Marvell 9128(Marvell 88SE9128-NAA2) はSATA3のSSDの速度を生かせるのか


X58マザーや、P55マザーに多く採用されているMarvell 9128(Marvell 88SE9128-NAA2)のチップですが、実際にSATA3対応のVertex 3 240GBを用いてSATA 3.0の速度を生かすことが出来るのか検証してみました。

 

尚、今回の検証で利用するマザーボードはASUS「Rampage III GENE」のMarvell 9128を使用します。

 

検証環境

2011.05.30_main_spec
Vertex 3 240GB以外は全てICH10Rへと繋いでいます。

 

 

Cドライブ WesternDigital WD3200AAKS-00B3A

CrystalDiskMark 3.0.1 x64 0Fill 100MB/1000MB

WD_WD3200AAKS-00B3A_CrystalDiskMark_100MB_0FIll WD_WD3200AAKS-00B3A_CrystalDiskMark_1000MB_0FIll

CrystalMark2004R3 128MB

WD_WD3200AAKS-00B3A_CrystalMark2004r3_128MB

ATTO Disk Benchmark v2.46 256MB ForceWriteAccess OFF/ON

WD_WD3200AAKS-00B3A_ATTO WD_WD3200AAKS-00B3A_ATTO_forcewriteaccess

HD Tune Pro Read/Write 64KB

WD_WD3200AAKS-00B3A_HDTunePro4.60_Read
※ブートドライブにしている為Writeに関しては検証できず。
ブート用のドライブとして利用しているため各ベンチマークで安定したスコアーなどが出ていない場合があります。

 

 

Fドライブ Corsair F80 80GB (CSSD-F80GB2-BRKT-A)

CrystalDiskMark 3.0.1 x64 0Fill 100MB/1000MB

Corsair_CSSD-F80GB2_CrystalDiskMark_100MB_0Fill Corsair_CSSD-F80GB2_CrystalDiskMark_1000MB_0Fill

CrystalMark2004R3 128MB

Corsair_CSSD-F80GB2_CrystalMark2004r3_128MB

ATTO Disk Benchmark v2.46 256MB ForceWriteAccess OFF/ON

Corsair_CSSD-F80GB2_ATTO Corsair_CSSD-F80GB2_ATTO_forcewriteaccess

HD Tune Pro Read/Write 64KB

Corsair_CSSD-F80GB2_HDTunePro4.60_Read Corsair_CSSD-F80GB2_HDTunePro4.60_Write

相変わらずCorsairのF80は気性が荒く(ベンチで不安定)、HD Tune Proでは検証するたびにスコアーが変わります。

 

 

Gドライブ Intel X25-M Mainstream 80GB(SSDSA2MH080G2C1)

CrystalDiskMark 3.0.1 x64 0Fill 100MB/1000MB

Intel_80GB_Gen2_CrystalDiskMark_100MB_0Fill Intel_80GB_Gen2_CrystalDiskMark_1000MB_0Fill

CrystalMark2004R3 128MB

Intel_80GB_Gen2_CrystalMark2004r3_128MB

ATTO Disk Benchmark v2.46 256MB ForceWriteAccess OFF/ON

Intel_80GB_Gen2_ATTO Intel_80GB_Gen2_ATTO_forcewriteaccess

HD Tune Pro Read/Write 64KB

Intel_80GB_Gen2_HDTunePro4.60_Read Intel_80GB_Gen2_HDTunePro4.60_Write

やはりIntelのSSDはHD Tune Proでは比較的安定したスコアー、波形を出してきます。

 

 

Hドライブ OCZ Vertex 3 240GB (VTX3-25SAT3-240G)

CrystalDiskMark 3.0.1 x64 0Fill 100MB/1000MB

OCZ_Vertex3_240GB_CrystalDiskMark_100MB_0Fill OCZ_Vertex3_240GB_CrystalDiskMark_1000MB_0Fill

CrystalMark2004R3 128MB

OCZ_Vertex3_240GB_CrystalMark2004r3_128MB

ATTO Disk Benchmark v2.46 256MB ForceWriteAccess OFF/ON

OCZ_Vertex3_240GB_ATTO OCZ_Vertex3_240GB_ATTO_forcewriteaccess

HD Tune Pro Read/Write 64KB

OCZ_Vertex3_240GB_HDTunePro4.60_Read OCZ_Vertex3_240GB_HDTunePro4.60_Write

CorsairのSF-1222のF80よりかなり安定したスコアーを出してきます。
特にHD Tune Proでは波形がかなり安定しており、数値的にもIntelより安定しているような気がします。

 

◇まとめ

SATA2(ICH10R)を繋いだ3つのドライブの結果もついでに乗っけてみましたが、乗っけたせいで余計にわかりづらくなった感。

ssd_betu_benchmark_score_hikakuhyou

Vertex 3 240GBのスコアーのみ太字の赤にしています。
※Vertex 3 240GB 最大Read:550MB/s、最大Write:525MB/s

 

結論から言いますとMarvell 9128のSATA 3チップではVertex 3の性能を全く生かせてない事がわかりました。

これはMarvell 9128のチップがX58にPCI Express*1接続されている為、帯域不足による頭打ちになっているようです。

先日U3S6のレビューの時にも書きましたが、現状Marvellの外部チップを用いたSATA3対応を謡う「Marvell 9128、9123、9120」といったチップは内部接続が全てPCI Express*1ですのでSATA3のSSDのを使用する場合は帯域不足で性能低下が起こります。

SATA2で使うよりかはマシ…といえばマシですが、シーケンシャルリードが100MB/s以上低下、シーケンシャルライトも100MB/s以上低下と酷いスコアーです。

ベンチマークによっては0Fillが効かないためスコアーが低めに出てしまっているものもありますが、基本的にATTOを基準に見て頂ければ分かりやすいかと…。

 

X58や、P55などのPCでSATA3のSSDのを完全に生かすためにはSATA3対応のRAIDカードが必要そうです。


  • がんこ

    大変参考になるレビューありがとうございます
    Marvell 88SE9128がご指摘のように
    >これはMarvell 9128のチップがX58にPCI Express*1接続されている為、帯域不足による頭打ちになっているようです。

    この影響は大きいですね
    Marvell 88SE9182だとVTX3MI-25SAT3-120Gの性能も生かせました
    半端な接続ですがx2のようです。

  • admin

    >>がんこさん
    初めまして、コメント有難うございます。
    Marvell 88SE9182と言いますとGIGAのG1シリーズやX58-OCに搭載されているものでしょうか?

    プレスリリース時からPCI Express*2接続と聞いていたので気になってはいたのですが、やはりPCIE*2接続だったんですね。

    少し前からVertex3の性能を生かすためにU3S6を買ったり、RAIDカードを買ったり色々試しましたが相性や帯域不足が原因で正しくスコアーを取ることが出来なかったので購入を検討してみます。

    情報ありがとうございます~< (_ _)>

  • がんこ

    ハイ(^-^) 9128が搭載されてるマザーは
    ASUSのRampage III Black EditionとGIGABYTEのG1 Killerシリーズです
    私はG1.GuerrillaをチョイスしましたがVTX3MI-25SAT3-120Gで空の状態で代理店サイトとほぼ同じスコアが出ました。

    • admin

      R3BもMarvell 9182を搭載していたんですね。
      ただしお値段ガガガ><

      PCIE*2になるとパフォーマンスがきっちり出るのはいいですね。
      報告ありがとうございます< (_ _)>