8年ぶりにMain PCの電源をASUS「ROG THOR 850W」に買い替え #ASUS #ROG #THOR #PSU #ROGアンバサダー

8年ぶりにMain PCの電源をASUS「ROG THOR 850W」に買い替え #ASUS #ROG #THOR #PSU #ROGアンバサダー

約8年間Main PCで稼働していたENERMAX製の600W 80PLUS GOLD電源「MODU87+(EMG600AWT)」の劣化が気になっていたため、この機会に買い替える事にしました。

 

あっという間の8年間

2011年3月7日、大阪・日本橋にPCパーツショップ「Faith(現アニメイトビル)」が残っていた時代に「MODU87+(EMG600AWT)」を9,999円で購入していたらしく、実質約8年間稼働していた電源となるようです。

今までこれほど長く同じ電源を使い続けた事は無く、購入価格以上に働いてくれた電源だと思います。

特にこの2、3年間はCore i7-5960X + GeForce Titan X(Maxwell) + 600Wの電源で稼働していたため、相当無理をしていたはず。

 

 

 

BUYMOREでROG THOR 850W(Platinum)が23,800円

たまたまIngressのイベントで2019年3月23日~25日迄東京に滞在していたのですが「パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店」の特価を覗いていると、2018年11月頃に発売開始となったASUS ROG THOR 850W(ROG-THOR-850P)税込23,800円で販売されており、発売時の価格税込44,520円だったことを考えるとたった4カ月で半値近く値下がっていたようです。

これには思わず飛びついてしまい、8年ぶりの電源がまさか初物に近いASUSの電源になるとは

 

 

 

OEM元はSeasonic(紫蘇)製。容量によってラインが異なる

初物という表現はアレですが「tom’s HARDWARE」によると850W/1200Wモデル共に実績のあるSeasonic(紫蘇)製のOEMで、850Wのベースモデルが「Focus Plus Platinum」、1200Wのベースモデルが「Prime Platinum」とのこと。

10年保証、消費電力が見られるOLED、Aura Syncに対応、スリーブケーブル付属、ROG印入りの内臓ヒートシンクの2倍の容積化等を考えれば、妥当な金額のように思えます。

 

 

 

問題は組み替えるタイミング

問題は組み替える時期で、若干気にはなっているIntel製のOptane + QLC SSD「H10シリーズ」が近々出てきそう(2019年春発売予定)なので、一緒に組み替えたいなと思いつつも、レビューを見る限り微妙っぽい雰囲気が漂っているのも事実。

まだ「H10シリーズ」価格すら出ていない製品なので、価格面も考慮した上で買い替える価値があるのかどうか判断した方が良いのかも知れません。

 

 

購入は以下より

雑談カテゴリの最新記事