東芝 dynabook Tab S80にWindows 10をインストールする #TOSHIBA #東芝 #dynabook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日OSなしのジャンクタブレット「dynabook Tab S80」を購入したため、Windows 10をインストールする工程を簡単に解説していきます。

 

 

 

 

1. Atom Z3735Fは64bit OSには対応していない

まず始めにBaytrail-T(Atom Z3735F)は64bit OSに対応していません

Intel Arkの「Atom Z3735F」の項目には「Intel 64:はい、命令セット:64-bit」と記載はありますが、Win10 64bitのインストールは出来ませんでした

 

 

DSC03551

仮にインストールをしようとしてもセットアップ中に上記画像のようにエラーが発生し、インストールまで進むことすら出来ません

 

 

 

 

2. micro SD経由のOSブートには対応していない

micro SD 8GBにWin10 Home 32bitをMedia Creationツールでインストール用メディアを作成したものの、「dynabook Tab S80」micro SDからのブートに対応していないせいか、認識せずブートできませんでした

そのため、OSをインストールする際には必ず本体側面にあるmicro-USBを経由した形となります。(つまり充電しながらOSインストールは出来ない)

 

 

 

 

3. マウスオンリーのOSインストールは完了出来ない

DSC03556

当方が検証したところ、micro-USB→OTGケーブルでUSB 2.0ポートにマウスを接続しWin10をインストールしたところ、インストールは完了出来たものの、初回セットアップの「地域から開始しましょう。よろしいですか?」という画面から一切操作が不可になりました。

 

 

dynabook_tab_s80_intel_platform_instaler

元々BaytrailタブはIntelプラットフォームドライバを入れなければタッチ、デジタイザーペン操作が出来ず、基本的にマウスかキーボード操作となります。

しかしマウスオンリーでは初回セットアップで詰んでしまうため、初め、もしくは途中からキーボードで設定からドライバインストールまでこなさなければなりません

 

 

DSC03559

予想ではタッチパネルを使ってサクサクOSからドライバインストールと思っていたのですが、思わぬところに罠がありました。

OSセットアップで詰まってしまった方はマウスからキーボードに切り替えてみてくださいTabもしくはAlt+Tabキーでなんとか頑張れます。面倒くさいですが。

 

 

 

 

4. Win10 32bitドライバ、ソフト類はメーカーが配布中

 

有り難いことに「dynabook Tab S80」向けのWin 8/10 32bit用ドライバ、ソフト類は東芝が公開しています。

ただしWin 8.1 Pro 32bit用となっていますが、当方でWin10 Home 32bit環境でドライバ類の動作は確認していますのでご安心を。

 

 

 

dynabook_tab_s80_devicemanagaer

以上でWin10 Home 32bit環境で快適に使っていただけるようにはなるかと。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください