東芝 IS12Tをドナドナしました


IS12T 白ロム – Amazo検索

保証付★超美品 au Windows Phone IS12T 白ロム携帯 – Amazon

IS12T 白ロム – 楽天検索

購入時に間違えて、シトラスとブラックの2色のIS12Tを購入していたので1台処分しました。

 

手放す前にX02T(WP7.5化済)のものと並べてみました。

DSC07769 DSC07768 DSC07766

Windows Phone 7.5は思った以上に中途半端な出来で、画面全体を生かしきれていないUIが目立ちました。

 

やはりソフトが少ないだけあってIME(キーボードソフト等)も選択肢がなく、現状IS12Tのプリインで入っているQWERTYキーボードを使っておりましたが、一番気になったのはレスポンスの悪さ。

 

キー押したあとに表示がトロトロしているような表現にしているせいか、イライラしました。

サクサク入力したいんです、私は。

 

変換精度については酷くはなかったですが、やはりAndroid版ATOKに比べると劣っており、WM6.5時代のような自由さは皆無でした。(WM6.5の時はIMEはATOK、キーボード(SIP)は個人作成のソフトと言う使い方出来ましたから、そういう点では神OSでした)

 

「入力」というものは何をするにも必要な機能であるので、こういった点は私にとっては致命的です。

なので購入して4日ほどで処分してしまいました…(´ρ` )

 

やはり現状はAndroid一本で行くしかなさそうです。