GC互換を廃止し薄くなった新デザインのWiiを年末発売


任天堂、新デザインのWii を年末発売へ。GC互換を廃止 – Engadget JP

image

イギリスで年末商戦向けにGC(Game Cube)の互換を廃止し、ソフト2本(Wii Sports、Wiiリモコンプラス、ヌンチャク)をバンドル、筐体を小型化されたものが発売される模様。

 

形状は現在の縦置きのデザインから横置きに変更されており、ゲームキューブの互換が廃止になっているとのこと。

 

過去の資産(ゲームキューブ)を捨ててまでもWiiを安くする価値はあるんでしょうか。

任天堂の場合現行のソフトより旧作のハードの方がソフトでは名作が多かったので個人的には売れなさそうと感じます。

 

Wii後継機のWii Uも2012年春以降となっている為なぜこのタイミング?と感じてしまいます。

もしやPSP-3000の廉価版のPSP-E1000の登場や、PS3の値下げなどが背景にあるのでしょうか。