ASUS Chromebitが米国で発売開始、Chrome OS搭載のARM互換プロセッサ内蔵


ASUS製「Chromebit」、米国で発売に–「Chrome」OS搭載の安価なスティック型PC – CNET News

Google Chromebit発表、テレビに挿すChrome OS PC。予価100ドル以下で夏発売 – Engadget Japanese

今年の4月に発表されていたChrome OSを搭載のスティック型PC「Chromebit」がようやく発売開始となりました。

 

 

 

 

スペックは以下のとおり。

 

メーカーASUS
型番Chromebit CS10
CPURockchip RK3288C 1.8GHz (クアッドコア)
Cortex A17/Mali T624
RAMLPDDR3-1066 2GB
ROMeMMC 16GB
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv4.0
Battery内蔵
OSChrome OS
その他USB 2.0/HDMI出力/18W ACアダプタ/Google Drive 100GB 2年間
サイズ123 × 31× 17mm (W×D×H)
重量75g
価格約85ドル
2色 (黒/オレンジ)
URLURL

 

ARM互換プロセッサ(Rockchip RK3288C)、RAM 2GB、ROM16GB、フルサイズのUSB、WI-Fi (11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth v4.0を使ってキーボードやマウスを接続し利用するChrome OSを搭載したスティック型PCとなっています。

 

Intelが発売しているWindows搭載のスティック型PC「Copmute Stick」の対抗に近い製品で、ARM互換プロセッサ、Chrome OSを搭載することで更に安い85ドルという価格を実現しています。

 

現時点で発売は米国内に留まるようですが今後拡大し、日本でも発売が予定されている商品となります。

geanee 7インチ Windows8.1 with Bing タブレットPC WDP-072-1G16G-BT – NTT-X Store

既に国内では7インチのWindows搭載タブレットが7,980円で販売されている事態となっており、Chromebitの85ドルという価格より安く、Chromebitのメリットがあまり感じられないのですが、国内の価格がどれ位になるのか少し気になりますね。