auのぷりペイドサービスがSoftBankに続き改悪、3月24日より手数料4,200円+契約時3,000円のプリカ購入必須に


auの「ぷりペイド」、新規契約手数料などを改定 ※PDF – au 公式プレスリリース

auの「ぷりペイド」、新規契約手数料などを改定 – ケータイWatch

【速報】SoftBankのプリモバイルが改悪、4月4日以降契約後1年以内に解約(MNPを含む)した場合9,975円の契約解除料金が必要に – Re;con-ReviewDays

SoftBankのプリペイドサービス「プリモバイル」の改悪に引き続き、auも「ぷりペイド」サービスの改悪を発表。

 

以下プレスリリース抜粋。

これまで無料だった新規契約時の契約事務手数料が、3月24日より4200円かかることになる。なお現在でもau ICカード非対応機を持ち込んで新規契約すると同額の手数料がかかる。また改定後は、新規契約時に3000円以上の「ぷりペイドカード」の購入が必須となる。

まとめるとぷりペイドサービスのSIM発行、回線開設手続きは”無料”でしたが、3月24日以降は4,200円とプリペイドカード3,000円分 計7,200円分が必要になることになります。

 

しかしそれでもSoftBankのプリモバイルの解約手数料9,975円(端末持込契約の場合プリカ3,000円別途必要) 計12,975円よりかはマシですけどね。

 

ケータイWatchの記事ではこう述べられています。

こうしたプリペイド契約をMNP(携帯電話番号ポータビリティ)に利用することで、MNP用の割引で、より安価に端末を購入できることがある。KDDIでは、そうした利用があるだろう、としつつ、今回の改定とは関わりはないと説明している。

確かに今までICカード対応(SIM)の端末だったら、持ち込みで無料(別途プリペイド1,000円必要)でプリペイド回線を作れていた事自体がおかしかった。

ある意味収益性のことを考えればこの事は必要だと納得することができます。

但しプリペイドカード3,000円必須というのは少々痛いですが。