34nmプロセスで製造されたIntel製SSDに不具合


7月22日より茶箱にて販売が開始されていた34nmプロセスを採用したIntel製SSD「SSDSA2MH080G2C1」「SSDSA2MH160G2C1」について不具合があったとのことです。

不具合の詳細は、「BIOSでHDDパスワードを設定したのち、変更または無効に設定を変更した時にデータが破損する」と言う内容らしいです。

 

基本的にBIOSからHDDにパスワード掛ける事ってほぼ無いと思うので、普通な使い方をする以上は問題なさそうです。

 

近々Intelよりこの不具合を修正した新ファームウェアが用意されているとの事で、それまでの間は店頭での販売は停止される模様。

 

mainstream_ssdsmainstream_ssds

X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2C1
最安価格 25980円 09.07.27

X25-M Mainstream SSDSA2MH160G2C1
最安価格 49980円 09.07.27