Corsair CSSD-F80GB2-BRKT-A 適当なレビュー


株式会社リンクスインターナショナルが主催のCSSD-F80GB2-BRKT-A Twitterレビュープレゼントキャンペーンに当選いたしましたのでレビューを書かせていただきます。

image
Force 80GB (CSSD-F80GB2-BRKT-A)

 

 

パッケージ及び付属品

DSCF6188 DSCF6189 DSCF6192
パッケージは非常に小さく、梱包なども必要最小限のエコパッケージ。

<付属品一覧>
・SSD本体
・2.5インチ→3.5インチ変換アダプタ
・SSD固定用ネジ ×4本
・2.5インチ→3.5インチアダプタ固定用ネジ ×4

Kingston社製のパッケージ品とは違い、ドライバCDやSATAケーブルなどは付属しません。

 

 

スペック

容量:80GB
形状:2.5インチ(3.5インチ変換アダプタで3.5インチ化可能)
フラッシュメモリ:Micron製 25nm MLC NAND(29F64G08CBAAA)
搭載コントローラー:SandForce 1200(SF-1222TA3-SBH)
TRIM:Windows7のみ対応
最大読み込み:280MB/s
最大書き込み:270MB/s
保証:リンクスによる代理店保証3年
公式サイト:http://www.links.co.jp/items/corsair-ssd/cssdf80gb2brkta.html

 

 

 

 

SSD概観

DSCF6198
特筆した点はありませんが、Rev.AAとなっているのが気になる所。
ファームウェアアップデートなどでリビジョンが変わるんでしょうか?

 

 

 

 

裏面

DSCF6200 DSCF6210
裏面には剥がしたら保証が吹っ飛ぶシールが付いており、殻割するには保証を飛ばす必要があり。
ネジは通常の小さいねじですので外そうと思えば外すことは可能。表面とは違い、裏面はピアノコーティングがされており美しいです。
欲を言えば表面もこのデザインにして欲しかったですね。

 

 

 

SATA2接続

DSCF6207
CSSD-F80GB2-BRKT-Aは最大R280MB/s、最大W270MB/sと言う現行SSDの中でも5本の指に入る速さを誇っておりますが、接続はSATA2となっています。RAID0を組めばSATA2の最大300MB/sを超えると言う事になりますが、基本的に1台のみでしたらSATA2で十分でしょう。

 

 

 

2.5→3.5インチ変換アダプタ

DSCF6194
2.5→3.5インチ変換アダプタはアルミ製でCorsairのロゴ入り。

 

 

 

CrystalDiskInfo

corsair_CSSD-F80GB2-A_Crystaldiskinfo
TRIMにしっかり対応しており、使用時間や電源投入回数もある程度認識出来ている模様。ファームウェアは2.1aとなっており今後アップデートされるのでしょうか。

 

 

◇ベンチマーク

今回はCrystal Disk Mark 3.01 x64CrystalMark2004R3 0.9.126.452ATTO Disk Benchmark v2.46を使用して以下環境で検証しています。

CrystalDiskMark 3.0 x64 50MB ※Default

Corsair_CSSD-F80GB2-A_50MB_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] Sequential Read :   178.445 MB/s
Sequential Write :    58.561 MB/s
Random Read 512KB :   172.297 MB/s
Random Write 512KB :    58.532 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    23.382 MB/s [  5708.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    53.804 MB/s [ 13135.7 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   113.643 MB/s [ 27744.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :    58.414 MB/s [ 14261.3 IOPS]

Test : 50 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5)
Date : 2011/04/02 16:16:05
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 50MB

※CrystalDiskMarkはデフォルトの設定の場合「0Fill」で検証出来ていないため後の項目で検証しています。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 100MB ※Default

Corsair_CSSD-F80GB2-A_100MB_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]Sequential Read :   178.357 MB/s
Sequential Write :    47.652 MB/s
Random Read 512KB :   171.557 MB/s
Random Write 512KB :    40.401 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    22.827 MB/s [  5573.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    40.253 MB/s [  9827.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   120.984 MB/s [ 29537.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :    40.097 MB/s [  9789.4 IOPS]

Test : 100 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5)
Date : 2011/04/02 17:18:33
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 100MB

※CrystalDiskMarkはデフォルトの設定の場合「0Fill」で検証出来ていないため後の項目で検証しています。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 500MB ※Default

Corsair_CSSD-F80GB2-A_500MB_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] Sequential Read :   171.841 MB/s
Sequential Write :    38.627 MB/s
Random Read 512KB :   166.248 MB/s
Random Write 512KB :    37.407 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    18.223 MB/s [  4448.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    40.559 MB/s [  9902.1 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :    90.919 MB/s [ 22197.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :    40.579 MB/s [  9906.9 IOPS]

Test : 500 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5)
Date : 2011/04/02 17:28:49
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 500MB

※CrystalDiskMarkはデフォルトの設定の場合「0Fill」で検証出来ていないため後の項目で検証しています。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 1000MB ※Default

Corsair_CSSD-F80GB2-A_1000MB_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]Sequential Read :   169.892 MB/s
Sequential Write :    37.444 MB/s
Random Read 512KB :   163.677 MB/s
Random Write 512KB :    40.089 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    16.921 MB/s [  4131.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    40.442 MB/s [  9873.6 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :    80.381 MB/s [ 19624.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :    38.584 MB/s [  9419.9 IOPS]

Test : 1000 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5)
Date : 2011/04/02 17:37:49
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 1000MB

※CrystalDiskMarkはデフォルトの設定の場合「0Fill」で検証出来ていないため後の項目で検証しています。

 

 

赤文字で書いていましたが、CrystalDiskMarkはデフォルトの設定の場合「0Fill」や「1Fill」で検証はされないためスコアーが大幅に下がっていることがわかります。

 

ですのでCrystalDiskMarkのファイル→テストデータ→All 0x00 (0 Fill)に設定してやりましょう。

crystaldiskmark_0fill_config

 

では次に0Fillに設定したCrystalDiskMarkのスコアーを見ていきます。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 50MB 0Fill

Corsair_CSSD-F80GB2-A_50MB_0Fill_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] Sequential Read :   271.037 MB/s
Sequential Write :   257.172 MB/s
Random Read 512KB :   259.488 MB/s
Random Write 512KB :   254.179 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    28.048 MB/s [  6847.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    59.291 MB/s [ 14475.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   156.951 MB/s [ 38318.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :   204.809 MB/s [ 50002.2 IOPS]

Test : 50 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5) <All 0x00, 0Fill>
Date : 2011/04/02 17:49:55
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 50MB 0Fill

0Fillに設定したことで最大Read280MB/s、最大Write:270MB/sに近いスコアーが出ていることがわかります。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 100MB ※0Fill

Corsair_CSSD-F80GB2-A_100MB_0Fill_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] Sequential Read :   269.817 MB/s
Sequential Write :   257.593 MB/s
Random Read 512KB :   260.310 MB/s
Random Write 512KB :   254.899 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    27.751 MB/s [  6775.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    57.964 MB/s [ 14151.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   158.156 MB/s [ 38612.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :   203.103 MB/s [ 49585.6 IOPS]

Test : 100 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5) <All 0x00, 0Fill>
Date : 2011/04/02 18:02:58
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 100MB 0Fill

0Fillに設定したことで最大Read280MB/s、最大Write:270MB/sに近いスコアーが出ていることがわかります。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 500MB ※0Fill

Corsair_CSSD-F80GB2-A_500MB_0Fill_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] Sequential Read :   267.665 MB/s
Sequential Write :   259.164 MB/s
Random Read 512KB :   255.369 MB/s
Random Write 512KB :   252.145 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    21.137 MB/s [  5160.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    58.458 MB/s [ 14271.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   111.836 MB/s [ 27303.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :   204.194 MB/s [ 49852.2 IOPS]

Test : 500 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5) <All 0x00, 0Fill>
Date : 2011/04/02 18:11:10
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 500MB 0Fill

0Fillに設定したことで最大Read280MB/s、最大Write:270MB/sに近いスコアーが出ていることがわかります。

 

 

 

CrystalDiskMark 3.0 x64 1000MB ※0Fill

Corsair_CSSD-F80GB2-A_1000MB_0Fill_CDM
———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]Sequential Read :   263.494 MB/s
Sequential Write :   255.969 MB/s
Random Read 512KB :   252.732 MB/s
Random Write 512KB :   251.281 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    19.480 MB/s [  4755.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    59.855 MB/s [ 14613.1 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   106.413 MB/s [ 25979.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :   203.269 MB/s [ 49626.3 IOPS]

Test : 1000 MB [F: 0.1% (0.1/74.4 GB)] (x5) <All 0x00, 0Fill>
Date : 2011/04/02 18:18:52
OS : Windows 7 Ultimate Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Corsair CSSD-F80GB2-A 80GB 1000MB 0Fill

0Fillに設定したことで最大Read280MB/s、最大Write:270MB/sに近いスコアーが出ていることがわかります。

 

 

 

CrystalDiskMark まとめ

Corsair_CSSD-F80GB2-A_Default_matome Corsair_CSSD-F80GB2-A_0FILL_matome
左がDefault右が0FILL
ひたすら画像を並べるだけではわかりづらいのでDefaultと0FILL設定の画像を並べてみました。Default設定と0Fill設定でスコアーにかなりの開きが出ており、ほぼ正常なスコアーが出ている事が確認できます。SandForceでは圧縮したデーターの転送速度で最大、最小のスコアーを表示しているらしいのでSandForce系のコントローラーを採用するSSDの場合忘れずにCrystalDiskMarkの設定画面から「0Fill」の設定を行いましょう。

 

 

続いてCrystalMark2004R3 0.9.126.452へ。

 

CrystalMark2004R3 0.9.126.452 128MB

Corsair_CSSD-F80GB2-A_128MB_CM2004R3
[ HDD ]             37303
Read :  258.01 MB/s (  6580)
Write :  246.41 MB/s (  6464)
RandomRead512K :  245.64 MB/s (  6456)
RandomWrite512K :  242.96 MB/s (  6429)
RandomRead 64K :  167.63 MB/s (  5352)
RandomWrite 64K :  202.24 MB/s (  6022)

 

 

 

CrystalMark2004R3 0.9.126.452 256MB

Corsair_CSSD-F80GB2-A_256MB_CM2004R3
[ HDD ]             37073
Read :  257.59 MB/s (  6575)
Write :  247.26 MB/s (  6472)
RandomRead512K :  246.78 MB/s (  6467)
RandomWrite512K :  240.62 MB/s (  6406)
RandomRead 64K :  157.59 MB/s (  5151)
RandomWrite 64K :  200.23 MB/s (  6002)

 

 

 

CrystalMark2004R3 0.9.126.452 512MB

Corsair_CSSD-F80GB2-A_512MB_CM2004R3
[ HDD ]             36758
Read :  250.42 MB/s (  6504)
Write :  247.92 MB/s (  6479)
RandomRead512K :  241.68 MB/s (  6416)
RandomWrite512K :  241.99 MB/s (  6419)
RandomRead 64K :  144.86 MB/s (  4897)
RandomWrite 64K :  204.32 MB/s (  6043)

 

 

 

CrystalMark2004R3 0.9.126.452 1024MB

Corsair_CSSD-F80GB2-A_1024MB_CM2004R3
[ HDD ]             36603
Read :  250.60 MB/s (  6506)
Write :  247.95 MB/s (  6479)
RandomRead512K :  238.67 MB/s (  6386)
RandomWrite512K :  243.37 MB/s (  6433)
RandomRead 64K :  138.15 MB/s (  4763)
RandomWrite 64K :  203.69 MB/s (  6036)

 

 

CrystalMark 2004 R3 まとめ

Corsair_CSSD-F80GB2-A_crystalmark2004r3_matome
ひたすら画像を並べるだけではわかりづらいので128MB~1024MBのベンチ結果をまとめました。CrystalMark2004 R3ではどう言った計測方法が用いられているのかは不明ですが、少なくともCrystalDiskMarkのDefault設定以上よりかは速度が出ているようです。ただしスペック通り出ているか?と言いますと出ていない模様ですので余り当てには出来なさそうです。

 

 

 

続いてATTO Disk Benchmark v2.46へと参ります。

 

ATTO Disk Benchmark v2.46

Corsair_CSSD-F80GB2-A_256MB_matome_ATTO
ATTO Disk Benchmark v2.46ではデフォルトで「0Fill」でベンチマークが行われており、最大Read280MB/s、最大Write:270MB/s に近いスコアーはしっかり出ていることが確認できます。あえてForce Write Access ON/OFF別々に検証してみましたが、SandForceではスコアーに大きな影響は与えない模様です。

IntelのSSDではForce Write Access ONの方がスコアーが高いと言う結果が多かったのですが・・・これもまた搭載コントローラーの特性なのでしょう。

 

 

 

Intel X25-M Gen2と速度比較

SSD_SandForce1200_X25-M_crystaldiskmark_hikaku
sandforce1200_X25-m__crystalmark2004r3
sandforce1200_x25-m_atto_matome
一々結果を貼っていくわけにはいかないのでまとめてみました。
CrystalDiskMarkでは0Fillで検証しているためシーケンシャルリードではCSSD-F80GB2-BRKT-AX25-M Gen2双方互角に近いスコアーです。
しかしライトになるとX25-M Gen2は最大書き込みが80MB/sとなっている為CSSD-F80GB2-BRKT-Aの270MB/sには適うはずもありません。

 

 

 

 

 

◇考察

SandForceの特性上「0Fill」の圧縮可能なデーターで圧縮された場合のみしか最大読み込み280MB/s、最大書き込み270MB/s出ないらしいので初めてCrystalDiskMarkを回したときのスコアーの低さには驚きました。

再設定が必要という点は注意しなければなりません。

 

最大のライバルとなるX25-M Gen2には書き込み速度にてアドバンテージを保持しており価格差も約3000円程度と非常に小さい。

もちろん書き込み速度が体感に関わると言ったことは無いので差は感じにくいでしょうがたった3000円で書き込み速度が3倍以上になるのならば選択肢の一つとして十分だと思います。

 

 

 

Jmicron製のコントローラーであったプチフリーズもSandForceでは一切感じず、CrucialのReal SSDで発生している突っかかりといったものも一切ありません。

X25-Mと同様に「安定して使えるSSD」だと感じました。

image
Force 80GB (CSSD-F80GB2-BRKT-A)