富士通製LIFEBOOK WS1W(SH90W) FMVWWS18を分解する #富士通 #Fujitsu #SH90 #WS1 #ノートパソコン

富士通製LIFEBOOK WS1W(SH90W) FMVWWS18を分解する #富士通 #Fujitsu #SH90 #WS1 #ノートパソコン

富士通製の13.3インチノートPC「LIFEBOOK WS1W(SH90シリーズ) FMVWWS18」を分解してみました。

 

 

光学ドライブを取り外す

 

光学ドライブのロックを外し、光学ドライブを取り外します。

 

 

 

バッテリーを取り外す

 

バッテリー固定用のラッチを外し、バッテリーを取り外します。

 

 

 

メモリー用のネジを取り外す

メモリー用のネジを取り外します。

 

 

 

筐体のネジを外していく

筐体に取り付けられているネジを全て取り外します。

下面の蓋はヒンジ部分が引っ掛かり取りにくいため、慎重に奥側(バッテリー側)にスライドして外しましょう

 

 

 

マザーボード

青色枠9.5mnm厚DVDスーパーマルチドライブ(HL-DT-ST GUD0N/Mini-SATA接続)
水色枠DDR4-2133 4GB(Sk Hynix) + 4GBメモリオンボード実装 計8GB
黄色枠M.2 2230接続 Wi-Fi(Intel Dual Band Wireless-AC 8260(8260NGW))
紫色枠Intel Core i5-6200U 2.3~2.8GHz(オンボード)
赤枠7mm厚2.5インチHDD(SATA3/Seagate ST500LT012/16M Cache/5400RPM)

 

分解のしやすさから各パーツ類の交換に対応した良筐体で、メモリが4GBオンボード、M.2 SSDが非搭載(2.5インチ、光学ドライブのみ)な点を除けば、ほぼ完ぺきなノートPCだと言えそうです。

 

 

 

光学ドライブ

 

  • GUD0N – Hitachi-LG Data Storage

光学ドライブはHL-DT-ST製の12.7mm厚DVDスーパーマルチドライブ「GUD0N」を搭載しており、ドライブのベゼルさえ交換出来れば交換可能

マザーボード上に生えているMini-SATA経由で接続されています。

 

 

 

メモリ

メモリスロットはDDR4-2133 4GB×1本のみ搭載しており、残り4GBはオンボード実装となります。

Core i5-6200Uの最大メモリが32GBとなるため、BIOSさえ対応していれば4GBオンボード+16GBで計20GBも行けるはず

 

 

 

無線LAN

無線LANはM.2 2230接続「Intel Dual Band Wireless-AC 8260(8260NGW)」を搭載しており、交換に対応。

 

 

 

HDD

Seagate製の2.5インチ、7mm厚、16MBキャッシュ、5400RPMといった仕様の「ST500LT012」が搭載されていました。

HDDにはズレ防止用のジャケットを搭載。

 

 

 

マザーボードへの接続は専用のLIFケーブルよりSATA3/SATA電源で接続されています。

 

 

 

CPU

 

CPUはSkylake世代(第6世代)のIntel Core i5-6200U 2.3~2.8GHz/2C4Tをオンボードで実装しており、交換不可。

搭載されているファンは1個のみで東芝製の「T-318C(5V/0.32A)」のファンで冷却されています。

 

 

 

デバイスマネージャー一覧

リカバリ領域を消去、破損させてしまった人向けのデバイスマネージャーを置いておきます。

適当な解説カテゴリの最新記事