ARROWS Z (ISW11F)の防水について


富士通 ARROWS Z (ISW11F) 適当なレビュー – Re;con-ReviewDays

ISW11F (ARROWS Z)と入浴 – Re;con-ReviewDays

3日続けてお風呂で使って見ましたが、現状どこかが壊れたといったことはありません。

少々気づいた点を列挙していきたいと思います。

 

・タッチパネルは水中で操作不能

・水滴が多くタッチパネルに付着すると、誤動作を起こしやすい

・スピーカーが水に浸かると音が聞こえづらくなる。スピーカーは本体の奥深くにある為、外側のケースから息を吹きかけても本来の音に戻りづらい。(拭いてやると問題なし)

・風呂から上がった後は念入りに拭いてあげなければパッキンの劣化や、カビの発生、内部への水の侵入などが予想されるためタオルやティッシュで優しく拭く。

・スピーカー、ワンセグ部分は完全に水没するが、防水処理が施されているため特に問題はない。

・バッテリー周辺の防水パッキンのお陰で今のところ水が侵入した形跡はなし。

  DSC05304 DSC05307 DSC05316

・お風呂でマルチメディアプレイヤーとしては比較的優秀で音楽再生や、Youtube等で動画再生も問題なし。ただし置きづらいのが欠点。

・液晶保護シートを張り付けていた場合水に付けると張りが弱い部分から剥がれてくる危険性があるためキッチリと貼るか、剥がれても貼り直す覚悟が必要。

 

風呂上がった後にアフターケア(パッキン内への侵入確認、水滴を拭く)と言ったことをしなければならないのが億劫ですが、水没してからでは遅いので、毎回欠かさず行うようにしています。

内部への水滴の侵入のしない様なタイプでしたらアフターケアもほとんどする必要はないのですが、ワンセグアンテナや、内部スピーカー等の部分は平気で水が入ってしまうため注意が必要です。

また、アフターケアを行なっている際に拭いて濡れたタオル、ティッシュがバッテリーや本体に掛からないようにしなければならないのも注意しなければなりません。