富士通 Windows 7携帯 F-07Cのエクスペリエンスインデックススコアーが判明


SymbianとWindows 7のデュアルブートが可能な「携帯」・・・F-07CですがWindows 7 Experience Indexのスコアーが公表されました。

エクスペリエンスインデックスの計測に20分程度必要だったらしいですがスコアーは以下のとおり。

プロセッサ:1.1
メモリ(RAM):2.6
グラフィックス:2.9
ゲーム用グラフィックス:2.4
プライマリハードディスク:4.6

※Windows 7で快適利用するためにはAllスコアー3以上が推奨。

 

プロセッサについてはAtom Z600(1.2GHz/HT)を積んでいますが、バッテリーなどの仕様上からクロックが50%に制限されており600MHz駆動になっているせいか、かなり低め。

CPUのエクスペリエンスインデックスが1.1となるとVIAのC7-M 1.2GHz、Pentium III辺りになってきます。

 

RAMについてはLP DDR2の1GBを搭載しているそうですが、Windows 7で1GBは明らかに足りない。
2GBでやっとという感じなのに…orz

Acerのネットブックで1GB、Win7 Starterを使っていましたが何をするにも遅く、腹が立ちました><

 

グラフィックについてはAtom Z600に統合されているGMA600でアーキテクチャがPower VR系のもので720pの再生支援にも対応していますが、GMA500があまりにもドライバがお粗末でしたので、パフォーマンスについては期待しないほうが良さそうです。(恐らく32nmのMedfieldでまともになるんじゃないかなぁと)

 

VAIO Pと比較するとこんな感じ。

VAIO P Gen2(AtomZ530 1.6GHz/2GB/GMA500 200MHz):グラフィックス:4.5ゲーム用:2.5
LOOX F-07C(AtomZ600 600MHz/1GB/GMA600 400MHz):グラフィックスが2.9ゲーム用:2.4

あら、GMA600でクロックが400MHzになっているにも関わらずこのスコアー・・・?
恐らく省電力設定でGPUクロック落ちてるんですよね! うん、きっとそうだ・・・きっとそうに違いない><

 

HDDについてはeMMCのSSD 32GBを基板実装らしいのでだいたいそれなりのスコアーが出ていますね。

一応リカバリ領域も存在しているみたいで「Windows 7がぶっ壊れても修復は可能」とのこと。

ただし電話帳やユーザー領域についてはあぼーんだとか。

 

OSによる機能制限についてまとめると以下の通り。

Windows 7モード:アウトカメラ(500万画素)使用不可、インカメラは32万→17万画素へ、赤外線使用不可、Bluetooth使用不可、GPU使用不可

Symbianモード:無線LAN利用不可

詳しくはこちらで。

機能制限さえなければ絶対に売れると思うんですが・・・。