Zotac Z68ITX-B-E 適当なレビュー


Mini-ITXなマザーにZ68を搭載し、さらにGeForce GT430 1GBをオンボードにしてしまったという超変態マザー、Z68ITX-B-Eのレビューとなります。

image

ZOTAC Z68ITX-B-E

[11.07.17]:投稿
[11.07.20]:ベンチマークスコア追記
[11.07.20]:消費電力の項目を追加
 

 

 

パッケージ及び付属品一覧

DSCF8100 DSCF8106
小さい箱の中によくこれだけ詰め込んだなぁ…と思わせる内容品の多さ。

<付属品一覧>
・SATA2ケーブル ×4本
・USB3.0×2ブラケット
・DVI→D-Sub変換コネクタ
・無線LAN用アンテナ ×2
・CPU用4ピン延長ケーブル
・I/Oパネル
・保証書
・Users Manual
・テクニカルサポートフォーム
・ドライバCD
・Quick Installation Guide
・Extended Warranty All Aegione

 

 

マザー概観

DSCF8111
ソケット:LGA1155
サイズ:Mini-ITX
チップセット:Intel Z68 Express
オンボード:GeForce GT430 1GB、無線LAN

その他仕様に関しては公式サイトをご覧ください。

 

 

電源/VRM

DSCF8121
4フェーズDrMOS搭載でリテールクーラーと干渉させないように背の低いフェーズが採用されています。
(おそらく残り2つはZ68かメモリ用)

VRM部分には小さいですがヒートシンクが取り付けられており、トップフローのクーラーで冷却される形。

 

 

 

CPU用電源

DSCF8134
CPU電源は4ピンのみ。

元々Mini-ITXですし、OCの必要性も殆ど無いと思うのでここは割りきって使うしかないです。

 

 

CPUソケット

DSCF8155
ソケットはLOTES製。

ロットなどによって変化することがあるので注意。

 

 

 

メモリスロット

DSCF8132
メモリはDDR3のSODIMMタイプが2本。

公式サイトではDDR3-1333、最大16GBまでとなっています。

メモリの固定は爪で固定するタイプなので固定しやすいです。

 

 

 

拡張スロット

DSCF8126 DSCF8150
拡張スロットはPCI Express*4(エッジフリー)のみとなっていますが、GT430がオンボードで搭載されているので特に問題はないと思います。

この他にもMini-PCI Express(無線LAN搭載済み)や、マザー裏面にmSATAのポートが存在します。(画像2枚目)

Mini-ITXの割には拡張出来る場所が多く特徴的。

 

 

 

USB3.0のブラケット

DSCF8134 DSCF8103
Z68ITX-B-EのUSB3.0チップは背面に2ポート、ケース向けに2ポートといった形になっています。

付属品の左下のUSB3.0 ×2ポートのブラケットを使ってやることでUSB 3.0×2ポートを増設することが可能。

また、ASUSのP8P67 DELUXEなどにも搭載されているUSB3.0→3.5インチを使えばケースの前面にUSB3.0を2ポート出すことも可能です。

 

 

 

I/Oパネル

DSCF8123
ちょっと複雑なのでリスト形式で。

・有線LAN
・USB3.0 ×2(VLi)
・無線LAN用アンテナ ×2
・USB2.0 ×2
・DisplayPort (GT430出力)
・HDMI (Intel HD2000 or HD3000出力)
・DVI (GT430出力)
・DVI (Intel HD2000 or HD3000出力)
・オンボードサウンド
・光端子

映像出力関係についてはGT430、Intel HDなのか分かりづらいので各自注意。
また、マニュアルに乗っている出力表を見てみると11番(HDMI)がDVIになっているという誤植があるのでさらに注意。

USB関連が合計4ポートしかないのはあまりにも少ないと感じました。

 

 

Hi-C CAP採用

DSCF8140
CPU周辺にはHi-C Cap(導電性高分子固体コンデンサ)が採用されています。

 

 

 

GeForce GT430をオンボードで搭載

DSCF8119 DSCF8127
通常ではPCI Expressを通してグラフィックカードを搭載しますが、Mini-ITXの場合拡張スロットは1つしかなく、グラフィック用に割り当ててしまうとその他のカードは挿せなくなります。

しかし、GT430をマザーにオンボードさせることでZ68ITX-B-Eは拡張カードを1つ挿せるようにしたという素晴らしいマザーです。

GT430のクーラーはファンレスは厳しかったみたいで4ピン接続のファンを搭載。
静音度は比較的高く、ファンは静かです。

 

 

 

SATAポート

DSCF8129
SATAポートはGT430のヒートシンクの右下に配置されています。

BIOSやPower ON用のピンヘッダ、ATX24ピンなどが密集している部分にあるのでラッチ付きのSATAケーブルを使った場合外しづらいです。

出来れば片ラッチタイプのケーブルの使用をおすすめします。

 

 

マザー裏面

DSCF8152
マザー裏面にはGT430のVRAMが搭載されており、この他にもZ68で利用出来るSRT用のm-SATAコネクタを搭載。

Mini-ITXとは思えない拡張度です。

 

 

 

 

搭載チップ関連

DSCF8136 DSCF8138 DSCF8146 DSCF8142 DSCF8148
・VIA VLi VL800-Q8:USB3.0 Hubチップ。I/O向けに2ポート、内部のUSB 3.0端子に2ポート供給。
・Realtek ALC892:オンボードサウンド
・nuvoTon NCT55770:スーパーIOチップ
・Realtek RTL8111E:Gigabit Ethernet
・Samsung K4W1G1646E-HC12:GT430用128bit GDDR3 1GB

 

 

 

クーラー取り付け時のメモリに関して

DSCF8169 DSCF8170
PROLIMA TECH Samuel 17とUMAX製のSODIMMメモリDCSoDDR3-8GB-1333を用いています。

メモリの高さは比較的余裕があり、容易ではありませんが外すことは可能。

ただしCPUに一番近いスロットはSamuel 17に干渉してしまうので、メモリを引き抜く際は斜めに抜かなければなりません。

 

 

 

CPUクーラーとGT430のヒートシンクの干渉について

DSCF8159 DSCF8164
PROLIMA TECH Samuel 17を取り付けた状態。

Samuel 17のヒートパイプがギリギリGT430のヒートシンクに当たらぬようになっています。

背の低いCPUクーラーの多くはヒートパイプが出っ張っているものが多いので、設置時はヒートパイプの向きを変えたりする必要がありそうです。

[11.07.21 追記]

※こちらの件について同じ境遇の方が居られましたので記事を紹介させていただきます。

私はZ68ITX-B-EをLianliのPC-V354で組んだのですが、どうやらLianli系のケースは電源を入れた際にGNDを設置させるタイプのもので動作に支障が出る模様。

AINEXのスイッチキットを導入することで解決したそうですが、ウチはcomon製のスイッチを持っていたので接続しテスト…しかし状態は一切かわらず。

どうやらケースのスイッチによるGNDの問題ではない?みたいで…良く分かりません。

現状は電源を挿すと勝手に電源が入ってしまいますが、立ち上げてシャットダウン → 次からスイッチが効くという謎状態なので暫く様子見をしようかと。

 

 

 

スリープ復帰後GT430のファンが100%で回転し続ける

Windows 7でスリープに入れるとGT430のファンが100%に近い回転数で回ります。

動画中に撮影しておりますがアイドル時は約3300RPMで回転スリープ復帰後は約5000RPMで回転していることがわかります。

おそらくBIOSのファン調整が上手くいってないと思うので今後のBIOSの更新で直ることを期待したいです。

ちなみに再現度は100%。

 

 

 

スリープ後Dドライブがドライブを見失うことがある

スリープ復帰後、データ用のドライブにしているDドライブが認識されなくなっていることがありました。

頻度的には20回起動で2回ほどだったのでそこまでは多くない感じです。

ただHDDがが壊れかかっているのかも知れないし、相性が出ているのかも知れないのでなんとも言えません。

 

 

 

電源のPOWERボタンを入れると勝手に電源が入る

DSCF8385

普通でしたら電源のPOWERスイッチを入れてからマザーが通電、ケースのPOWERスイッチをスイッチで電源が入るといった過程で電源が入りますが、Z68ITX-B-Eは電源のPOWERスイッチを入れた時点で勝手に電源が入ります。

もちろんケースのPOWERスイッチのピンは挿していないです。

通常でしたらショートを疑うべきですが、マザーを静電気防止の袋の上に載せ検証してみたところやはり電源のPOWERスイッチをいれるだけで電源が入っていたので仕様なんでしょうかね。

それかうちの個体が初期不良か。

 

 

 

検証環境

11.07.15_main_spec
DSCF8386

 

 


 

 

3DMark06

01_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_3dmark06
3DMark Score:7636
SM2.0:3363
SM3.0:2920
CPU:2641

 

 

 

3DMark Vantage Perfomance

02_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_vantage_perfomance
3DMark Score:P4570
GPU:3659
CPU Score:18052

 

 

 

3DMark Vantage Extreme

03_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_vantage_extreme
3DMark Score:X1845
GPU Score:1761
CPU Score:18377

 

 

 

3DMark 11 Perfomance

04_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_3dmark11
Score:P1078

 

 

 

PCMark 7

05_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_pcmark7
Score:2998 PCMarks

 

 

 

CrystalMark2004 R3

06_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_crystalmark2004r3
Mark:1472897
GDI:14747
D2D:9884
OGL:30836

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 低負荷

07_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_heven_high
FPS:3.8 FPS
Score:96

 

 

 

Heaven BenchMark Ver2.5 高負荷

08_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_heven_low
FPS:16.4 FPS
Score: 413

 

 

 

◇CINEBENCH RELEASE 11.5

09_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_cinebench11.5_GPU 09_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_cinebench11.5_CPU
OpenGL:24.86 FPS
CPU:1.97 pts

 

 

 

◇Perfomance Test 7.0

10_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_perfomancetest7.0
Score:2400.5

 

 

 

◇Windows 7 Experience Index

12_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_wei
最大スコアー:7.7
プロセッサ:6.4
メモリ:7.7
グラフィックス:6.6
ゲーム用グラフィックス:6.6
プライマリHDD:7.7

 

 

 

◇FF XIVベンチ Low

13_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_ffxiv_low
Score:1919

 

 

 

◇FF XIVベンチ High

14_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_ffxiv_high
Score:984

 

 

 

◇HDBENCH

11_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_hdbench
ALL:145398
Rectangle:39172
Text:71200
Ellipse:3537
BitBlt:66
DirectDraw:59

 

 

 

◇Sandra 2011 グラフィックスレンダリング

14_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_sandra2011_graphics_rendaring
総合シェーダーパフォーマンス:49.32Mピクセル/秒
ネイティブ浮動小数点シェーダー:121.62Mピクセル/秒
ネイティブダブルシェーダー:20Mピクセル/秒

 

 

 

◇Sandra 2011 グラフィックスメモリ

14_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_sandra2011_fraphics_memory
総合的なメモリのパフォーマンス:10.11GB/秒
内部メモリ帯域:20.3GB/秒
データ転送帯域:5GB/秒

 

 

 

GPU温度

15_PentiumG620_2.6GHz_GT430_on_Furmark_stabilitytest
FurMark 1.8.8にてStability Test(FullScreen/AA2倍)を約10分間行いました。

最大温度:70度
アイドル時:55度

負荷時でもファンスピードは殆ど変わらず、ケースの中に入れていると騒音が漏れてくるといったことはありませんでした。

 

 

 

消費電力

Intel HD 2000 アイドル時:39W
Intel HD 2000  高負荷時:70W
GeForce GT 430 アイドル時:38W
GeForce GT 430  高負荷時:80W
Lucid社のVirtuを使ってCPU内蔵グラフィックとディスクリートGPU(GT430)を切り替え消費電力の計測を行いました。

結果的にIntel HD 2000 とGT430の消費電力の差はアイドル時でも1W高負荷時でも10Wと非常に小さな幅となりました。

予想していたより差はなく、これだとGT 430を使っていたほうがいいのでは?と感じました。

またIntel HD 2000 の状態で利用していた場合、Win 7のAero表示でウインドウを多く開くと描画が遅くなるといった症状が発生していたので、そういった意味でもGT430の方が快適に使うのなら10W差ぐらい我慢してもいいのでは?と感じました。

 

 

◇総評

スリープ時の不具合やPOWERスイッチ関連の不具合が目立ちましたが、久しぶりにいい買い物をした!と思えるマザーです。

私はPentium G620と組み合わせて利用しておりますが、アイドル時が39W、高負荷時でも80Wという大幅な消費電力の低減ができました。

代わりに並列処理が2C2Tのお陰で弱くなりましたが、動画やネットサーフィンをする程度でしたら困ることは全くありません。

 

ゲームしないときはHD2000を利用して消費電力を低減、ゲームしたいときはGT430を使って快適に遊ぶ そういった使い方をする方にはおすすめですね。

Mini-ITXなので非常に小さく組めますし、余ったPCI Express*4スロットはサウンドカードかTVチューナーを挿してやれば困ることはないと思います。

「小さく、ハイエンドに…」といった要望を満たしてくれるマザーなので今後こういったマザーが増えてくることを祈りたいです。

image

ZOTAC Z68ITX-B-E