Mini-ITXなのに拡張スロットが2本あるマザー、ECS「H81H3-M4」の外観をチェックする


H81H3-M4 (V1.0A) – ECS Japan 公式

H81搭載の小型MicroATXマザーボードがECSから! 「H81H3-M4」発売 – アキバ総研

先日購入したECS「H81H3-M4」の外観レビューを行う。

DSC06818

 

 

はじめに

ECS「H81H3-M4」はスポット入荷のみで販売終了、その訳とは – Re;con-ReviewDays

ECS「H81H3-M4」とはどういったマザーなのか?といったことは別記事で解説しているため、そちらを見て頂きたい。

 

 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC06804 DSC06805

<付属品一覧>

・マザーボード本体
・SATA3対応SATAケーブル ×1本
・取扱説明書
・ドライバーCD

 

 

 

 

マザーボード外観

DSC06807

マザーボードのサイズはMini-ITXより少し大きい19cm×17cm

このサイズはMini-DTX (縦170mm×横203mm)と呼ばれるサイズに近いですが、横幅が13mm足りないため厳密には異なります。

規格/マザーボード
Mini-ITX170mm170mm
Mini-DTX170mm203mm
Micro-ATX244mm191mm
ECS H81H3-M4190mm170mm
ASRock H61M-VG3191mm170mm

イメージ的にはMini-ITXと横幅は同じ、しかし縦幅が2cmほど長くなっており、その分拡張スロットが1本増設されている形となります。

 

 

 

 

CPU周り

DSC06812

CPUの電源周りは3フェーズとなっており、VRM周りはヒートシンクは非搭載

必要最低限と言った形でしょうか。

しかしHaswellの最上位CPU「Core i7-4770K」にも対応しているため、OC時は不明ですが定格動作では特に問題はないようです。

 

 

 

 

CPU用電源

DSC06814

CPU用の電源は4ピン

 

 

 

 

 

メモリ周り

DSC06810

DDR3-1600、最大16GBまでサポートされている。

メモリ用の電源は1フェーズの模様。

 

 

 

 

SATA周り

DSC06809

SATAポートは4ポート搭載

内訳は黒×2ポートがSATA3 (6Gbps)白×2ポートがSATA2 (3Gbps)となる。

通常の場合白がSATA3、黒がSATA2と言った分け方だが、「H81H3-M4」の場合は逆となっており、マザーボード上にもSATA3/SATA2の表記はないため注意が必要だ。

 

 

 

 

拡張スロット周り

DSC06811

拡張スロットは上から

・PCI Express ×1 (PCIE 1.1)

・PCI Express ×16 (PCIE 2.0)

となっており、PCI Express×1はPCIE 1.1、2本目のPCI Express×16は2.0で動作するようだ。

 

 

レーン分けについてだが、マニュアル(※PDF)を確認するも、特に記述は見られなかった。

intel_h81_express_lane

H81 Expressのレーン分けを確認するために調べてみると、CPUからPCI Express 3.0×16とチップセット(H81 Express)からPCI Express 2.0×1が出ているため、それを流用しているようだ。

 

 

 

 

 

ピンヘッダ周り

DSC06816

ピンヘッダはSATAポート下にUSB 2.0が2セット (計4ポート)フロントパネル用ピンヘッダはマザー右下に配置。

ピンヘッダの接続は簡易的にだがマザーボード上に記載されており、マニュアルがない状態でも容易に接続が可能だ。

 

 

 

 

I/Oパネル

DSC06820

I/Oパネル側の配置は以下のとおりとなっている。

 

・PS/2 ×2ポート (マウス/キーボード)
・HDMI
・D-Sub 15ピン
・USB 3.0 ×2ポート (チップセット内蔵)
・Gigabit Ethernet (Realtek 8111G)
・USB 2.0×2ポート
・6ch オーディオ (VIA VT1705)

 

H81 Expressのお陰か約3,980円とは思えない充実度になっており、USB 3.0×2ポート、HDMIが実装されているのは非常にありがたい

 

 

 

 

マザーボード裏面

DSC06824

裏面にコンデンサー類は搭載されていない。

 

 

 

 

搭載チップ一覧

 

チップ名チップ画像役割
Realtek 8111GDSC06829Gigabit Ethernet
VIA VT1705DSC068316chオンボードサウンド

 

 

 

 

まとめ

・Mini-ITX/DTXマザーボードとしては格安、機能に優れる

Mini-ITX/DTXマザーとしては格安な価格設定(3,980円~4,980円)となっており、H81 Expressのお陰でUSB 3.0、SATA3×2ポートも内包しているため拡張性も必要十分揃っている。

 

 

・2本の拡張スロットが魅力

Mini-ITX/DTXのサイズに2本の拡張スロットを持つH81マザーは「H81H3-M4」のみとなっており、コンパクト且つ拡張性に優れるPCを作ることができる。

 

 

・USB 2.0の数が少ない

DSC06821

I/Oパネルを見て頂ければわかるが、USB 2.0の数がたったの2ポートとなっており、USB 3.0のドライバを入れるまで2ポートでやりくりしなければいけない

ピンヘッダで2セット(計4ポート)は搭載しているようだが、I/Oパネル側に更にもう2ポート追加していただきたかった。