Intel Broadwell Core i3-5010U搭載NUC「BOXNUC5i3RYK」の外観をチェックする


Intel NUC Kit NUC5i3RYK (BOXNUC5I3RYK) – Intel 公式

Mini PC Intel NUC Kit NUC5i3RYK (Next Unit of Computing) M.2 SSD対応モデル – Amazon.co.jp

Intel Core i5-5010U、DDR3、M.2搭載 NUC Kit NUC5i3RYK – 楽天プロダクト 最安比較

Mini PC Intel NUC Kit NUC5i3RYK (Next Unit of Computing) M.2 SSD対応モデル

Intelから発売されている第5世代CPU「Core i3-5010U (Broadwell)」を搭載するNUC「BOXNUC5i3RYK」を入手する機会があったため、外観レビューを行いたい。

 

 

仕様一覧

 

メーカーIntel
型番BOXNUC5i3RYK
CPUIntel Core i3-5010U 2.1GHz
(Core i第5世代、Broadwell)
iGPUIntel HD Graphics 5500 300MHz~900MHz
RAMDDR3L SODIMM×2スロット
(DDR3L 1.35Vのみの対応)
SSDM.2 (PCI Express 2.0×4 20Gb/s接続)
NetworkIEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth4.0 (Intel Dual Band Wireless-AC 7265 オンボード、取り外し不可)
その他前面:USB 3.0×2 (内1ポートは常時充電ポート)、赤外線センサー、3.5mmイヤフォン/マイクコンボジャック
背面:USB 3.0×2
内部:USBピンヘッダ、SATA3対応ポート×1
出力Mini-HDMI 1.4a (4K 30Hz迄)、Mini-Display Port 1.2 (4K 60Hz対応)
付属品19V 65W ACアダプタ、VESAマウントブラケット、ネジ、取説類
保証メーカー3年保証
公式URLURL

 

Intelの超小型PCのNUCシリーズの一つで「Core i3-5010U、M.2 SSD搭載版」となる。

特徴としては第5世代のCore iシリーズ「Broadwell」を搭載し、新たにM.2 (PCIe 2.0×4接続)のSSDが利用可能となったため、シーケンシャルリード1000MB/s超えが可能なSSDを搭載可能となった点が目新しい。

 

またオンボードがIntel HD Graphics 5500 (300MHz~900MHz)と従来のHaswell世代に比べ強化されており、オンボードのディスプレイ出力がMini-Display Port経由で4K 60Hzに対応。更にMini-HDMI 1.4aと組み合わせることでデュアルディスプレイが可能となっている。

 

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC08323 DSC08324

パッケージは従来と大きく変わらず、非常にコンパクト。

パッケージから製品の外観や搭載ポート類が分かる解説は非常にありがたい。他社も是非追従して頂きたい例となるパッケージだ。

 

 

DSC08326

Haswell世代のNUCまで搭載されていた「IntelのCM音を鳴らすギミック」この世代から廃止されたようで、パッケージを開けても何の音も鳴らなかった。

 

 

 

DSC08327

<付属品一覧>

・取説類
・100×100 VESAアーム用アダプタ
・ACアダプタ (19V 65W FSP製)
・Intelプロセッサシール
・VESAアームアダプタ用取り付けネジ
・各国利用可能なコンセントアダプタ
・NUC本体

 

全世界で共通のパッケージにするためなのか、初めから各国向けのACアダプタの先端が用意されているのはありがたい。

 

 

 

 

NUC 外観

DSC08362 DSC08364

NUCのサイズは非常にコンパクトで、横幅はiPhone 6s 約1.5台分のサイズ、高さはiPhone 6s 約3台分となっている。

VESAアームに固定して利用することを考えられたサイズのため、置き場所に困らない。

 

 

 

 

NUC 前面

DSC08355

前面にはUSB 3.0×2ポート (内黄色の1ポートは電源OFFでも給電可能な常時給電ポート)、3.5mmイヤフォン/マイク入力コンボジャック×1、赤外線ポートとなっている。

赤外線ポートは何の用途か不明だが、ドライバーは提供されている。

 

 

 

 

NUC 側面

DSC08354 DSC08359

NUCの側面には排気、吸気口が備えられおり、向かって右側にケンジントンロックが搭載されている。

なお、吸排気口と記述しているが、NUC 背面に排気口が有るため殆どは吸気口に近いと思われる。

 

 

 

 

NUC 背面

DSC08347

背面にはACジャック、Mini-DP 1.2出力(4K 60Hz対応)、有線LAN (Gigabit Ethernet)、USB 3.0×2、Mini-HDMI 1.4aが搭載されている。

 

 

DSC08348 DSC08349

ディスプレイ出力はMini-DP、Mini-HDMIとなり、デュアルディスプレイに対応している。

但し4K 60Hz出力の場合はMini-DPのみ対応となり、Mini-HDMIでは60Hzは出せないため注意して頂きたい。

 

 

 

 

強化されたオンボードグラフィック

 

iGPU/世代Core i第4世代 Haswell (i3-4010U)Core i第5世代 Broadwell (i3-5010U)
製造プロセス22nm14nm
iGPUIntel HD Gpraphics 4400Intel HD Gpraphics 5500
iGPUクロック200MHz~1GHz300MHz~900MHz
EU数20基24基
Direct X対応11.2/1211.2/12

 

Core i第4世代Haswellと第5世代Broadwellの簡単な比較表を作成した。

Haswell、Broadwellの世代では使用されるCPUによって搭載オンボードグラフィックの仕様が大幅に異なるため、今回は同等と思われる「Core i3-4010U (Haswell)」「Core i3-5010U (Broadwell)」のiGPUを比較している。

 

iGPUはi3-4010UがHD4400、i3-5010UがHD5500となっており、演算ユニット数が20基から24基へと上昇した分だけiGPUクロックが200MHz~1GHzから300MHz~900MHzへと下げられている

 

 

 

 

NUC 裏面

DSC08360

裏面には分解に必須な4つの底面ネジが備え付けられている。

分解などの詳細な記事は今後上げる予定なので、そちらで解説する予定だ。

 

 

 

 

ACアダプタ

DSC08335 DSC08338

冒頭でも述べたようにACアダプタの先端は交換可能な仕様となっており、4種類のAC先が付属する。

先端の交換着脱は非常に簡単で、画像2枚目のように向きを整えて挿し込むだけで完了する。

 

 

DSC08343

ACアダプタはFSP製の「FSP065-10AABA」を採用しており、入力100-240V 1.5A 50-60Hz、出力19V=3.43A 65W MAXといった仕様だ。

正直65W ACよりも45W ACで十分のはずだが、コストを抑えるためかCore i5モデルと同様のACを採用しているのだろうと思われる。

 

 

DSC08344 DSC08346

ACアダプタのサイズは65W品ながらノートパソコン向けのもの並みにコンパクトで、Apple iPhone 6sよりも小型で軽量となっているため持ち運びやすい。

 

 

 

その他の検証項目については別記事にてアップ予定のため、そちらをお待ちいただきたい。

 

Intel NUC Kit NUC5i3RYK (BOXNUC5I3RYK) – Intel 公式

Mini PC Intel NUC Kit NUC5i3RYK (Next Unit of Computing) M.2 SSD対応モデル – Amazon.co.jp

Intel Core i5-5010U、DDR3、M.2搭載 NUC Kit NUC5i3RYK – 楽天プロダクト 最安比較

Mini PC Intel NUC Kit NUC5i3RYK (Next Unit of Computing) M.2 SSD対応モデル