Intel,「AMDから製造子会社への特許ライセンス供与は契約違反」と主張


アメリカの分社法でライセンスは今まで通りのはずじゃ・・・

米Intelは米国時間2009年3月16日,米AMDが特許ライセンス契約を守らなかったと指摘し,同社に警告したと発表した。AMDが2001年に結んだ契約に反して,同社から分離独立した半導体製造会社の米GLOBALFOUNDRIESに特許ライセンスを与えたとしている。

GLOBALFOUNDRIESは,AMDが半導体製造事業を切り離し,2009年3月にアブダビの政府系投資会社Advanced Technology Investment(ATIC)と共同で設立した(関連記事:AMDから分離独立した製造事業,「GLOBALFOUNDRIES」として正式発足)。Intelは,GLOBALFOUNDRIESが特許ライセンス契約で定義した子会社に当たらないと主張。AMDからGLOBALFOUNDRIESへのライセンス供与を契約違反としている。また,AMDとATICが結んだ契約のうち,2001年の特許ライセンス契約にかかわる部分を開示するようAMDに求めているが,いまだ拒否されたままだという。

Intelは,2008年10月の時点で契約違反の懸念をAMDに伝えて解決を目指したが,AMDから「Intel側に違反がある」と反論されたとしている。Intelは特許ライセンス供与権の勝手な拡大解釈は許されないとし,このまま違反が続けば契約解除につながると警告している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090317/326710/

約1ヶ月前にAMDから完全分離したGLOBALFOUNDRIESですが、Intelがx86のライセンスについて異議を申し立てたようです。

アメリカの分社法では何%以上を株を持っていればライセンスはそのまま使えると聞いたことがあったのですが、どうなったんでしょうか?

最近はIntelとnVidiaやらAMDなどとライセンスでよく争いますねぇ・・・

もしこのままAMDがCPU製造が出来なくなったと仮定すると、x86のCPUのライセンスを持つのはIntelとVIAぐらいでしょうか。。。

個人的な意見ですが、最近はIntelの態度が妙にデカくて気に入りません。