PX-W3PEでTV Testを使う方法


PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE REV1.3 – Amazon.co.jp

PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE V2.0 – Amazon.co.jp

image

 

PLEXから発売中のPX-W3PETV Testを使う方法を画像付きで丁寧に解説していきたいと思います。

 

1. カードをPCに取り付ける

DSCF4309
PX-W3PEはPCI Express*1スロット専用のものなのでPCI Express*1スロットに固定。
補助電源などはありませんので挿すだけでOKです。

 

 

 

 

2. PLEXから公式から「Windows 32bit/64bit ドライバ ver.***」をダウンロード

plex_driver_download
注意すべきなのは「Windows7 Media Center用32bit/64bit」 ドライバではないという所。

TS抜き(HDCP無効化)を行う為には必ず赤い丸が付いたドライバを使うようにしましょう。

 

 

 

 

3. デバイスマネージャーからドライバを当てる

PX-W3PE_fumeinadevice image fumeinadevice_driver_kousinn
マイコンピューターを右クリック→管理→デバイスマネージャーから「不明なデバイス」と出ていることを確認する。不明なデバイスを右クリックし「ドライバーソフトウェアの更新」をクリック。(画像2枚目)

 

 

 

 

4. ドライバー ソフトウェアの更新

image image image image
「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を押し公式ドライバーを解凍したフォルダを指定後次へ。後は自動的にドライバーをインストールしてくれます。

 

 

 

 

5. デバイスマネージャーから正常に認識されているか確認

PX-W3PE_device_manager_ninnsiki_kakuninn
デバイスマネージャーでサウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーの項目で「HDTV PX-W3PE PCIE DTV driver」と出ていれば問題ありません。

 

 

ハードウェアのセットアップは出来ましたので続いてソフトウェアの設定に参ります。

 

 

 

6. TV Testを公式サイトからダウンロード

TV_Test_download_32bit
TV Test公式サイトよりダウンロードし、解凍。
今回解説する内容は一応32bit向けなのでTV Testの32bit版をダウンロードしています。

 

 

 

 

7. DTV関係ファイル置き場からPX-W3PE対応のBonDriverをダウンロード

dtvkannkeifaile_PX-W3PEtaiou
DTV関係ファイル置き場からPX-W3PE対応のBonDriverをダウンロードしてきます。
今回は「BonDriver_PX-W3PE 修正版」を利用することにしました。まだ発売して間もなくドライバの安定性の問題から不具合などがありますのでご注意を。
この部分に関しては必要に応じて最新バージョンするなり私と同じバージョンをするなりして下さい。

 

 

 

 

8. 解凍し4つのファイルを確認後ファイル名を書き換える

image
image
・BonDriver_W3PE_S.dll
・BonDriver_W3PE_T.dll
・Interface_W3PE.dll
・W3PE_bs_cs.txt

があることを確認。次に BonDriver_W3PE_S.dllBonDriver_W3PE_T.dll をコピーし

・BonDriver_W3PE_S0.dll
・BonDriver_W3PE_S1.dll
・BonDriver_W3PE_T0.dll
・BonDriver_W3PE_T1.dll

の4つのファイルを作成します。(画像2枚目)

 

 

 

 

9. BS/CSを使いたい方はW3PE_bs_cs.txtの内容の書き換えが必要

25
BS1/TS0,151,11727480,0×4010
BS1/TS1,161,11727480,0×4011
BS3/TS0,191,11765840,0×4030
BS3/TS1,171,11765840,0×4031
BS9/TS0,211,11880920,0×4090
BS9/TS1,200,11880920,0×4091
BS9/TS2,222,11880920,0×4092
BS13/TS0,141,11957640,0x40d0
BS13/TS1,181,11957640,0x40d1
BS15/TS0,101,11996000,0x40f1
BS15/TS1,103,11996000,0x40f2
BS17/TS0,291,12034360,0×4310
BS17/TS1,294,12034360,0×4311
ND2,237,12291000,0×0
ND4,100,12331000,0×0
ND6,221,12371000,0×0
ND8,055,12411000,0×0
ND10,228,12451000,0×0
ND12,260,12491000,0×0
ND14,251,12531000,0×0
ND16,290,12571000,0×0
ND18,240,12611000,0×0
ND20,307,12651000,0×0
ND22,160,12691000,0×0
ND24,257,12731000,0×0
上記の文字をコピーでW3PE_bs_cs.txtに上書き。
※CS/BSは使わず地デジだけでOKという方は必要ありません。

 

 

 

10. 完成したファイルをTV Testのフォルダにコピー

image
TV_Test_driver_kumikomigo
Tv Testのディレクトリに9.で作成した6つのファイル(画像1枚目)をコピーします。以上の作業で「カードリーダーなしでTV Testを視聴することが可能になります。」

 

 

11. TV Testの設定

image
後はTV Testのドライバを「BonDriver_W3PE_T0.dll」または「BonDriver_W3PE_T1.dll」に設定するだけで視聴可能です。
※特に問題が無ければ「BonDriver_W3PE_T0.dll」でOKです。

 

 

 

 

オマケ 2画面同時視聴

image
PX-W3PEは地デジ2チューナー、CS/BSを合わせて計4チューナーとなっている為、デフォルトで地デジを2つ視聴することが可能。TV Testを2個起動するだけで上記のように出来るので非常に便利です。

 

PT2とよく比較されがちなPX-W3PEですが、PCI Express*1な所、分配器いらずで1本のF型コネクタケーブル1本で地デジを2画面見れるというのは安心感があります。

内臓カードリーダ対応のドライバなどが今後開発されればTV TestでもHDCP解除をしながら見れそうなんですが…。

 

PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE REV1.3 – Amazon.co.jp

PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE V2.0 – Amazon.co.jp

image