ドスパラのメモリ交換保証の注意点をまとめました #ドスパラ #メモリ #自作PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メモリー相性保証について – ドスパラサポート

相性保証規約 – ドスパラ 公式

先日購入したDDR3L-1600 4GB×2 SODIMMがノートパソコンとの相性により正常に動作しなかったため、ドスパラのメモリの交換保証を使って交換していたくことに

その際に保証内容で気になる点をピックアップしてみました。

 

 

2016-08-12 17.49.04

 

 

メモリ相性交換保証を受ける際には購入日より1ヶ月以内に

相性交換保証を利用する場合、購入日から1ヶ月間有効となります。

その日までに来店が出来ない場合はドスパラ商品コンタクトセンター購入店に電話で内容を伝えておくと良いかと思います。

 

 

 

 

メモリ相性交換保証は差額交換のみ、返金はなし

相性保証規約 – ドスパラ 公式

大前提の話ですが、メモリ交換保証はあくまで「差額交換」となり、購入した金額より安価なものしか交換品がない場合、差額はDJポイントにて返金となります

商品の相性を理由に全額を返金といったことは記載されていないため、注意が必要です。

 

 

 

 

メモリ相性交換の場合、購入店以外でも全国のドスパラで交換対応を受けることが可能

メモリの相性交換の場合「購入した商品 + レシート」を持っていれば全国のドスパラで交換保証を受けられることを電話で確認しています。

購入店以外でも対応をして頂けるため、関西在住の人間が関東でパーツを購入後、交換保証は関西でといったことも可能とのこと。

 

 

 

 

メモリ相性交換の場合はなるべく動作予定の製品を持っていくべき

メモリ相性交換の場合、動作させる予定の製品を持って行ったほうがその場で動作を確認することが出来るため、持って行ったほうが良いかと思います。

但しマザーボード等の大型製品の持ち込みは動作確認で別途料金が必要な可能性があるため、その都度お店に確認されたほうが良いでしょう。

 

ノートパソコンのような簡易で交換できるタイプはその場で交換できるため、自宅と店舗の行き来の二度手間を防ぐためにも持って行ったほうが良いでしょう

 

 

 

 

ポイントカードでは交換保証は受けられず。必ず商品+レシートを持って行こう

メモリー相性保証について – ドスパラサポート

メモリの相性交換保証を利用する場合、FAQにも記載がありますが「商品 + レシート」が必須となります。

量販店感覚で「ポイントカードがあるからレシートなくても大丈夫でしょ」と思っているとサポートが受けられなくなるため、その点には注意が必要です。

 

 

 

メモリー相性保証について – ドスパラサポート

相性保証規約 – ドスパラ 公式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください