SONY VPCZ1シリーズを購入する前に注意すべき点


VAIO Zシリーズ (VPCZ1x) – SONY 公式

SONY VAIO Z1x まとめサイト – atwiki.jp

なんとなーくVAIO Z (VPCZ1x)シリーズが欲しくなったので、メモ代わり残しておきます。

sony_vaio_z_vpcjz1

 

 

HDDモデルよりSSDモデルを購入しよう

新型Z様のHDDモデルを、インテルSSDへ換装! – 店長のつぶやき日記。。。

VAIO Zシリーズ(VPCZ1)のDVDドライブをHDDに換装する – sepapa.memo

HDDモデルはSSDモデルの光学ドライブの部分にHDDを搭載してしまうため、光学ドライブが失われます。

1台でOSのインストールからDVDの読み書きが出来る利点を失うのは痛い。

それでもHDDを選ぶというのであれば、今更Zを購入する必要性はあまりないかと思います。

 

 

 

 

SSD 256/512GBモデルを購入しよう

SSDのモデルは128GBから512GBのモデルがラインナップされており、容量によってSSDの枚数が以下のように異なります。

HDD 320GB光学ドライブ専有
HDD 500GB光学ドライブ専有
HDD 640GB光学ドライブ専有
SSD 128GB64GB×2
SSD 256GB64GB×4 (基板×2枚)
SSD 512GB128GB×4 (基板×2枚)

※256/512GB SSDは基板が2枚、表に64GB SSD + 裏に64GB SSDという構成を2セット搭載

 

HDDモデルは1つ前の項目で説明した通り、光学ドライブの部分に搭載されるため光学ドライブの搭載が物理的に不可能となります。

SSD 128GBモデルの場合は64GB×2、256GBモデルの場合は64GB×4、512GBモデルの場合は128GB×4となっており、容量が増えるにつれ搭載可能枚数が2枚、4枚と増えていきます。

 

 

 

 

SSDのフラットケーブルは256/512GBモデルの4枚挿しが便利

Sony VAIO VPCZ13AGJ に SOL305-0を使用し mSATA SSDを組込む – soltec 工房

SSDのフラットケーブルは256/512GBモデルのみ4枚刺しが可能となっており、接続はmicro-SATAとなっているため2.5インチのSSDで採用されているSATA/m-SATAは利用できません。

SSDを交換、増設を行う場合は上記リンク先の方が作成している「SOL305-0」を利用すればmSATAのSSDをmicro-SATAに変換できます。

 

なお、micro-SATAとmSATAって何が違うの?って思った人も多いと思うので、そういった方はこちらこちらの記事をご覧ください。

 

4枚挿し(基板としては2枚)が可能な256GB/512GBモデルの場合はさらなる大容量化の可能性も秘めているため、お勧めをしています。

 

 

 

 

SSD×4のフラットケーブルの型番は「A-1781-464-A」

Sony VAIO VPCZ13AGJ に SOL305-0を使用し mSATA SSDを組込む – soltec 工房

SSDを4つ (基板としては2枚)を繋いでいるフラットケーブルは「A-1781-464-A」らしく、ebay海外のパーツ屋から購入することが出来ます。

ebayでは約9,000円~1.2万円前後(転送費用、送料等を含まず)で販売されており、非常に高価なパーツとなっているので注意。

 

ebayからの輸入に抵抗がある方は日本語で取引できるセカイモンがあるので、そちらを使われてみてはどうでしょうか。

 

 

ボチボチ追加するかも。