さくらインターネット、レンタルサーバーのディスク、メールボックス増量とOSのバージョンアップ実施へ


さくらのレンタルサーバ スタンダード – さくらインターネット 公式

11月14日にさくらレンタルサーバーの一部サーバーでメンテナンスが行われ、ディスク、メールボックス容量の増量及びOSのバージョンアップが行われました。

  

増量前、増量後をまとめました。

 

 増量前増量後
ライト5GB10GB
スタンダード30GB100GB
プレミアム60GB200GB
メールボックス5GB10GB
OSFreeBSD 7.1 32bitFreeBSD 9.1 64bit
※1
Apache1.32.2
Perl不明Perl 5.8.9
※2
PythonPython 2.73Python 2.75

 

※1
32bit環境に強く依存する一部バイナリ(GDBM等)については正しく動作しない可能性があります。

※2
PerlのバージョンについてはPerl 5.8.X、5.10.X、5.12.X、5.14.Xから選択することが可能

 

 

 

また今回のディスクスペース増量に伴い、メールアドレス容量の上限も拡張されています。

 

 増量前増量後
ライト1GB2GB
スタンダード2GB10GB
プレミアム2GB40GB
メールボックス1GB2GB

 

ディスクスペースやメールボックス容量の増加に重点が置かれており、スタンダードプラン(500円)でも十分なコストパフォーマンスとなっています。

 

確認してみると、確かにスタンダードプランでは30GBから100GBへ増量されており、ディスクスペースにかなりの余裕が出来ておりました。

sakura_internet_diskspace_zouryou

画像を多用する当サイトでも5年間に渡り運営してきまが、未だに約7.38GBしか使用していないため、一班の方々はライトもしくはスタンダードプランで十分かと思います。

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード – さくらインターネット 公式