Windows7&IE9杯 へ参戦! 自作の祭典2010 ゲームPC部門


■応募部門

ゲームPC部門

■エントリースペック

11.01.10_Sub_spec

 

■使用OS

Windows 7 Ultimate 64bit

 

■CPU-Z

Corei7_2600K_4.5GHz_5970_cpu-z

 

 

■ロストプラネット2ベンチマーク

LP2DX11 2011-01-31 22-13-37-23 LP2DX11 2011-01-31 22-13-53-98 LP2DX11 2011-01-31 22-16-24-46

 

■FINAL FANTASY XIV OFFICIAL BENCHMARK

FFXivWinBenchmark 2011-01-31 22-23-44-31

 

 

■PerformanceTest V7.0

Corei7_2600K_4.5GHz_5970_performancetest7.0

 

 

■Windows7 Experience Index

Corei7_2600K_4.5GHz_5970_experienceindex

 

 

■Heaven Benchmark Version 2.1

Unigine 2011-01-31 22-08-03-50

 

 

■概観写真

DSCF5208

 

 

■特徴(解説文など)

2600K 4.5GHz 1.3Vで常用中

Corei7_2600K_4.5GHz_5970_cpu-z DSCF5213
Core i7 2600Kを4.5GHzで常用するために1.3V盛っています。
Prime95で12時間完走しております。

また冷却するためにMegaShadowとScytheのKAZE-JYUNIを使用しています。
Prime95などの高負荷時でもコア温度が60度以上あがることはありません。

 

 

P67最適化のDDR3-1600 CL9 1.5V 4GB×2を使用

DSCF5212
P67最適化済みのGSkillのDDR3-1600 CL9 1.5V 4GB×2を使用しており、XMPの設定によりDDR3-1600で運用しています。

 

 

Acceleroに換装したRadeon HD 5970を使用

DSCF5210
HISのRadeon HD 5970を使用していましたが静かに冷やしたかったのでAccelero 5970 XTREMEを装着しています。
リファレンスに比べ最大15度冷えており、非常に静かです。

 

 

PCI最上位のSoundBlaster X-Fi Elite Proを使用

DSCF5209
PCI接続では最上位のSoundBlaster X-Fi Elite Proを使用しています。

ヘッドホン接続といきたい所ですが、ヘッドホンは蒸れてしまい苦手なのでScytheの鎌ベイアンプ2000とBOSEのin-ear headphonesを使用してゲームを行っています。

 

 

電源は余裕を持たせ80PLUS Silver取得の1000W電源を使用

DSCF5214
水冷時に使用していた電源なので共振しないようにマジックテープが貼ってありますがお気になさらずに(^^;;

SilverStone製の80Plus Silver取得電源を使うことでシングルレーンで5970の高負荷時でも十分供給できるこちらの製品を選んでいます。

 

 

■Windows 7を使って良かったと感じた点

Vistaに比べ起動時の速度やSSDのTrimへの対応などがサポートされており且つ重くないということに感動しました。

特にAeroに関してはローエンドでもVistaに比べキビキビ動作し、オンボードビデオなどでも実用に耐えうるようになりました。

またペイントや電卓と言った各機能のソフトも高機能化が進められており、扱いやすくなりました。

 

 

■IE9を使ってみて一言!

IE9になってから今まで利用できていたお気に入りバーなどは廃止され、すっきりとなりました。

また配布されているIE9がEnglishからJapaneseになり導入しやすくなったのが助かります。

ただし肝心なYahooジオクリエイターのActive Square6といったWebアプリケーションの対応はまだ行われていないため少々残念でした。