Windows Live Writerが進化しとる


image image image

久々にWindows Live Essentialをアップデートしてみました。

少し前まではVer.2010を使い続けておりましたが、Windows Live Writerのバグが色々と酷かった(改行しなければ文字選択が出来ない、記事一覧で検索しても記事が見つからない、自動リンク機能が働かない、画像や動画を貼ると異常にプチフリが多くなる etc…)ので一番新しいEssential 2010にアップデートしてみました。

上記の画像を3つ見て頂ければわかる通り、デザインがMS Office 2007と似たリボン型になっております。

正直このデザインは切り替えが必要なため個人的には絶対使いたくないデザインなのですが・・・バグやエラーの修正のためだと思って我慢中。(ちなみにOffice 2007買っておりますが、2003を愛用するほどリボンが嫌い。)

 

ただ良い点を上げるとフォントの設定がリボン化のお陰で装飾しやすく、簡単に文字を大きくしたり色を変えたり出来るようになりました。

また、自動リンク機能はしっかりと使えるようになっており何度も同じ単語を使う私としては非常にありがたいです。

更にプラグインの追加ボタンやフォトアルバム、動画追加ボタンなどはSkyDrive、Youtubeといったネットサービスと連携してファイル挿入が簡単になっており有難いです。(2010まではひっそりと機能はあったが使いづらく、わかりづらかった。)

 

良い点をコレだけ上げておいてなんですが・・・当然悪い点もある訳で・・・。

一つは「続きを読む」と言ったボタンの名前が変わり、「記事の分割」と言うややこしい名前に変わった

続きを読むと言うラインのボタンなのですが、レビューと言う記事の都合上使わなければならないボタンでしたので探しに探しまくりました・・・。

まさか続きを読むと言うボタンが「記事の分割」と言うわかりづらい名前のものに変わっているとは・・・(´ρ` )

 

二つ目に「画像や動画を貼ると異常にプチフリが多くなる」と言う問題は全く改善されていませんでした・・・。

Live Writer 2010の頃から画像や動画を貼るとプチフリのような症状に見舞われ、しばしレビューを書く作業を中断しなければならないことが多かったのです。

私の場合レビューは全てWindows Live Writer(WLM)を使って作成しているためこう言った不具合は致命的です…。

他のソフトを使おうにもここまで高機能なブログ投稿ソフトは無償では殆ど皆無と言っても過言ではありません。(一番の問題はWordPressで利用できるか、ですが。)

 

三つ目に強制終了が多発すると言う件。

この記事を書く前にGalaxy Tabのレビューを作成していたのですが、書いてから3分後にCtrl + Cでコピーをした瞬間エラーが発生。

当然ソフトは閉じられ、下書きすら残ってない状態・・・(´ρ` )

これ、前よりバグが酷くなってません?と思えました・・・。

再現性はまだありませんが、何度も起こる様なら旧バージョンに戻そうかと・・・。

 

相変わらずLive Writerは無料かつ便利なツールなのですが、如何せん安静やバグが多いのが目立ちますねー。

また、MicrosoftらしくGUIが統一できていない点も×。

せめてGUIをソフトから切り替えることが出来ると言った工夫がほしい所です。