GIADA GTX560Ti 1GB 適当なレビュー


GeForce GTX 560 Ti 1024MB PCI-Express 価格比較 – coneco.net

GIADA GTX560Ti – マスタードシード公式

クリスマス?

そんなもんベンチ回すためにあるに決まってんだろ!言わせんな恥ずかしい。

という訳でイヴ、クリスマスの日にベンチを回し、レビュー書いていた人がこちらになります。

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSC05370 DSC05372
付属品は比較的シンプル、出力の1つがmini-HDMIなのでmini-HDMI → HDMI変換ケーブルが付属。

<付属品一覧>
・Quick Installation Guide
・ドライバCD
・DVI→D-Sub変換コネクタ
・mini-HDMI → HDMI変換ケーブル
・PCIe補助電源6ピン×2 → 8ピン×1

 

 

 

外観及びスペック

DSC05374
StreamProcessor:384基
ROP数:32基
コアクロック:840MHz ※リファレンス:822MHz
シェーダークロック:1680MHz ※リファレンス:1644MHz
メモリクロック:4200MHz ※リファレンス:4000MHz
VRAM:GDDR5 1GB (128bit)
使用コア:GF114
製造プロセス:40nm
消費電力:170W
保証:2年

リファレンス基板のものよりクーラー変更、コア、メモリ、シェーダークロック等が少しですがOCされていることが分かります。

またGiadaの2年保証というのも嬉しいですね。
ただし保証書などは付属していなかったので、レシートが保証書替わりとなります。無くさないように気をつけてください。

 

 

 

出力ポート

DSC05385
左から

・Mini-HDMI
・DVI ×2

となっています。

Mini-HDMI → HDMi変換ケーブルが付属しているので実質HDMI ×1、DVI ×2と言った感じでしょうか。

 

 

 

GPUクーラー

DSC05387
クーラーは2スロット占有の内排気モデル。

クーラーを覆っている黒い部分はプラスチックではなく、アルミ。

見た目じゃ分からない高級感があって好感度が上がりました。

 

 

GPUファン

DSC05377

GPUファンは8cmの下側へ吹きつけるタイプ。

ファンのうるささは2つ目の動画をご覧ください。

電源を入れてからOSが起動するまでは少々うるさく、起動後は静かになるリファレンスの様なクーラーです。

オリジナルファンだからこそ、この挙動は何とかして欲しかった。

 

 

 

GPU接触面

DSC05472 DSC05395
GPU接触面は一部アルミ、ヒートパイプダイレクトタッチの部分は銅。

接触面は比較的広く、ヒートパイプは0.8mmとなっています。

 

 

分解

DSC05440
湾曲防止のバックプレートがネジ2個、GPUクーラー固定ネジが4個という簡素な止め方でした。

 

 

 

補助電源

DSC05402
補助電源はPCIe 8ピン×1のみ。

リファレンス基板の場合6ピン×2が普通ですが、こちらはオリジナル基板のため8ピン×1になっている模様。

供給電力は6ピンの場合75W、8ピンの場合150Wとの事で、ケーブル2本挿す必要がなくなり、供給電力は同じとなっています。

 

 

 

側面

DSC05397
側面には湾曲防止用のプレート有り。

こちらのプレートが無かった場合、マザーのレイアウト的にサイドフローのCPUクーラーと干渉してしまう場合があるので非常に助かります。

 

 

 

裏面

DSC05407
裏面にメモリなどは無し。

 

 

 

グラフィックメモリ

DSC05448
HynixのH5GQ1H24BFR-T2C」が表面に8枚(128MB×8枚)搭載されています。

このチップはELSA GLADIAC GTX 560 Ti miniにも採用されているもので5Gbps品となっている模様。

スペックの詳細が出ておらずその他のスペックは不明。

 

 

GPU-Z

giada_gtx560ti_gpu-z
Subvendorには特に何も記述が無いので、リファレンスのものと同じと考えても良いかも知れません。

 

 

検証環境

11.12.25_main_spec
DSC05431

 

 

 

 

3DMark06

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_06
3DMark Score:26081 (5870 2GB:23828)
SM2.0:10351 (5870 2GB:9638)
SM3.0:12197 (5870 2GB:11078)
CPU:7332

 

 

 

3DMark Vantage Perfomance

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_vantage_perfomance
3DMark Score:P19621 (5870 2GB:P20188)
GPU:18198 (5870 2GB:19028)
CPU Score:25636

 

 

 

3DMark Vantage Extreme

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_vantage_extreme
3DMark Score:X9473 (5870 2GB:X9527)
GPU Score:9167 (5870 2GB:9234)
CPU Score:25878

 

 

 

3DMark 11 Perfomance

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_3dmark11
左:GeForce GTX560Ti右:Radeon HD 5870 2GB
Score:P4710 (5870 2GB:P4538)

 

 

 

PCMark 7

 Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_pcmark07
左:GeForce GTX560Ti右:Radeon HD 5870 2GB
Score:4431 PCMarks (5870 2GB:3024)

 

 

 

CrystalMark2004 R3

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_crystalmark2004r3
Mark:309931 (5870 2GB:265137)
GDI:20875 (5870 2GB:19176)
D2D:18466 (5870 2GB:4462)
OGL:36983 (5870 2GB:46215)

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 低負荷

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_heven_low
FPS:36.8 FPS (5870 2GB:33.2 FPS)
Score:928 (5870 2GB:837)

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 高負荷

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_heven_high
FPS:18.7 FPS (5870 2GB:16.4 FPS)
Score: 471 (5870 2GB:413)

 

 

 

CINEBENCH RELEASE 11.5

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_cinebench11.5_cpu Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_cinebench11.5_opengl
OpenGL:56.52 FPS (5870 2GB:76.4)
CPU:7.43 pts

 

 

 

Perfomance Test 7.0

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_perfomancetest7.0
Score:3250.9 (5870 2GB:2400.5)

 

 

 

Windows 7 Experience Index

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_win7_experience_index
最大スコアー:7.8
プロセッサ:7.7
メモリ:7.7
グラフィックス:7.8 (5870 2GB:7.8)
ゲーム用グラフィックス:7.8
(5870 2GB:7.8)
プライマリHDD:7.6

 

 

 

FF XIVベンチ Low

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_ffxiv_low
Score:6569 (5870 2GB:6692)

 

 

 

FF XIVベンチ High

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_ffxiv_high
Score:4344 (5870 2GB:4750)

 

 

 

HD Bench

Core_i7_2600K_3.4GHz_GTX560Ti_hdbench
ALL:212311
Rectangle:63349 (5870 2GB:58800)
Text:8130 (5870 2GB:5539)
Ellipse:6270 (5870 2GB:5136)
BitBlt:141 (5870 2GB:189)
DirectDraw:59 (5870 2GB:59)

 

 

 

GPU温度

GTX560Ti_FurMark_koufuka
FurMark v1.9.0にてStability Testを約10分間行いました。

アイドル時:38度 (5870 2GB:52度)
最大温度:81度 (5870 2GB:78度)

冷却度的に普通と言った感じ。

4gamerのレビューでは高負荷時の温度より高くなっていますが、3DMark06の負荷時とFurMarkの負荷の差はかなり大きいので、実際高負荷を掛けた場合はこのぐらいの温度まで上がると考えておいたほうが良さそうです。

 

 

 

消費電力

アイドル時:74W (5870 2GB:101W)
OCCT時:339W (5870 2GB:440W)

 

 

 

◇まとめ

ベンチマークによって異なりますが、GTX 560Tiの最大のライバル、Radeon HD 5870 2GBとほぼ互角、それ以上のパフォーマンスを発揮していることが分かります。(Radeon HD 6xシリーズなんて無かった)

今回の比較対象としてRadeon HD 5870 2GB(EyeFinity)を用いたため、1GB版のものより消費電力が高くなっており、消費電力における比較は余り意味を成さないかも知れません。

現在GTX 560Tiが新品で1.5万円~2万円台で販売、Radeon HD 5870 1GBが中古で1.5万円程度で販売されているので十分対抗できる価格、パフォーマンスだと感じました。

ただし、Giadaのこちらの製品はファンのコントロールが残念な仕様になっているので、他のオリジナルクーラー搭載モデルをお勧めしたい所。

GeForce GTX 560 Ti 1024MB PCI-Express 価格比較 – coneco.net

GIADA GTX560Ti – マスタードシード公式