X58搭載キューブ型ベアボーンが発売開始に


swx5811 swx5831 swx5851

ShuttleよりIntel X58を搭載するキューブ型ベアボーン「SX58H7」が発売開始となりました。

特徴はCore i7搭載可能なハイエンドチップセットX58を採用して置きながら、500Wの電源を搭載しCrossFire XやSLIに対応するという点ですね。

今までにはMicro-ATXのX58マザーボードは登場していましたが、キューブ型ベアボーンとしては初めての発売となります。

ドライブベイ数は5インチ×1、3.5インチ×2で拡張スロット数はPCI Express x16×2、DIMM×4(DDR3 1066/1333/1600、最大16GB)となっています。

小型のキューブ型ベアボーンにまさかのハイエンドのCore i7 + X58を詰め込むとは凄いですねぇ・・・

エルミタのレビューの方を見てみるとGTX260のような奥行きの長いグラボを使用した場合でも取り付けることは可能、しかしPCIEの補助電源の位置によっては取り付けられない場合もありと言う事で注意が必要そうですね。

価格は約6万円となっています。

SX58H7
SX58H7
最安価格 59798円 09.04.11