Freetel 2万円で購入できるハイスペックSIMフリースマートフォン「雅 (FTJ152C)」の外観をチェックする #Freetel #SIMフリー #MVNO #格安SIM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Freetel 雅 (FTJ152C) SIMフリースマートフォン 検索 – Amazon.co.jp

LTE対応 Freetel 雅 (FTJ152C) 各色 – ソフマップ.com

Freetel Miyabi RAM2GB ROM32GB 5inch Android 5.1搭載スマートフォン 各3色 – NTT-X Store

Freetelから約2万円で購入可能なハイスペックSIMフリースマートフォン「雅 (FTJ152C)」の外観をチェックしていく。

 

スペック一覧

 

メーカーFreetel
型番FTJ152C-Miyabi
AndroidAndroid 5.1 (Lolipop)
CPUMediatek MT6735 1.3GHz
(Cortex-A53 クアッドコア)
RAM2GB
ROMeMMC 32GB
外部メモリmicroSDXC 最大128GB対応
ディスプレイ約5.0インチ IPS液晶
解像度HD (1280×720)
対応ネットワークFDD LTE:B1/B3/B18/B19 (2100/1800/800MHz)
WCDMA:B1/B6/B8/B19 (2100/800/900/800MHz)
LTE CategoryCategory 4
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
SIMフリーSIMフリー
WI-FiIEEE 802.11 b/g/n (2.4GHzのみ)
カメラアウト:1300万画素 シングルフラッシュ
イン:500万画素
バッテリー2200mAh (交換可)
SIMカードスロットmicro-SIM×2 (デュアルスロット)
防水防塵
スピーカーモノラルスピーカー
重量約150g
その他急速充電対応、ジャスチャー、手袋モード
ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド
URLURL

 

19,800円(税抜)という価格ながら、クアッドコア、RAM 2GB、ROM 32GB、LTE対応のSIMフリー端末というハイスペックな端末に仕上がっており、他社に比べ持ちやすい5インチサイズ、ROM容量が倍となった32GB等非常にコストパフォーマンスが高い端末に仕上がっている。

 

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC06822 DSC06825 DSC06828

パッケージはブランド名に「SAMURAI」と付くだけあって和風のデザインを全面に出している。

 

<付属品一覧>

・雅 本体
・保証書 (メーカー1年保証)
・スタートアップガイド
・バッテリー
・お使いになる前にお読みください
・充電用コンセント→USB変換
・USB→micro USBケーブル

 

購入当初から付属品に充電用のアダプターやPCとの接続用ケーブル類が含まれているため、初心者の方でもケーブル、充電器類を買い足す必要性がないのは嬉しい。

 

 

 

 

本体をチェックする

DSC06853 DSC06873

デザインはSONY Xperia Zシリーズに近く、バッテリーの着脱が可能なデザインとなっているためか、背面の蓋がバキバキ取れるのは少々不安になってしまう。

 

 

DSC06876 DSC06829

バッテリーの蓋は上記画像1枚目のツメの部分からバキバキと剥がしていける。

バッテリーは3.8V、8.36Wh、2200mAh (BYDMIYABI1509)といった仕様で、スペックで言えば程よい大きさだろう。

 

 

 

 

ディスプレイ

DSC06905 DSC06903 DSC06904

ディスプレイには5インチIPS、HD解像度 (1280×720)を備え、大きすぎず小さすぎないジャストなサイズとなっている。

 

 

DSC06917 DSC06916

左:Freetel Miyabi
右:Samsung Galaxy S6 Edge

 

5インチHD解像度となっているため少々ドットに関しては粗いものの、じっと凝視しなければ気にならないレベルのため意識する必要はないだろう。

 

 

 

 

インカメラ

DSC06906

インカメラはディスプレイ上部に位置しており、CMOS 500万画素

オートフォーカスには対応していない

 

 

 

 

側面は高級感の感じられるデザイン

DSC06878 DSC06896

右側面には音量上下、電源ON/OFFボタン左側面には特に無し

側面の仕上げは2万円とは思えない仕上げで、ひんやりとしたアルミの手触りを感じられる

 

 

DSC06897 DSC06893

上面にはmicro USB端子、3.5mmイヤフォン出力、底面にはモノラルスピーカーとマイクを搭載

モノラルスピーカーのためか音質は高音に弱く、少し音割れしてしまっていた。19,800円という価格のためか、その辺りは諦めるべきだろう。

 

 

 

 

ボタンの仕上げもグッド

DSC06889

安価なスマートフォンに多いボタン周りの塗装の粗さやコーティングミス等は当方の個体ではなく、非常に美しい仕上がりとなっていた。

ボタン部分もしっかりとアルミのような質感で、ひんやりとした触り心地だった。

 

 

 

 

micro USBは端末上部に

DSC06901

スマートフォンの中では珍しく、micro USBポートは端末上部に位置している。

端子周辺までアルミのような質感が保たれているものの、抜き差し時に傷が目立ちそうなところが少し気になる。

 

 

 

 

SIMカード、microSDカードスロット

 

DSC06842

SIMカードスロットはデュアルSIM (micro SIM×2枚)となっており、両方共3G/LTEに対応している。

 

デュアルSIMスロットで格安なスマートフォンの場合、多くは「片方のSIMスロットのみLTE対応、もう片方は2Gのみ」となっていることが多かったのだが、こちらのスマートフォンは両スロットとも3G/LTEに対応しているため、SIMカードを挿す際にそういった心配をする必要が無いのは有り難い。

 

3G/LTE3G/LTE
SIMスロット1
SIMスロット2

 

デュアルSIMスロットの有効活用の方法としてはSIMスロット1にキャリアSIM、SIMスロット2に格安SIM (MVNO)を入れ、利用することで予期せぬ容量制限による速度規制等にも即時対応できるというメリットが有る。

 

 

DSC06850

バッテリー挿入時にはSIMカードの交換やmicro SDの交換は不可なため、一旦バッテリーを取り外す必要がある。

 

 

 

 

背面カメラ

DSC06858 DSC06840

背面には1300万画素のCMOSカメラ、シングルフラッシュを搭載

動画撮影は1080p 30FPSまで対応しており、撮影サイズやFPSの変更は不可撮影中の手動AFは可能なものの、ファイル形式は3gpとなり、MP4形式での撮影はできなかった。

 

 

 

 

充電用ACアダプタ

DSC06832 DSC06834

充電用ACアダプタはコンセント→USB×1ポートとなっており、1.5Aの充電が可能だ。

 

プラスワン、1万9800円のAndroidスマホ「雅(MIYABI)」を披露――コスパの高さをアピール – ITMedia

なお、「雅 (FTJ152C)」「Pump Express」にて急速充電に対応しており、上記充電器で利用可能とのこと。

 

 

 

次回はソフトウェア周辺のレビューを行う予定だ。もう暫くお待ちいただきたい。

 

Freetel 雅 (FTJ152C) SIMフリースマートフォン 検索 – Amazon.co.jp

LTE対応 Freetel 雅 (FTJ152C) 各色 – ソフマップ.com

Freetel Miyabi RAM2GB ROM32GB 5inch Android 5.1搭載スマートフォン 各3色 – NTT-X Store

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください