XIAi AF4850-512XD3 Green 適当なレビュー


本日、XIAi AF4850-512XD3 Greenが着弾いたしましたので適当にレビューさせて頂きます。

画像関係が多くなるため、続きを読むをクリック。

AF485

XIAi AF4850-512XD3 Green

最安価格 11083円 09.08.30

XIAi AF4850-512XD3 GreenとはRadeon HD 4850を搭載しているのにもかかわらず、補助電源の6ピンが削除されている非常に珍しいモデルとなっています。

補助電力無しのモデルといえばRadeon HD 4670や、ついこの前に発売されたRadeon HD 4830(XIAi AF4830-512XD3 Green)などがありますが、今回の製品はなんと「Radeon HD 4850」

今までの補助電源なしモデルでは最高の3Dパフォーマンスを誇ると予想されます。

 

◇検証スペック

09.08.30_spec

 

適当な動画レビュー

 

DSCF3289 DSCF3290
パッケージ及び付属品。
XIAi AF4830-512XD3 Greenの時もそうだったが、付属品がマジで少ない。
最低限の付属品でコストを削っているんでしょう。

 

DSCF3292 DSCF3295 DSCF3298
GPUクーラーはオリジナルクーラーで2スロット占有、内排気型
2本のヒートパイプでヒートシンクで冷却。

 

DSCF3299 DSCF3300
通常Radeon HD 4850には補助電源の6ピンが搭載されているが、この製品はGreenエコ製品との事で
補助電源はない。何故補助電源がなくなったのか?・・・多分基盤の最適化か、Radeon HD 4850の選別品だと思う。

 

DSCF3296
出力端子は左からD-sub、HDMI、DVI
昔から良く使われているD-subから、最新のHDMIまで搭載している。
このお陰で変換ケーブルを使う必要がなくなるのである意味便利だが、個人的には好きじゃない。
なんとなくDVI、DVIという組み合わせが好きだ。

 

DSCF3308 DSCF3294
搭載メモリはhynix製のGDDR3「H5RS5223CFR-N0C」
1.0ns品で8枚構成の512MB。
このメモリはGTX280やRadeon HD 4670、XIAi AF4830-512XD3 Greenにも採用されている。

 

DSCF3307 DSCF3316 DSCF3317
GPUクーラーを外した。
予想外にGPUコア部分にはべっとりとシリコングリスが。このカードにはCrossFireのブリッジがないXIAi AF4830-512XD3 Greenもそうだった。基盤を見てみるとやはり補助電源はない。
パターンさえない、つまりオリジナル基盤

 

DSCF3310 DSCF3325
GPUクーラーは基板上にある2ピンで接続。
通常なら3ピンだが、なぜか2ピン。
もしかしたらこのファンは一定の回転しか出来ないのかも。

 

DSCF3309
ちょっと気になったのだけれど、ハンダの付け方が非常に適当なようにも見える。
コストダウンの影響だろうか。

 

DSCF3315 DSCF3311 DSCF3313
お目当てのGPUコアに到達。
「N0F377.00」「215-0669085」との記述。
ググっても何もでない。

 

DSCF3321 DSCF3320 DSCF3319
GPUコアとの接触面。
銅で出来ているようですが、なんだかザラザラしていて平滑度は低いです。
一瞬ヒートパイプダイレクトタッチかと思った。

 

DSCF3318 DSCF3324 DSCF3322
コストダウンが手にとってわかるヒートシンク。
加工が非常に荒い。

 

DSCF3331 DSCF3330 DSCF3295
加工が荒いGPUクーラーだが、以外に冷える。
アイドル時は最低46度、3DMark06やDEVIL MAY CRY 4を回したが、最大67度となった。
爆熱と言われたRadeon HD 4850がこのぐらいの温度なら結構冷えてると言ってもいいと思う。

 

DSCF3302 DSCF3305
8cmのファンを搭載。
回転数はGPU-Zが1RPMと表示するため不明。騒音度は以下の動画を見て頂ければわかる。
個人的に少々耳に付く感じ。

 

DSCF3332 DSCF3333 DSCF3334
MSI 790FX-GD70に装着。
オリジナル基盤のお陰で基盤の奥行きが23cm→17cmに。

 

DSCF3340 DSCF3342
基盤の長さ比較。
上からXIAi AF4850-512XD3 Green
GeForce 6600GT
Radeon HD 2600XT。
Rade 2600XTより短いのはすばらしい。

 

◇ベンチマーク

3DMark06

PhenomII_X4_965BE_3.6GHz_4850Green_06
3DMark Score:13098
SM2.0:4943
SM3.0:5625
CPU:4998

 

CrystalMark2004 R3

PhenomII_X4_965BE_3.6GHz_4850Green_crystal
Mark:209316
GDI:12049
D2D:4183
OGL:431928

 

バイオハザード5 ベンチマーク

BH5DX10 2009-08-30 11-04-05-49 BH5DX10 2009-08-30 11-05-58-93
Rank:B
Average:56.2 FPS

 

DevilMayCry4 ベンチマーク

DevilMayCry4_Benchmark_DX10 2009-08-30 10-53-52-18 DevilMayCry4_Benchmark_DX10 2009-08-30 11-03-25-13
Rank:S
SCENE1:130.46 FPS
SCENE2:116.97
FPS
SCENE3:165.88 FPS
SCENE4:95.88 FPS

 

ストリートファイター4 ベンチマーク

StreetFighterIV_Benchmark 2009-08-30 11-06-46-12 StreetFighterIV_Benchmark 2009-08-30 11-11-28-29
Rank:A
Score:9940
Average:59.90 FPS

 

タイムリープブートベンチ

TimeLeap_Bench 2009-08-30 11-15-07-19
※XGAで設定はいじらず、ウインドウ画面。
FPS:133 FPS

 

◇消費電力

アイドル時:最低183W(X1800 XLは180W)

3DMark06時:最大263W(X1800 XLは236W)

DevilMayCry4時:最大265W

Radeon X1800 XLとほぼ同等の消費電力なので、かなり省電力な事がわかります。

詳細はConeco.netに投稿しているX1800 XLのレビューをご覧ください。

 

◇温度

3DMark06計測時と、DevilMayCry4の動作時のGPU-Zのテキストファイルをあげています。

アイドル時は最低46度。
高負荷時は最大67度。

オリジナルクーラーとだけあってまぁまぁ冷えている結果。

クーラーの交換はそこまで気にしなくていいかも知れない。

 

◇追記

Coneco.netの方にもレビューを投稿しています。
もし宜しければ、ご覧下さい

AF485

XIAi AF4850-512XD3 Green

最安価格 10480円 09.09.11