2600Kを久々にOC


ワンズの深夜販売で手に入れた2600Kですが、その時4.8GHzぐらいまでOCしてからずーっと定格で使っていた仕舞っていたので、Maximus IV GENE-Zを購入したので回して見ることにしました。

ASUS Maximus IV GENE-Z

 

DSC03312 DSC03317

CPUは2600K、メモリはOCMEMORYのDDR3-2000の2GB×4(OCM32000CL9T-6GB)を使っています。

OCM32000CL9T-6GBはトリプルチャンネル向けですが、1枚買い足して4枚使用。

 

 

ケースはSST-TJ08B-Eを使ってます。

DSC03159 DSC03415

CPUクーラーはMegaShadow、GPUはクロシコのRadeon HD 5870(RH5870-E1GHW/HD/DP)に雪原2を取り付けています。

 

電源はENERMAXのEPG600AWTを使用。

 

 

 

2600K 4.8GHz 1.352V DDR3-1866 9-9-8-20-1T

Corei7_2600K_4.8GHz_Vcore_1.352V_9-9-8-20-1T_06 ocmemory_DDR3_1866_9-9-8-20-1T_1.65V_2GB×4_2600K_4.8GHz_SuperPi_MOD_1.5
CPU:Core i7-2600K 4.8GHz
Vcore:1.352V
LLC:100%
DRAM:DDR3-1866 2GB×4
CL:9-9-8-20-1T
Vddr:1.65V

 

 

 

2600K 5.0GHz 1.39V DDR3-1866 9-9-8-20-1T

Corei7_2600K_5.0GHz_Vcore_1.42V_9-9-8-20-1T_06 ocmemory_DDR3_1866_9-9-8-20-1T_1.65V_2GB×4_2600K_5.0GHz_SuperPi_MOD_1.5
CPU:Core i7-2600K 5.0GHz
Vcore:1.39V
LLC:100%
DRAM:DDR3-1866 2GB×4
CL:9-9-8-20-1T
Vddr:1.65V

 

 

 

2600K 5.0GHz 1.42V DDR3-1866 8-9-8-20-1T

Corei7_2600K_5.0GHz_Vcore_1.42V_8-9-8-20-1T_06 ocmemory_DDR3_1866_8-9-8-20-1T_1.65V_2GB×4_2600K_5.0GHz_SuperPi_MOD_1.5
CPU:Core i7-2600K 5.0GHz
Vcore:1.42V
LLC:100%
DRAM:DDR3-1866 2GB×4
CL:8-9-8-20-1T
Vddr:1.65V

 

 

 

2600K 5.0GHz 1.42V DDR3-1866 8-8-8-24-1T

Corei7_2600K_5.0GHz_Vcore_1.42V_8-8-8-24-1T_06 ocmemory_DDR3_1866_8-8-8-24-1T_1.65V_2GB×4_2600K_5.0GHz_SuperPi_MOD_1.5
CPU:Core i7-2600K 5.0GHz
Vcore:1.42V
LLC:100%
DRAM:DDR3-1866 2GB×4
CL:8-8-8-24-1T
Vddr:1.65V

 

 

 

2600K 5.0GHz 1.42V DDR3-1866 8-8-8-20-1T

Corei7_2600K_5.0GHz_Vcore_1.42V_8-8-8-20-1T_06 ocmemory_DDR3_1866_8-8-8-20-1T_1.65V_2GB×4_2600K_5.0GHz_SuperPi_MOD_1.5
CPU:Core i7-2600K 5.0GHz
Vcore:1.42V
LLC:100%
DRAM:DDR3-1866 2GB×4
CL:8-8-8-20-1T
Vddr:1.65V

 

 

うちの石的に4.8GHz~5.2GHzの間でVcoreの要求が一気に上がる感じです

3DMARK6やSuper Pi MODぐらいなら5.0GHzでもVcoreを1.4V程度で回すことも十分可能、ただしPrime回すと即死ですが。

 

Z68に最適化されていないELPIDAのBダイ使ってるメモリを4本も挿しているため、耐性的にも通常より悪くなっているかと。

後ウチ自信の腕も素人並みなので。

 

 

現在Primeを回して常用域を探っています。

結果は後日。

ASUS Maximus IV GENE-Z