常につけれるのですがリテンションの呪いという事でこう言った向きになります。
LGA775ではこういう事はならないようなのである意味Ultra-120 ExtremeはLGA775向けクーラー」なのかも知れません。

正直このままでは↑側に風を流す形となり、電源側に吹き付けるしか方法はありません。
まぁ、ネタで買ってしまった物なので後悔してませんよ・・・ええ_| ̄|○

さて、上記のファンの位置のまま固定した後早速Kumaこと「Athlon X2 7750 BE」を3.2GHzにOCして3時間ぐらいブラウジングをさせてみましたがEverest Ultimate Editionにて約47度。

CoreTemp 0.99.4にて温度計測をしようとしてみたのですが非対応プロセッサとか言われてしまいソフトが起動せず(´・ω・`)

まぁNINJYA CUPPERを使用しているときは35度~50度以内に収まっていたのでUltra-120 Extreme・・・冷えてないです(。´Д⊂)

原因は
・ファンの回転数が低すぎる(ファンコンで最大1200RPM程度)
・AM2リテンションの呪いで向きがおかしい

以上の点かと思います。

高回転のファンは現在持ち合わせがなく、今後買いに行こうかと思ってますがいつになるやら。。。(^^;;
Ultra-120 Extremeはリブ無しのファンしか使えないようなので持ち合わせが無いんですよ_| ̄|○

まぁ軽いレビューはこのぐらいです。
everest_ultimate

最後にEverest Ultimate Editionの温度表示部分を。

Ultra-120 eXtreme
Ultra-120 eXtreme
最安価格 6700円 09.02.07

省電力版Core2 QuadSシリーズが今日から発売開始

TDPが65Wに下がった省電力版Core 2 Quadが明日から発売される見込みだ。対応ソケットはLGA775。

 予告ショップはT-ZONE. PC DIY SHOPクレバリー1号店パソコンショップ アーク石丸電気 本店で、いずれも7日(土)からQ9550S(クロック2.83GHz)、Q9400S(同2.66GHz)、Q8200S(同2.33GHz)の3モデルを販売する予定という。T-ZONE. PC DIY SHOPはQ9550S=38,304円、Q9400S=33,054円、Q8200S=24,654円という予価も告知中。

 これら3モデルは、従来モデルであるTDP 95W版Q9550、Q9400、Q8200よりもTDPが低いのが最大の特徴。45nmプロセスで製造される点や、キャッシュ容量などの主要スペックは従来モデルと同じで、FSBは1,333MHz、2次キャッシュ容量は12MB(Q9550S)、6MB(Q9400S)、4MB(Q8200S)とされる。また、Q8200SのみVT(Virtualization Technology)は非サポート。

 なお、製品パッケージは通常モデルとは微妙に変えてあり、これまで「45nm」などとプロセス情報がアピールされていた部分に、なぜかカエルのイラストが入っている。

 95W版との価格差は、おおむね8千円(Q8200S)~1.2万円(Q9550S)ほど。Core 2 Quadはクアッドコアである一方、TDPが高いのがネックだったが、これらはデュアルコアのCore 2 Duoと同じ65Wになっており、かなり魅力的な存在になりそうだ。

sfc11 sfc42 sfc81

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090207/etc_intel.html

本日2月7日よりCore2 Quadシリーズの低TDP版のCore2 Quad Sシリーズが発売開始となります。

発売される予定の製品は以下の通り。

Core2 Quad Q9550s 2.83GHz 38304円 (予価39000円)  ※Q9550最安価格 26130円
Core2 Quad Q94000s 2.66GHz 33054円 (予価33000円) ※Q9400最安価格 21420円
Core2 Quad Q8200s 2.33GHz 24654円 (予価25000円)  ※Q8200最安価格 16380円
※販売価格はT-ZONEより。

販売価格は現行のTDP 95W版よりかはプレミア価格が付いていますが、Mini-ITXマザーなどとセットで使う場合には良さそうですね。

ただし、Q8200SについてはQ8200と消費電力の差が同じだったと言うことをお忘れずに・・・。
Core 2 Quad Q9650 BOX
Core 2 Quad Q9650 BOX
最安価格 31250円 09.02.07

Acerから光沢パネルを採用したFullHDモニターが発売開始

光沢パネルを採用したフルHD(1,920×1,080ドット)対応21.5インチ液晶ディスプレイ「H223HQBbmid」がエイサーから発売された。実売価格は24,000円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 現在売れ筋の21.5インチフルHD液晶ディスプレイだが、そのほとんどは光沢のないノングレアパネルを採用しており、光沢タイプの製品は珍しい。光沢については個人の好みで好き嫌いが分かれるが、「光沢好き」の人にとっては待望の製品といえるだろう。

 主なスペックは、本体サイズが幅519.6×高さ376.9×奥行き198mm、コントラスト比20000:1(同社独自のACMによる)、輝度300cd/㎡、応答時間5ms、視野角が水平170度、垂直160度。映像入力端子はHDMI、DVI-D(HDCP対応)、VGAを備えている。

stac11 stac31 stac41

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090207/etc_acer.html

Acerからありそうで無かった光沢パネル採用の21.5インチのFull HDモニターが発売となりました。

現在発売されている21.5インチのFull HDモニターでは非光沢(ノングレア)の採用ばかりで光沢タイプの製品はありませんでした。

光沢、非光沢の差は好き嫌いが分かれる所なので、光沢好きの人にはうってつけの製品ですね。

価格は約2.4万円。
03om1
H223HQBbmid
最安価格 22900円 09.02.07

S.T.A.L.K.E.R. SFPSで遊んでます

最近こちらの実況プレイ動画を見始めましてS.T.A.L.K.E.R.無印だけでは飽き足らず、SFPSを始めて見ました。

FPS初心者の実況ZONE日記(SFPS)

まぁ・・・実はPC環境がころころ変わったりしていて無印の方も最後まで行かず、石棺前ぐらいまでしか行ってなかったりするんですが・・・まぁストーリーはどうせ知っていることですしSFPSをやってみました。

プレイした初めの感想を言わせてもらうと、グラフィックが変わり少々・・・いや、かなり重くなった印象ですね。

無印ではWXGA2(1280*800)にてプレイしていたのですがAAなどを最大に掛けていても重いと感じる場面はなかったのですが・・・SFPSは非常に重い・・・。

現在プレイしている環境は以下の通り
CPU:Athlon X2 7750 Black Edition 3.2GHz
Memory:8GB
VGA:Radeon HD 3870 512MB

SFPSの推奨動作環境が以下の通りになっていますが・・・
stalker_sfps_e68ea8e5a5a8e58b95e4bd9ce792b0e5a283

私の環境ギリギリですね(笑)
まぁ重くても仕方が無いですが・・・推奨環境でRadeon HD 3870じゃ十分キツいです。

正直ミドルレンジのRadeon HD 4850かGeForce 9800GTX+が欲しいです。

修理に出したRadeon HD 4870 X2が帰ってこれば最高設定でIYH出来るんですけども・・・今のうちは我慢です(´・ω・`)

 

しかし、SFPSは自由度が高くて面白いです(アノーマリーが見えづらかったり、バー内で武器使えたり、BlowOutが起こったりetc…)

特に睡眠機能については便利ですね、夜の戦闘は見えづらくて話にならないのでいつも朝からの戦闘にしてます。

ただし、睡眠も必要ない時以外は寝れないみたいなのでちょっと残念です。

今後画像とかも撮って行こうとか考えてます。