Windows 8.1搭載のタブレットPCをすんなりWindows 10にアップグレードする方法 #Windows8 #Windows10 #アップグレード #Win10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日Windows 8.1搭載のタブレットをWindows 10にアップグレードしていたのですが、メディアクリエイションツールから本体を直接アップグレードしようとすると「更新プログラムの確認中」から3時間経っても進まず、時間だけが無駄になっていたため、対処方法を簡単に紹介しておきます。

 

 

PCに直接メディアクリエイションツール経由でアップグレードしてはいけない

どうやら検証していると「アップグレードしたいPC」に直接メディアクリエイションツールをダウンロードし、アップグレードを開始してしまうと「更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)、今は実行しない」といったウィンドウが現れず、強制的に「更新プログラムがダウンロードされてしまう」といった仕様のようです。

 

つまりこの「更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)」が原因であり、癌である訳です。

そのため、アップグレードしたいPCにメディアクリエイションツールをダウンロードし、アップグレードを開始するといった方法「時間の無駄になる可能性が高い」といった訳です。

ただアップグレードするPCの環境によっては、この方法ですんなりアップグレードが出来てしまう個体もあるため、何が問題なのかは分かりません。

 

 

 

 

Windows 10のメディアクリエイションツールからUSBメモリにWin 10のインストーラーを作る

Win 10インストール用のUSBメモリを作成するため上記URLより「ツールを今すぐダウンロード」から「メディアクリエイションツール」をダウンロードします。

ダウンロード後、USBメモリにWin 10 32 or 64bitを作成

この時に自身がインストールするOSのバージョンをよく確認しておきましょう。面倒くさければ32/64bit両搭載が一番便利ですが

 

 

USBメモリは最低8GB必要

Win 10のUSBメモリを作成する場合は最低8GB~となっており、32/64bitを含めた場合でも8GBで作成できました

 

 

 

 

USBメモリ作成後「今は実行しない」を選択

USBメモリを作成後重要な更新プログラムをインストールしますの画面で「今は実行しない」を選択する事で無駄な時間を使わず、手っ取り早くWindows 10にアップグレードできるかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください