4.7GHzまでオーバークロックが可能!?なDevil’s Canyonが明日より発売開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Intel Core i7 4790K (Devil’s Canyon) – ドスパラ商品ページ

Intel Core i5 4690K (Devil’s Canyon) – ドスパラ商品ページ

Intel製の新CPU「Devil’s Canyon」が明日より発売開始となります。

 

 

Devil’s CanyonことCore i7-4790Kを入手、早速オーバークロックを試してみた – マイナビニュース

今回発売される「Devil’s Canyon」ではCPUとヒートスプレッダー内の伝導剤をシリコングリスからポリマーベースの素材へと変更し、熱を伝えるボトルネックを解消。

更にCPU裏のキャパシタの追加で安定した電源を供給できるようになっており、オーバークロック耐性への上昇が期待されています。

 

マイナビの検証結果では「Intel Extreme Tuning Utility(XTU)」を使用し、リテールクーラーを装着した状態で49倍(4.9GHz)までテストが完走

 

しかしリテールクーラーのせいか、49倍でベンチマークを行った際にCPU温度が98度まで上昇したとのこと。

 

リテールクーラーとはいえ、49倍(4.9GHz)でベンチマークが完走するCPUはSandy-bridgeと同等、もしくはそれ以上となっており、オーバークロック耐性は非常に高そうなCPUとなっています。

 

現在各サイトで予約が行われており、流通量も十分とのことですが、秋葉原のみで予約は数百個入っているとのことで、手に入れられたい方は予約をされていたほうが確実かと思います。

 

Intel Core i7 4790K (Devil’s Canyon) – ドスパラ商品ページ

Intel Core i5 4690K (Devil’s Canyon) – ドスパラ商品ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください