Intel Core i7-5960Xのオーバークロックのレビューがリーク、4.6GHzまでOCし、4960Xやi7-4790と比較


Intel Haswell-E 5960X Review and Overclocking Benchmarks – Digital Storm Unlocked

Haswell-EことIntel Core i7-5960Xのベンチマークがリーク、Cinebench R15のマルチスレッドで3960Xを大きく上回る結果に – Re;con-ReviewDays

Intel CPU Core i7 5930K 3.50GHz 15Mキャッシュ LGA2011-3 Haswell E BX80648I75930K【BOX】

明日に発表を控えたHaswell-EことIntel Core i7-5960Xですが、ようやくオーバークロックされたベンチマークがリークされました。

 

 

検証環境は以下のとおり。

CPUIntel Core i7-5960X
(8C16T/3.0GHz~3.3GHz)
MemDDR4-2800 4GB×4
(Corsair Vengeance LPX)
M/BASUS X99 Deluxe
GPUnVidia GeForce Titan Z

 

CPUクロックは定格の3.0GHz~3.3GHzから4.6GHzまでオーバークロックされ、Ivy-Eの4960XやHaswell Refreshのi7-4790と比較されています。

 

 

 i7-5960X
4.6GHz OC
i7-5960X
定格
i7-4960X
4.6GHz OC
i7-4960X
定格
i7-4790
4.8GHz OC
アイドル時
消費電力
193W133W187W167W128W
負荷時
消費電力
458W221W355W293W259W
アイドル時
温度
33℃29℃37℃30℃26℃
負荷時
温度
79℃41℃62℃48℃79℃

 

Ivy-Eの6コア12スレッドの4960Xと比較すると、8コア16スレッドへとコア数が増えたにも関わらずアイドル時の消費電力が約30W削減、負荷時も約70W削減できています。

 

しかしCore i7-5960Xの定格時と4.6GHzの負荷時の消費電力を確認してみると定格時221Wのところ、4.6GHzへOCした状態ではほぼ2倍となる458Wとなっており、かなりVcore等の電圧調整を行ったように感じます

 

消費電力は気になるところですが、4.6GHzまで回っている状態を見るとOC耐性はIvy-E相当と言えるでしょう。(但しESの記載やCPU-Zの画像はなし)

 

 

 

この他にもSiSoftのベンチマークや、Cinebench R15と言ったベンチマークもテストされています。

 

 i7-5960X
4.6GHz OC
i7-5960X
定格
i7-4960X
4.6GHz OC
i7-4960X
定格
i7-4790
4.8GHz OC
SiSoft
Arithmetic
276.2195.2189.6165.9143.5
SiSoft
Cryptography
13.18.68.17.87
Cinebench R151745132411611061966

 

上記ベンチマークソフトはマルチスレッドを主としてスコアーの算出が行われているため、シングルスレッドの性能は不明ですが、6コア12スレッドから8コア16スレッドになったため、5960Xは4960Xに比べ約30%程スコアーが上昇していることがわかります。