SONY VAIO L (VPCL219FJ) を分解、メモリ増設、HDDを交換する


VPCL219FJ/W | 製品別情報 | サポート | VAIO – SONY 公式

スペック | Lシリーズ | 製品情報 | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター -  SONY 公式

TV用モニターとして『SONY VAIO L (VPCL219FJ)』を購入しましたが、肝心のPC側があまりにも遅くイライラしたため分解して、メモリ増量、SSD化を行いました。

2013-09-06 20.52.00

 

分解方法については以下サイト様を参考にさせていただきました。

VAIO LシリーズのストレージをSSDに換装して高速化してみる! – ソニーが基本的に好き。

SONY VAIO L (VPCL218) のHDDをSSDに換装してみた! – なまけにっき

 

1. 本体裏の4つのネジを取り外す

2013-09-06 17.43.34

本体裏にある4つのネジを取り外します。

 

 

 

 

2. モニターの足を取り外す

2013-09-06 17.47.18

モニターの足を外すと簡単に書きましたが、半端ない力が必要です。

なるべくVAIO Lを仰向けに寝かせ、液晶面を柔らかいものに当たるようにして、モニターの足を手前に引っ張りましょう。

 

『バキッ』っと嫌な音がなりますが、気にせず引っ張らなければなりません。

 

 

3. メモリスロット

2013-09-06 17.47.59

メモリスロットはDDR3 SODIMM×2本。

 

 

2013-09-06 17.49.03

ELPIDA台湾製のDDR3-1333 2GB×2が元から入っていました。

 

とりあえず手元に転がっていたDDR3L-1600 CL11の4GBメモリを突っ込み、暫定的に4GB+2GBの6GBへ。

 

 

 

 

4. HDDベイの4つのネジを外す

2013-09-06 17.47.49

HDDベイは3.5インチのSATAのHDDが内蔵されています。

 

 

 

2013-09-06 17.47.53

HDDベイを固定している4つのネジを取り、HDDを取り外します。

なお、こちらの4つのネジはHDDベイと固定されてあるため失くすことはないかと思います。

 

 

 

 

5. SATAケーブル、電源ケーブルを取り外す

2013-09-06 17.51.38

SATAケーブルとSATA電源ケーブルがHDDに付いているので、先にケーブル類を取り外してからHDDを取り外しましょう。

 

 

 

2013-09-06 18.13.27

VAIO L (VPCL219FJ)に内蔵されていたHDDはWestern Digitalの『WD1001FAES』となっており、コンシュマー向けの『WD1001FALS』のOEM向けかと思われます。

 

まさかメーカーPCで黒キャビを見るとは。

 

 

 

 

6. SSDをHDDベイに取り付ける

2013-09-06 20.14.56

今回使用したのはPlextorのM5P 128GB (PX-128M5P)で、容量に関しては『外付けのHDDを使えばなんとかなるだろう』と言う事で採用。

 

 

 

なおお気づきのかたも居らっしゃるかと思いますが、あえて2.5インチ→3.5インチ変換アダプターを使用していません。

2013-09-06 19.44.33

↑ 2.5インチ→3.5インチ変換アダプター

 

 

それは何故かというと、VAIO Lの3.5インチのマウンターが非常に厄介な存在で、マウンターのSATAケーブル、SATA電源の所が加工されているため、マウンターを使用すると干渉することがあったためです。

 

IntelのSSDやPlextorのSSDに付属しているマウンターではどうやってもネジ穴の位置や、マウンターのSATAケーブル、電源部分と干渉し接続することが出来ませんでした。

2013-09-06 20.17.13

仕方なく上記のように1点止めを行い、落ち着きました。

 

 

 

2013-09-06 20.19.14

無事収まりました。

 

 

 

 

6. リカバリディスクからリカバリ作業

2013-09-06 20.52.00

4枚のリカバリディスクから2時間ほど時間を掛けて、リカバリ。(リカバリディスクの作成だけで約3時間半掛かりました・・・)

 

 

これでメモリ増設、SSD化は完了。

 

 

今後はより分解して、GeForce 315Mがマザーボードにオンボードなのか、MXMモジュールなのか調べてみたいですね。