AMD A10-6800Kのパフォーマンスを確認する


AMD A10 6800K Black Edition 4.1GHz 新品 – Amazon

AMD A10 6800K Black Edition 4.1GHz – 楽天プロダクト最安一覧

AMD A-Series A10 6800K Black Edition ソケットFM2 TDP 100W 4.1GHz×4 GPU HD8670D AD680KWOHLBOX

Send in your VGAキャンペーンでA10-6800Kを頂きましたので、IntelのCPUを比較に加え検証して行きたいと思います。

DSC05618

 

[13.07.19]:投稿
[13.08.30]:3DMarkのスコアーページのリンクミスを修正

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC05615 DSC05619

<付属品一覧>

・CPU本体
・エンブレムシール
・取扱説明書
・リテールクーラー

 

 

 

 

スペック一覧

 

A10-6800KA10-5800KA4-5300
コードネームRichlandTrinytyRichland
SocketSocket FM2Socket FM2Socket FM2
コア数/スレッド数4コア/4スレッド4コア/4スレッド2コア/2スレッド
CPUクロック4.1GHz~最大4.4GHz3.8GHz~最大4.2GHz3.4GHz~最大3.6GHz
倍率ロックロック解除ロック解除ロック
製造プロセス32nm
High-kメタルゲート
32nm
High-kメタルゲート
32nm
High-kメタルゲート
GPURadeon HD 8670DRadeon HD 7660DRadeon HD 7480D
SP数384基384基128基
GPUクロック844MHz800MHz723MHz
対応メモリDDR3-2133DDR3-1866DDR3-1600
TDP100W100W65W

 

A10-6800KはA10-5800Kと比較して、CPUクロックが定格3.8GHzから4.1GHz内蔵グラフィックをRadeon HD 7660D 800MHzからRadeon HD 8670D 844MHz対応メモリをDDR3-1866からDDR3-2133へと上昇させたブラッシュアップ版となります。

 

今回のレビューは主にA10-6800KとA4-5300、Intelのモバイル系CPUやCore i3-2120T等と比較検証していく予定です。

 

 

 

 

概観

DSC05628

ロット:1322PGN

 

ソケットはSocket FM2となっているため、従来のマザーボードのSocketFM1ではピン数が異なるため流用することができません。

FM2のCPUはFM2用のマザーボードで利用する必要があります。

 

 

 

 

リテールクーラー

DSC05623 DSC05622 DSC05625

リテールクーラーはA4-5300と変わらず、ヒートパイプなどが一切入っていない安価なタイプとなっていました。

CPUクーラーにはシールで『2013 04 27』との記述があり、クーラーの製造年月日を示すものでしょうか。だとすると比較的最近製造されたものだとわかります。

 

 

 

 

検証環境

 

CPUAMD A10-6800K 4.1GHz~最大4.4GHzAmazon
MemGSKILL DDR3-2133 4GB×2 CL9 1.65V 動作
( F3-17000CL9D-8GBXLD)
SSD CPlextor M5P 128GB
(PX-128M5P)
Amazon
VGAオンボード
(Radeon HD 8670D 512MB)
M/BASRock FM2A75 Pro4-MAmazon
Soundオンボード
CaseINWIN IW-BK623Amazon
PSU

MITY MITE2 300W
(ENP-2730H-2)

Amazon
OSMicrosoft Windows 7 Ultimate 64bit SP1Amazon

 

 

 

 

3DMark06 v1.2.1

a10_6800K_onboard_3dmark06_single_ddr3-1600 a10_6800K_onboard_3dmark06_single_ddr3-2133 a10_6800K_onboard_3dmark06_dual_ddr3-2133

左:シングルチャンネルDDR3-1600動作
真ん中:シングルチャンネルDDR3-1600動作
右:デュアルチャンネルDDR3-2133動作

 

 DDR3-1600
シングルチャンネル
DDR3-2133
シングルチャンネル
DDR3-2133
デュアルチャンネル
3DMark Score361647668058
SM 2.0 Score125216853021
SM 3.0 Score136518313297
CPU Score359436493640

 

A10-6800Kもメモリクロックによって3D系のパフォーマンスが大きく異なる結果になることが証明されました。

特にDDR3-1600シングルチャンネルの場合とDDR3-2133デュアルチャンネルを比較した場合、3DMark06の総合スコアーが約44%も上昇する結果となりました。

内蔵グラフィックのパフォーマンスを最大限に活かす場合は高クロックなメモリを使う必要があります。

 

 

 

 

3DMark Vantage Perfomance Build 1.1.2

a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_perfomance_single_ddr3-1600 a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_perfomance_single_ddr3-2133 a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_perfomance_dual_ddr3-2133

左:シングルチャンネルDDR3-1600動作
真ん中:シングルチャンネルDDR3-1600動作
右:デュアルチャンネルDDR3-2133動作

 

 DDR3-1600
シングルチャンネル
DDR3-2133
シングルチャンネル
DDR3-2133
デュアルチャンネル
3DMark ScoreP3616P3584P5611
Graphics Score223929874994
CPU Score869389588908

 

 

 

 

3DMark Vantage Extreme Build 1.1.2

a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_extreme_single_ddr3-1600 a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_extreme_single_ddr3-2133 a10_6800K_onboard_3dmark_vantage_extreme_dual_ddr3-2133

左:シングルチャンネルDDR3-1600動作
真ん中:シングルチャンネルDDR3-1600動作
右:デュアルチャンネルDDR3-2133動作

 

 DDR3-1600
シングルチャンネル
DDR3-2133
シングルチャンネル
DDR3-2133
デュアルチャンネル
3DMark ScoreX1030X1401X2355
Graphics Score98513412267
CPU Score836189158968

 

 

 

 

3DMark11 ver1.0.5.0 Perfomance

a10_6800K_onboard_3dmark_3dmark11_dual_ddr3-2133

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
ScoreP658P1454P637
Graphics Score9851324552
Physics Score192236943298
Combined Score6461240610
スコアーページスコアースコアースコアー

 

 

 

 

3DMark

a10_6800K_onboard_3dmark_ddr3-2133

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
ICE STORM Score316373844433737
CLOUD GATE294349292803
FIRE STRIKE437875514
スコアーページスコアーICE STORM
CLOUD GATE
FIRE STRIKE
スコアー

 

 

 

 

PCMark 7 1.4.0

a10_6800K_onboard_3dmark_pcmark7_dual_ddr3-2133

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
Score271133584926
スコアーページスコアースコアースコアー

 

 

 

 

CrystalMark2004 R3

a10_6800K_onboard_crystalmark2004r3_dual_ddr3-2133

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
Mark128620191176200457
ALU237434338247276
FPU189243745845010
MEM198443190140041
D2D326636432230
OGL13915238486859

 

 

 

 

Perfomance Test 8.0 x64

a10_6800K_onboard_perfomancetest8.0_dual_ddr3-2133

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
Mark1565.221252048
CPU228142194365

 

 

 

 

Super Pi MOD 1.5 XS

a10_6800K_onboard_superpimod1.5xs

 

 AMD A4-5300AMD A10-6800KIntel Core i7-3667U
1M28.252s29.165s12.5s

 

 

 

 

CINEBENCH R11.5 x64

a10_6800K_onboard_cinebenchr11.5_cpu_single_ddr3-1600_matome a10_6800K_onboard_cinebenchr11.5_matomesingle_ddr3-2133 a10_6800K_onboard_cinebenchr11.5_cpu_matome_dual_ddr3-2133

左:シングルチャンネルDDR3-1600動作
真ん中:シングルチャンネルDDR3-2133動作
右:デュアルチャンネルDDR3-2133動作

 

 AMD
A4-5300
AMD A10-6800K
シングルDDR3-1600
AMD A10-6800K
シングルDDR3-2133
AMD A10-6800K
デュアルDDR3-2133
Intel
Core i7-3667U
OpenGL21.2 fps14.45 fps19.2 fps33.96 fps15.59 fps
CPU1.38 pts2.66 pts2.79 pts2.64 pts2.99 pts

 

 

 

 

Windows 7 Experience Index

a10_6800K_onboard_win7experienceindex_ddr3-2133

 

プロセッサ6.8
メモリ7.4
グラフィックス6.8
ゲーム用グラフィックス6.8

 

 

 

 

ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準

a10_6800K_onboard_dqx_teifuka

 

標準Score5586

 

 

 

 

ドラゴンクエストX ベンチマーク 高画質

a10_6800K_onboard_dqx_koufuka

 

高画質Score2807

 

 

 

 

CPU別総合スコアー比較表

cpubetu_sougou_benchmark_score_hikaku

過去に検証したCPUなどを比較対象とし、各CPUの総合ベンチスコアーを並べてみました。

 

A10-6800Kの強みとなるGPUパフォーマンスを生かした3DMark系の総合スコアーはIntel系のモバイルプロセッサの追従を許さずダントツのトップスコアー。

 

しかしIntel側はCPUスコアーで各ベンチマークを圧倒しており、CPUスコアーや解像度の低さがが効きやすいPCMark、CrystalMarkや、Perfomance Test等では追い越される結果となっています。

 

やはりAMDのCPUはIntel系のプロセッサに比べ、アプリケーションの最適化が行われていない、もしくはシングルスレッドの性能が低いためかパフォーマンスがいまいち振るっていないように感じます。

 

 

 

 

CPU別オンボードGPU総合スコアー比較表

cpubetu_sougou_benchmark_score_hikaku

過去に検証したオンボードグラフィックを搭載CPUを比較対象とし、スコアーを並べてみました。

 

A4-5300からCPUスコアーは約2倍以上上昇しており、2コア3.4GHzから4コア4.1GHzへの上昇分がしっかりと反映されています。

 

Intelのモバイル系プロセッサと比較した場合、パフォーマンス的にはA10-6800K(4C4T/4.1GHz~4.4GHz)はCore i7-3667U(2C4T/2GHz~3.2GHz)相当となっており、コア数の劣るi7-3667U以下というのは少々残念です。

 

ただしCPUの販売単価で見るとi7-3667Uは346ドル、A10-6800Kは142ドルとなっているため、コストパフォーマンスは約2倍以上良い計算になります。

※i7-3667Uは単体販売されていないため、希望カスタマー価格になっています。

 

 

 

 

CPU温度

2013-07-20-14h08-Temperature-CPUTIN

 

アイドル時約55
OCCT Power Supply Test時約88度

 

CPUクーラー:Prolimatech Samuel-17
ケース:SilverStone SST-SG03
検証時室温:30度

 

温度から察するに、Samuel-17では明らかに冷やしきれておらず、OCCTの途中にビデオ出力が数回出力されなくなり何度も検証し直す羽目になりました。

恐らく使用しているケースが窒息に近い状態となっているためこれほど熱くなっているのでしょうが、ケース側面を常に開放+ファンを呼びに1個増設した状態なので、A10-6800Kは本当に熱い可能性があります。

 

 

 

 

消費電力

 

 A10-6800KPentium G620+GT430Core i3-2120T +GT430
アイドル時49.1W41W41W
OCCT Power Supply Test時164W104W104W
レビュー記事レビューレビュー

 

アイドル時の消費電力が49.1Wと、昔検証したPentium G620やCore i3-2120Tよりも少し高めの結果となりましたが誤差の範囲内でしょう。

しかし気になるのはOCCTのPower Supply Testを回した時の結果で、Pentium G620やCore i3-2120Tに比べ誤差とはいえないほど消費電力が上昇しています。

今回比較対象として3つのCPUを選んでいますが、おおまかに言えばどれも32nmのプロセスを用いられており、プロセス面ではほぼ同等と言えるでしょう。

この3つの違いといえばコア数、TDP、周波数となるのでそれらの影響が高そうです。

 

 

 

 

まとめ

 

・オンボードの性能としては最強、しかしメモリの周波数、帯域に注意

A10-6800Kは今まで購入してきたCPUの中で一番性能が高いオンボードグラフィックを搭載しており、ベンチマークや実際のゲームでも体験することが出来ました。

しかしこのグラフィック性能はメモリクロックによるものが大きく、実際DDR3-1600シングルチャンネル時とDDR3-2133デュアルチャンネル時を比較した時に3DMark06総合スコアーで2.2倍、3DMark Vantage Perfomance総合スコアーで1.55倍 Cinebench R11.5 Open GLスコアーで2.35倍と言う結果になりました。

メモリクロックや帯域幅によって大きく性能が変わってしまうため、A10-6800Kを選択した以上はDDR3-1600で留まらず、DDR3-2133のメモリをデュアルチャンネルで利用したほうが良いでしょう。

ただしその分だけメモリにお金を掛けなければいけなくなるため、コストパフォーマンスが悪くなってしまうので、そこは組まれる方次第となります。

これはご法度かもしれませんが、個人的にA10-6800K買うならばCore i3でグラフィックを別付けしたほうがコストパフォーマンスは良いんじゃないかなーと思います。

 

 

・A4-5300からA10-6800Kに交換して

A4-5300からA10-6800Kに交換してからというものの、CPUに負荷を掛けた時に音が飛ぶ、Flash動画がコマ落ちするといったことは一切なくなりました。

また、以前A4-5300でセキュリティースキャンをかけると他作業ができなくなるといった記事を書きましたが、A10-6800Kに変えてからコア数が増え、周波数も上がったためかCPU使用率は100%になることはなくなり、スキャン中も何ら問題なく作業ができるようになりました。

a10_6800K_kaspersky_2013_virus

 

 

・FM2プラットフォームのお買い得感が薄い

A4-5300の時にも書きましたが、FM2のマザーボードが最安でも5.000円以上、VRMにヒートシンクが付いたものならば7,000円以上は覚悟しなければならないので、もう少し安くて良いマザーが増えてきて欲しいなと感じます。

特にAMDのチップセットを搭載したマザーボードはIntel系のマザーに比べて値段の割にコンデンサー類がスカスカなものも多いですから。

 

 

 

GIGABYTE マザーボード AMD A85 FM2 ATX GA-F2A85X-D3H
日本ギガバイト (2012-11-19)
売り上げランキング: 7,147