富士通、東芝にHDD事業売却へ リストラ加速


まさか富士通がHDD事業を売却とは・・・。

富士通がパソコンなどのデータ記憶装置として使われるハードディスク駆動装置(HDD)事業を東芝に売却する方向で最終調整に入ったことが14日わかった。早ければ月内にも合意する見通し。世界的な景気の後退で、業績改善が見込めないと判断した。デジタル製品の市場悪化で電機各社の業績は軒並み悪化しており、今後、不採算事業からの撤退や雇用の削減などのリストラが一段と進みそうだ。

富士通のHDDの世界シェアは約7%で、世界6社の最下位に位置する。パソコン需要の低迷に伴い、搭載するHDD価格も下落しており、赤字に陥っている。今後は主力の情報システム事業に経営資源を集中する。

東芝のHDD事業は世界4位で黒字を確保しており、富士通のHDD事業を買収し、量産効果や開発の強化につなげる。東芝は主力半導体のNAND型フラッシュメモリーを使った次世代のデータ記憶装置「SSD」も商品化しており、HDD事業の拡大と合わせてデータ記憶装置事業を強化する。

富士通は昨秋からHDD世界2位の米ウエスタンデジタルと売却交渉を進めていたが、条件が折り合わず交渉を打ち切っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000516-san-ind

富士通が以前から他社にHDD事業を売却と言うのはよく言われていたことですが、Western Digitalとの売却交渉はうまく行かず、音沙汰は無かったのですが、東芝に売却されることが明らかになりました。

富士通のHDDと言えば1.8インチのHDDやサーバー向けのHDDを販売していましたが、SSDなどの開発を行っている東芝にHDD事業を売却することになりました。

この不景気でリストラ、派遣切りなどが問題となっていますが、更に状況は悪くなりそうです・・・。
Phenom II ハッキング 初級編