DELL UP2414Qを購入後、必ずやるべき「DisplayPort 1.2」の設定


Dell 23.8インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840×2160/IPS非光沢液晶/8ms/ブラック) UP2414Q – Amazon.co.jp

DELL 23.8インチ4K2Kディスプレイ「UP2414Q」が到着しました – Re;con-ReviewDays

Dell Uシリーズ 23.8インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840x2160/IPS非光沢液晶/8ms/ブラック) UP2414Q

昨年12月中旬にAmazon.co.jpで注文していたDELL 「UP2414Q」が本日到着しました。

 

 

DELL 「UP2414Q」はHDMIや、DisplayPort、Mini DisplayPortで接続しようと初期設定で『DisplayPort 1.2』が無効化されているため60Hzで出力ができない状態となっています。

※HDMIに関しては現バージョンで4K2Kは30Hzでしか出力できません

 

そのため、ユーザー自身でモニターの設定画面から『DisplayPort 1.2を有効化』する必要があります。

 

DSC04087

モニターの1番下のタッチキー → 設定画面を開く → 画面設定 → DisplayPort 1.2 → 無効にするから有効にする

 

以上の設定でDisplayPort接続時に30Hzではなく60Hzで動作させることが可能です。

 

 

では実際30Hzと60Hzでは違いが生じるのか?と疑問に思う人も多いでしょう。

検証してみました。

 

DisplayPort 1.2 無効化 (30Hz)

 

 

DisplayPort 1.2 有効化 (60Hz)

 

元々のソースは30FPS (30Hz)なのですが、補間されているため60FPS (60Hz)に見えるよう変換されている動画になります。

グリザイアの迷宮OP 「ワールドエンド」 60fps フレーム補間 ‐ ニコニコ動画:GINZA

60Hz (60FPS)の状態では動画の動きが非常にヌルヌルと動いておりますが、30Hz (30FPS)ではコマ落ちが有るように見えます。

※わかりづらいかもしれません…(´ρ` )

 

 

 

この他にもカーソルの動きにも大きな変化が有り、体感に影響してきます。

30Hz時にはマウスのカーソルの動きがワンテンポズレるような形で、カーソルの軌跡も通常より長く出ているように感じました。

 

60Hzは違和感なく操作できており、30Hz時に感じたカーソルの動きや軌跡に関して、特に違和感を覚えることもありませんでした。

 

 

 

結論

4K2Kディスプレイは現状HDMIのバージョン上30Hz以上の出力ができず、60Hzの出力ができるのはDisplayPortのみとなる。

しかし、DisplayPortもUP2414Qでは60Hzで動かすにはモニター設定からDisplayPort 1.2を有効化する必要があり、一手間必要となる。

 

30Hz動作時は60Hz時に比べ、カーソルの動きに違和感を覚え、常用できるものではないため注意が必要だ。

 

Dell 23.8インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840×2160/IPS非光沢液晶/8ms/ブラック) UP2414Q – Amazon.co.jp

Dell Uシリーズ 23.8インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840x2160/IPS非光沢液晶/8ms/ブラック) UP2414Q