ゲオモバイルで中古のスマートフォンを買おうとしたら赤ロムだった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日Samsung GALAXY Feel(SC-04J)が安かったため、ゲオモバイルの店頭にて中古スマートフォンを購入することにしました。

 

 

レジ前にて赤ロムであることが発覚

ガラスケースから商品を取り出して頂き商品状態を確認後、レジにて精算をしようとしたところ、5分待っても支払いに行けなかったため「おかしいな…」と思っていると店員さんの方から「申し訳ございません、こちら利用制限中の商品となり、販売することが出来ません」と。

 

どうやら聞いてみると「買い取り時は△判定で、店舗においている間に利用制限中となった(所謂赤ロム化)」ようでした。

 

 

 

 

別店舗で在庫があることを確認、但し取置は不可

利用制限となったスマートフォンは販売することが出来ず(そもそもネットワークが利用できないため)販売が不可となってしまったためこちら側から「近隣店舗に同じ商品の在庫はありませんか?」と聞いた所、店舗間の在庫状況を確認していただく事ができました。

 

但し「店舗間のネット上の情報」となり、「既に売れてしまっている可能性やまた赤ロムである可能性」があり、更には「電話で在庫を抑えるといった対応は行っていない」とのことでした。

 

 

正直そのシステム自体色々思うところはありましたが、対応してくださった店員さんに罪はないため、飲み込んだまま近隣店舗に向かい無事GALAXY Feelを購入することが出来ました

 

 

 

 

店頭で販売されている商品でも赤ロム化している場合はある

今回の経験からゲオモバイルは赤ロムを含む状態のものを店頭においてあることが有り、販売時にチェック後販売が出来ないと言われる可能性があります。

尤もゲオモバイル以外に中古スマホを取り扱うお店でも同様の可能性はあるため、購入前に各キャリアの利用制限サイトでIMEIを入力し、商品の状態をチェックする習慣を付けておいたほうが良いかもしれません。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください