約4000円で購入可能な両耳BluetoothワイヤレスヘッドセットSoundPEATS 「Q9A」を検証する #Bluetooth #Amazon


SoundPEATS Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン Q9A (ブラック) – Amazon.co.jp

SoundPEATS Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン (ブラック/レッド) – Amazon.co.jp

soundPEATS(サウンドピーツ)  Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン Q9A (ブラック) soundPEATS(サウンドピーツ) Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン (ブラック/レッド)

SoundPEATS社がAmazonで販売しているBluetooth対応ワイヤレスヘッドセット「Q9A (ブラック)」をご提供して頂いたため、レビューを行いたいと思う。

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC06663 DSC06664 DSC06671

<付属品一覧>

・イヤホンケース
・Bluetoothイヤホン本体
・イヤーパッドS・M・L 各種1セット
・コードマネージメントクリップ
・充電用USB→microUSBケーブル
・ユーザーマニュアル
・キャリングポーチ

 

約4,000円と低価格ながらも充電用ケーブルや収納ケース、ポーチなどが用意されているのは嬉しい。

 

 

 

 

取扱説明書

DSC06672

取扱説明書の言語は全て英語となっているが殆どの操作が単純となっているため、使って覚えることが十分可能だと思われる。

 

 

 

 

Bluetoothイヤホン本体

DSC06687 DSC06692 DSC06702

Bluetoothイヤホンの本体は有線で繋がっており、右側にコントロール、音量用のボタンや充電端子などが内蔵されている。

 

コントロール用のボタンは左から

・音量下、長押しで曲巻き戻し
・電源ON/OFF、長押しでペアリング、音楽再生中は再生/停止
・音量上、長押しで次曲

となっており、非常にシンプルな仕様となっている。

 

充電端子はmicro USBとなっており、スマートフォンと同じ端子で充電ケーブルも本体に付属するため、困ることはないだろう。

 

 

 

 

S・M・Lから選べるイヤーチップ

DSC06676 DSC06679

Q9にはS・M・Lサイズの3種のイヤーチップが付属しており、耳の大きさに合わせて選ぶことが可能だ。

 

DSC06688

イヤーチップはゴムの部分で、イヤホンの先端を強い力で引っ張ると交換することが出来る

簡単に取れることはなく、よっぽどのことがない限り紛失は無さそうだ

 

 

 

 

コードマネージメントクリップ

DSC06686

収納用のポーチに入れる際に便利なケーブル保護用の「マネージメントクリップ」も付属。

 

 

 

 

ウレタン製のイヤホンケース

DSC06665 DSC06667 DSC06666

SoundPEATSのロゴが入ったウレタン製のイヤホンケースも付属。

 

DSC06669

中に余っているイヤーチップを入れられる網の部分が有り、必要に応じて保管できるようになっている。

内部はウレタンとなっており、外へ持ち運ぶ際にイヤホン本体への衝撃を軽減する事が出来そうだ。

 

 

 

 

耳元にしっかりと固定できるサポーター

DSC06707

イヤホンを外れにくくするためのイヤーサポーターがしっかりとした作りとなっており、耳にガッチリと固定できる

サポーター部分の取り外しや回転などの機構はなく柔らかい柔軟性の有るプラスチックのような素材のため、万人向けだと思われる。

 

因みにだが、メガネを掛けているユーザーは一旦メガネを外し、先にイヤホンを取り付けた後にメガネを掛けるようにしなければメガネが邪魔になってしまう点に注意だろう。

 

 

 

 

絡まりにくい細いきしめんケーブルを採用

DSC06713

右耳と左耳のイヤホンを繋ぐケーブルは絡まりにくい細めのきしめんケーブルとなっており、取り扱い易い。

 

 

DSC06710

但しイヤホン本体との接続部分もきしめんケーブルとなっているため、長期間の利用で断線、もしくは接触不良が起きる可能性が高いため、注意して使っていく必要がありそうだ。

 

 

 

 

LEDに関して

DSC06783 DSC06811

LEDは右耳のイヤホンに搭載されており、電源ON時には青LEDが3秒に1回点滅、ペアリング検索時には赤青交互に点滅、充電時には赤LED、完了後に青LED点灯と、LEDである程度状態を確認することが可能だ

 

電源ON時青LEDが3秒に1回点滅
ペアリング検索時約3分間赤青交互に点滅
充電時赤LED常時点灯
充電完了時青LED常時点灯

 

 

 

ペアリングについて

電源がOFFになっている状態で電源ON/OFFボタンを長押しすることで電源ON→ペアリングモードへと移行する。

 

ペアリングの方法としては以下のとおり。

・電源ボタン長押し → 「パワーオン」 → 「ペアリング」 → 「コネクティッド ピッ」

「ペアリング」と聞きづらい英語が鳴った後から他機器でサーチすることでペアリングを行うことが出来、ペアリング後「コネクティッド」と音がなり、完了する。

 

全体的にイヤホンの案内音声が聞きづらい英語発音となっているのが気に掛かる。

 

 

 

 

高音質コーデック「apt-x」にも対応

Q.【Bluetoothヘッドホン】【Bluetoothスピーカー】AAC/aptXとは? – ELECOM 公式

Bluetoothでも送信機側の端末によって採用されているコーデックが異なり、音質や遅延などが変化する。

 

その中でもSound PEATSのQ9に関しては高音質コーデック「apt-x」に対応しているため、より高音質で音楽や動画を楽しむことが可能だ。

2015-10-13 09.15.58

今回検証でXperia Z3 Compact (SO-02G)を使用した際に、Bluetoothペアリングが完了した時点で「apt-x対応機器と接続しました」と表記されており、Q9がapt-xに対応していることが確認できた

 

この表記はスマートフォンによって表示されたりされなかったりする場合があるため、手持ちの機器がapt-xに対応しているかどうか確認する方法は殆ど無いといえるだろう。

 

Bluetoothのオーディオ機器を高音質で楽しむための「AAC」と「apt-X」 – Web Memo.SE

但しこちらのサイトによればiPhone以外のAndroid搭載端末では殆どの機器がapt-xに対応しているとのことで、気にせず高音質で音楽を楽しむことが出来るだろう。

※iPhoneはAACと呼ばれる高音質コーデックを採用しているため、こちらも高音質で再生が可能となる。

 

 

 

 

音質に関して

当方、友人に「お前の耳は腐っている」と言われたことがあるため、音質関連のレビューをすることに非常に抵抗があるのだが、イヤホンがしっかりと耳にホールドされるためか、Bluetooth接続ながら低音をよく感じられるイヤホンだと思われる。

 

100円均一等で販売されているイヤホンに比べ、しっかりと耳に固定される安心感が有るためスポーツ(主にランニング)で音楽を聞きながら行う人にはよりお勧めできる製品だろう。

 

 

 

 

micro USB端子の蓋が緩い

DSC06705

個体による不具合かもしれないが、私が入手した個体のmicro USB端子の蓋が緩くなっており、蓋を閉めても勝手に半開きのようになってしまった。

防水を謳っているわけでもないため保護する必要は殆ど無いのだが、この部分は是非改善していただきたい部分に感じる。

 

 

 

 

約4,000円以下で購入できるのが魅力、Bluetoothで取り回しの良さも上昇

SoundPEATS Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン Q9A (ブラック) – Amazon.co.jp

SoundPEATS Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン (ブラック/レッド) – Amazon.co.jp

soundPEATS(サウンドピーツ)  Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン Q9A (ブラック) soundPEATS(サウンドピーツ) Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン (ブラック/レッド)

現在SoundPEATSのQ9に関してはAmazonにて4,000円以下で販売されており、Bluetooth対応の両耳用ヘッドセットとしてはかなり安価な部類となる。

その割に付属品はイヤホンを入れるポーチから、ウレタン素材の収納用のイヤホンケース等至れり尽せりとなっており、お買い得感は高い。

また、音楽を聞かない場合には一旦耳から外し首にかけておくことが出来るため、取り回しの良さも十分だ。