A-DATA Premier SP550 240GB「ASP550SS3-240GM-C」のパフォーマンスを検証する #ADATA #SSD #自作PC


Premier SP550 ソリッドステートドライブ – A-DATA 公式

ADATA Premier SP550 ソリッドステートドライブ 240GB ASP550SS3-240GM-C – Amazon.co.jp

A-DATA SP550 240GB ASP550SS3-240GM-C – 楽天プロダクト 最安表示

ADATA Technology Premier SP550 ソリッドステートドライブ 240GB

A-DATAよりコストパフォーマンスに優れる2.5インチ240GB SSD「ASP550SS3-240GM-C」を提供して頂くことが出来たため、レビューを行っていく。

 

 

 

スペック一覧

 

Premier SP550 ソリッドステートドライブ 仕様 – A-DATA 公式

 

メーカーA-DATA
型番ASP550SS3-240GM-C
形状2.5インチ
厚さ7mm厚 (9.5mmアダプタ付属)
SATAバージョンSATA 3.0 (6Gbps)
NANDA-DATA印 TLC NAND
コントローラーSilicon Motion SM2256K
キャッシュNanya DDR3L-1600 128MB
(NT5CC128M16IP-D1)
Seq最大読込560MB/s
Seq最大書込510MB/s
ランダム読込75,000 IOPS
ランダム書込75,000 IOPS
MTBF (平均故障間隔)150万時間
3.5インチブラケット付属なし
重量47.5g
ソフトウェアAcronis True Image 2013 機能限定版
メーカー保証3年保証
メーカーURLURL

 

SMI (Silicon Motion)製のコントローラー「SM2256K」TLC NANDを搭載したコストパフォーマンスに優れるSSDとなっている。

付属品では7mm厚→9.5mm厚変換アダプター、データ移行用のAcronis True Image 2013 OEM版が付属しているため、安価ながら初めてSSDを導入する方でも安心して購入できる製品だろう。

 

 

 

 

各モデル別パフォーマンス比較表

今回レビューする容量は240GBモデル「ASP550SS3-240GM-C」となるが、SP550シリーズはこの他にも120GB、480GB、960GBの計4モデルがラインナップされている。

 

 Seq読込Seq書込4Kランダム読込4Kランダム書込
120GBモデル
ASP550SS3-120GM-C
560MB/s410MB/s60,000 IOPS70,000 IOPS
240GBモデル
ASP550SS3-240GM-C
560MB/s510MB/s75,000 IOPS75,000 IOPS
480GBモデル
ASP550SS3-480GM-C
560MB/s510MB/s75,000 IOPS75,000 IOPS
960GBモデル
ASP550SS3-960GM-C
520MB/s490MB/s80,000 IOPS35,000 IOPS

 

パフォーマンス類をチェックすると240GB/480GBがSP550シリーズの中で一番性能が高く設定されており、価格面を考えると240GBモデル「ASP550SS3-240GM-C」コストパフォーマンスが最も高いと言えるようなラインナップとなっている。

 

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC00123 DSC00124

パッケージは小型で持ち帰りやすいサイズとなっており、背面には最大読込560MB/s、最大書込510MB/s等のスペックが簡易で表記されている。

 

 

DSC00126

<付属品一覧>

・7mm厚→9.5mm厚変換アダプター
・SSD本体
・SSD Quick START GUIDE
・Acronis True Image 2013 OEM版
※Webからシリアルキーを入れ、インストールする方式

 

付属品は必要最低限となっているものの、データ移行用のAcronis True Image 2013 OEM版や、9.5mm厚変換アダプターが付属するのは嬉しい。

但し3.5インチHDDに取り付けるアダプターは付属しない点には注意したい。

 

 

 

 

外観

DSC00127 DSC00129

表面のシール部分側はプラスチック、背面はアルミとなっておりコストカットが伺える

またネジ類も表面、裏面からは確認できず上下からはめ込むタイプのSSDケースのように見える。

 

 

 

 

SATA 3.0 (6Gbps)に対応

DSC00134

SATA 3.0 (6Gbps)に対応しており、Seq最大読込560MB/s、Seq最大書込510MB/sというハイエンドSSD並のパフォーマンスを持つ

従来のSATA 1.0 (1.5Gbps)、SATA 2.0 (3Gbps)にも下位互換対応しているものの、上記のようなパフォーマンスは発揮できないことに注意したい。

 

 

 

 

 

保証シールについて

DSC00136

保証シールはSSD左側面に添付されており、分解時に必ず剥がさなければならない部分となる。

3年間のメーカー保証が付属している製品となるため、最低限3年間開封は我慢すべきだろう。中身が気になる方はこの後に分解レビューを行うため、そちらを参照していただきたい。

 

 

 

 

分解を行ってみる

DSC00156

コントローラーやNAND類が気になる方も多いかと思うので分解を行った。

分解方法はA-DATAと記載のあるシール部分の下に隠しネジが1つ搭載されており、それを外した後周りから外していく形となる。

 

隠しネジには気付きにくいため、注意が必要だ。

 

 

DSC00168

分解してから気付いたが、画像左のA-DATAのシールが貼ってあった部分は「アルミ」で、画像右側の黒い部分が「プラスチック」となる。

 

 

 

 

DSC00175 DSC00176

取り外したSSD基板本体。

表にはNAND×4、裏面にはNAND×4、コントローラー、キャッシュが並ぶ。

 

基板からNANDが表4枚、裏4枚削られているが、これは恐らく上位モデルの480GB版用(ASP550SS3-480GM-C)かと思われる。

 

 

 

 

搭載チップ類

DSC00182 DSC00181

DSC00180 DSC00177

 

コントローラーSilicon Motion SM2256K
NANDA-DATA刻印入りNAND×8枚 (32GB×8)
キャッシュNANYA DDR3L-1600 256MB
基板コード65MATZA5

 

 

 

 

CrystalDiskInfo

adata_sp550_240gb_cdi

CrystalDiskInfo 7.00を使用している。

ファームウェアは「P0330AA」、対応機能は「SMART/NCQ/TRIM/DevSleep」となっている。

 

開封後即接続しチェックしたはずだが、総書込量(NAND)が「577GB」、電源投入回数が「6回」となっていたため、恐らく出荷前の動作チェックが行われた製品だと思われる。

 

 

 

 

OS認識後の容量

adata_sp550_240gb_computer_kannri_ninnsiki

240GBのSSDはOS認識後「223.57GB」となる。

 

 

 

 

検証環境

 

CPUIntel Core i7-5960X 3.0GHz
MemCrucial DDR4-2133 8GB×8
SSD CIntel 730Series 480GB (SSDSC2BP480G4)
HDD DWesternDigital 3TB (WD30EZRX-00D8PB0)
SSD FA-DATA SP550 240GB (ASP550SS3-240GM-C)
M/BMSI X99S SLI Plus (1.C0)

 

X99のSATA3ポートに「ASP550SS3-240GM-C」を接続し検証を行った。

 

 

 

 

CrystalDiskMark 5.1.2 x64 Random 50MB~1000MB

adata_ASP550SS3-240GM-C_cdm_matome

 

 公証スペックCDM実測
Seq Q32T1 最大読込560MB/s558.6MB/s
Seq Q32T1 最大書込510MB/s495.5MB/s
Seq 最大読込560MB/s518.2MB/s
Seq 最大書込510MB/s461.4MB/s

 

公称スペックがSeq最大読込560MB/s、Seq最大書込510MB/sとなるが、CrystalDiskMark 5.1.2 x64 Randomでは概ね公証に近いパフォーマンスが出ている

Seq書込についてはあと一歩のようだが、誤差と判断してもよいスコアーだと思われる。

 

 

 

 

ATTO Disak Benchmark v3.05

adata_ASP550SS3-240GM-C_atto_forcewriteaccess

左:デフォルト
右:Force Write Access ON

 

公称スペックがSeq最大読込560MB/s、Seq最大書込510MB/sという数値はATTO Disk Benchmarkで計測された結果と公式サイトに記載があるが、確かに殆どそれに近いパフォーマンスが確認できた

デフォルトの計測結果で32MB時の書込速度の低下がやや気になるものの、Force Write Access ON時には速度が戻っているところから単なる落ち込みのように感じられる。

 

キャッシュサイズごとの波形は全体的に安定しており、容量によってのパフォーマンスのばらつきは少なそうに思える。

 

 

 

 

AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387

 

asssdbench_adata_sp550_240gb_seq_iops asssdbench_adata_sp550_240gb_compression_matome asssdbench_adata_sp550_240gb_copybench

ファームウェアの完成度を測ることが容易な画像2枚目のCompression Benchmarkに注目していただきたい

ATTO Disk Benchmarkでは大きなパフォーマンス変化は感じられなかったが、書込み時の50%以降ややパフォーマンスにゆらぎが発生していることが確認できる。

50%以降の揺らぎとなるため、連続的な書込にはやや不得意なのかも知れない。

 

 

 

 

安価に購入できるSSDとしては十分に優秀なパフォーマンス

240GBで約6,000円~7,000円で購入できる最廉価モデルの中ではパフォーマンスの安定性も悪くなく、HDDの代替用には十分すぎるコストパフォーマンスを誇る

連続書込み時にやや安定性に欠けるようだが、これだけの連続書き込みを行うことはまずないかと思われるので気にする必要はないだろう。

 

 

 

 

故障時のRMA申請もWebから簡単に

A-DATA メンバー登録 – A-DATA 公式

RMA リクエストの送信 – A-DATA 公式

3年間保証という必要十分な保証もあり、RMAの手続きもWebで会員登録後、SSDのワランティーコード、購入日、購入場所を入力しておくと対応して貰いやすい部分も他メーカーにはない特徴と言えそうだ。

 

 

 

Premier SP550 ソリッドステートドライブ – A-DATA 公式

ADATA Premier SP550 ソリッドステートドライブ 240GB ASP550SS3-240GM-C – Amazon.co.jp

A-DATA SP550 240GB ASP550SS3-240GM-C – 楽天プロダクト 最安表示

ADATA Technology Premier SP550 ソリッドステートドライブ 240GB