Intel Xeon E5620 BOX 適当なレビュー


先日ES品のXeon E5620のレビューを出しましたが、あまりにOCが出来ず手放してしまったので仕方なくBOX版を買いなおしました。
※ES版のE5620レビューはこちら

ですので今回は「BOX」で販売されているE5620のレビューとなります。

Xeon E5620 BOX
Xeon E5620 BOX

 

パッケージおよび付属品一覧

DSCF1706 DSCF1709
Xeon E5620 BOX版はリテールクーラーが付属しないので非常にパッケージが小さいです。 

付属品と言っても

・CPU本体
・取説
・Xeonのロゴシール

ぐらいです。

 

 

ロット

DSCF1711
採取地:myspec通販
購入日:8月11日
ロット:3011B321

 

検証環境

10.08.15_sub_xeon_pc
DSCF1799

 

 

今回はXeon E5620 BOXを定格、3.6GHzで検証しております。

 

 

Xeon E5620 BOX 定格

3DMark06

XeonE5620_2.4GHz_3dmark06_score
3DMark Score:17090

SM2.0:6301
SM3.0:8811
CPU:4439

 

3DMark Vantage Perfomance

XeonE5620_2.4GHz_vantage_perfomance
3DMark Score:P17048

GPU:17507
CPU Score:15803

 

3DMark Vantage Extreme

XeonE5620_2.4GHz_vantage_extreme
3DMark Score:X9116
GPU Score:8914
CPU Score:16010

 

CrystalMark2004 R3

XeonE5620_2.4GHz_crystalmark2004r3_score
Mark:217398
ALU:47647
FPU:41245
MEM:48065

 

 

Heaven BenchMark Ver2.1 低負荷

Unigine 2010-08-12 18-15-04-80_teifuka

FPS:33.0
Score:831

 

Heaven BenchMark Ver2.1高負荷

Unigine 2010-08-12 18-25-16-85_koufuka  

FPS:15.3 FPS
Score: 386

 

◇CINEBENCH RELEASE 11.5

XeonE5620_2.4GHz_cinebench11.5_score
OpenGL:49.62 FPS
CPU:4.37 pts

 

 

◇Perfomance Test 7.0

XeonE5620_2.4GHz_perfomancetest7.0_score  

Score:2096.5

 

◇Windows 7 Experience Index

XeonE5620_2.4GHz_Experience_index_score
最大スコアー:7.4
プロセッサ:7.4
メモリ:7.5
グラフィックス:7.8
ゲーム用グラフィックス:7.8
プライマリHDD:7.4

 

 

◇FF XIVベンチ Low

FFXivWinBenchmark 2010-08-12 19-36-57-71_tefuka
Score:5104
Load Time:18033 ms

 

 

◇FF XIVベンチ High

FFXivWinBenchmark 2010-08-12 19-43-11-46_koufuka
Score:4553
Load Time:18180 ms

 

 

◇タイムリープブートベンチ

TimeLeap_Bench 2010-08-12 19-49-30-22
Score:125 FPS

Super π 104万桁

XeonE5620_2.4GHz_superpi104keta
104万桁:16秒

 

Xeon E5620 BOX 3.6GHz オーバークロック

 

3DMark06

XeonE5620_3.6GHz_matrix5870_3dmark06_score
3DMark Score:22995
(定格 17090)

SM2.0:9021 (定格 6301)
SM3.0:11004 (定格 8811)
CPU:6296 (定格4439)

 

 

3DMark Vantage Perfomance

XeonE5620_3.6GHz_matrix5870_vantage_perfomance
3DMark Score:P19307
(定格 P17048)

GPU:18487 (定格 17507)
CPU Score:22269 (定格 15803)

 

 

3DMark Vantage Extreme

XeonE5620_3.6GHz_matrix5870_vantage_extreme
3DMark Score:X9243 (定格 X9116)
GPU Score:8968 (定格 8914)
CPU Score:22340 (定格 16010)

 

 

 

Xeon E5620 BOX クロック別 CPUスコアー比較表

xeon_E5620_cloclkbetu_CPU_score_hikakuhyou

 

Xeon E5620 BOX クロック別 総合スコアー比較表

xeon_E5620_cloclkbetu_score_hikakuhyou

 

Xeon E5620を2.4GHzから3.6GHzへとオーバークロックし、CPUスコアー別、総合スコアー別でまとめてみました。

オーバークロックを行う事でCPU スコアー、総合スコアー共に大幅な上昇が見られ、CPUスコアー別の場合3DMark06では約41%Vantage Perfomanceでは約40%の上昇Vantage Extremeでは約39%の上昇となりました。

 

また総合スコアー別では3DMark06では約34%Vantage Perfomanceでは約13%の上昇となりました。

オーバークロックで得られるパフォーマンスアップは非常に大きく殆ど電圧を変えずにオーバークロックが出来るのは魅力的ですね。

 

◇コア温度

onndo
OCCTで1時間負荷を掛けて検証しました。 

Lowがアイドル時の最低の温度
Highが高負荷時の温度となります。

アイドル時にはコア温度の平均が約30度
高負荷時にはコア温度の平均が約51.5度

となり、Core i7 930ではアイドル時でも常に50度を超えていた結果を見る限り32nmの恩恵は十分に受けれていると思われます。

 

 

◇消費電力

OCCT時

430W
DSCF1782

アイドル

149W
DSCF1781

32nmの恩恵を受けてかアイドル時は非常に低い。

 

 

考察

先にE5620のES品を買って殆どオーバークロックが出来ず悩みましたが、やはりBOX版は容易にオーバークロックが可能となっており安心致しました。

3.6GHz以上延ばそうとBCLKを200以上伸ばそうとしたのですがマザーボード側が悲鳴を上げた?のか定格の電圧では起動しなくなる結果となりました。

価格性能比は当然ながらBloomFieldには負けてしまいますが、低発熱で軽くオーバークロックしたいと言う方にはお勧めできるCPUだと思います。

 

ただXeonと言うネームブランドが厄介で、大御所のメーカー(ASUS、MSI、GIGABYTEなど)のハイエンドマザーは公にはCPU対応とは明記しておりませんが、対応している物が多いのが実情です。

ただ低価格帯のマザーボードや、大御所に含まれないメーカーのマザーでは動作しないという例もあるそうなので「自分のマザーで動作報告があるか?」と言う事を注意して買う必要があります。

またマザーボードがXeonに対応していてもGulftown対応のBIOSは2010年4月以降にリリースされたBIOSしか対応していないかと思われるので最新のBIOSでない限り「起動できない」と言う危険性もあります。

色々と「賭け」が必要なXeonと言う名のCPUですが、Corei7シリーズでは32nmを採用したCPUは今後出る可能性が低いので買う価値は十分にあるかと思います。

 

Xeon E5620 BOX
Xeon E5620 BOX