Haswell-EことIntel Core i7-5960Xのベンチマークがリーク、Cinebench R15のマルチスレッドで3960Xを大きく上回る結果に


[Haswell-E 測試搶先看]Gigabyte X99-Gaming G1 Wifi + 5960X – coolater.com

8月30日午前1時頃に発売開始となるHaswell-EプラットフォームのCPU「Core i7-5960X」ですが、Cinebench R15のベンチマークの結果がリークされました。

 

今回リークされた環境はCore i7-5960X (ES) 3.0GHz~3.5GHz、GIGABYTE X99-Gaming G1 WiFi、GSkill DDR4-3000 CL15 4GB ×4 (F4-3000C15Q-16GRR)、GeForce Titan Black×2、CORSAIR H110を用いて検証しているようです。

 

リークされたCinebench R15のマルチスレッドのスコアーは定格時「1270 cb」4.0GHzにOC時「1508 cb」となっています。

 

試しに私のCore i7-3960X 定格 (3.3GHz~3.9GHz)のマルチスレッドのスコアーを検証してみると「997 cb」というスコアーになったため、5960Xの方がクロックが低いにもかかわらず、大幅に高速になっていることが確認できます。

corei7-3960x_teikaku_gtx_titan_cinebenchr15_cpu

 

ただし、今回のリーク画像ではシングルコアのパフォーマンス結果が不明なため、シングルコアのパフォーマンスについてはどのような結果になっているかは分かりません。