PCIe x16ビデオカードが使えるAtom自作キットが登場


「PCI Express x16ビデオカードが利用できる」(メーカー)という初のAtom搭載自作キット「XC Cube LE201」がAOpenから発売された。

実売価格は14,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

この製品は、高さ106mm×幅200mm×奥行き321mmの小型自作キット。CPUにAtom 230、チップセットに945GCを採用した平均的な仕様で、拡張スロットとしてはPCI Express x1×1とMini Cardスロット×1、DDR2 DIMM×1を搭載している。

主なオンボードデバイスはVGAや5.1chサウンド、100Base-TX LANなどで、ACアダプタは90W。ドライブベイは3.5インチ×1と3.5インチHDD×1、薄型光学ドライブ(Serial ATA)×1。
stle11 stle21 stle31 

●x1スロットにx16ビデオカードを装着可

最大の特徴であるPCI Express x16ビデオカードへの対応は、このPCI Express x1スロットがエッジフリーになっていることによるもの。

つまり、信号的にはPCI Express x1相当だが、PCI Express x16対応カードが装着でき、「実際の利用も可能」(AOpen)という。AOpenでは同社のGeForce 9500 GTビデオカード「Aeolus F95GTD2-DCLP512X」を推奨製品としてアナウンスしており、それを利用することで「3D bench Mark 2006」の値が93から2,407に上がったこともアピール中だ。

ただし、あくまでもPCI Express x1スロットのため、「ビデオカードの性能は約75%~80%程度に落ちる」(同社)ので要注意。また、本体形状の関係でLowProfileカードしか利用できず、長めのカードも装着不可。ビデオカード用電源コネクタもついていないため、それらを使う製品も利用できないものと思われる。

様々な制限はあるものの、「PCI Express x16ビデオカードが利用できる」とうたうAtom系自作キットの一般販売はこれが初めて。

CPUがAtomなだけに「本格的な3Dゲームを」というわけにはいかないが、Atomの活用範囲が広がったのは間違いなさそうだ。

stle41 stle62 stle81

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090320/etc_aopen.html

Atom 230、945GCを搭載する自作キット「XC Cube LE201」が発売開始となりました。

この製品にはAtom自作キット初のエッジフリーのPCIExpress*1を搭載し、PCIExpress*16のグラフィックボードやRAIDカード、サウンドカードなどが挿せる設計となっています。

945GCの内臓グラフィックの場合、動画再生支援や3D性能は殆ど無いに等しいと言える具合だった為、PCIExpress*1を使って拡張できるのは嬉しいですね。

Akiba PC Hotlineの記事中にはPCIExpress*1を使ってAeolus F95GTD2-DCLP512Xのデモを行っている様で、問題無く刺さっている用です。

発売元のAOpenもAeolus F95GTD2-DCLP512Xを推奨商品としている様なので、幅や奥行きが同じような製品なら付けれるかも知れませんね。
XC Cube LE201
XC Cube LE201
最安価格 14800円 09.03.17