Microsoftが「Windows Vista SP2」のRC版を一般公開


米Microsoftは米国時間2009年3月4日,「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」および「Windows Server 2008 SP2」のリリース候補(RC:Release Candidate)版を一般ユーザー向けに公開した。同社のCustomer Preview Programサイトからダウンロードできるほか, Windows Update Experience Kitを使ってWindows Updateからインストールできる。

SP2のRC版は,SP1適用済みのWindows VistaおよびWindows Server 2008にインストールできる。SP2のベータ版を導入している場合には,RC版をインストールする前にベータ版を削除する必要がある。スタンドアロン・パッケージは,英語,日本語,仏語,独語,スペイン語の5言語に対応するバージョンと,Windows Vista/Windows Server 2008がサポートする36言語に対応するバージョンを用意する。

同社は,今回公開したRC版を同年2月25日からMSDN/TechNet会員向けに公開していた。SP2には,これまでに公開したアップデートのほか,新しいハードウエアやいくつかの新しい標準規格のサポートなどが含まれる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090305/325871/

Windows Vista SP2 RC版がようやく一般公開開始となりました。

SP2のRC版はSP1適用済みのWindows VistaおよびWindows Server 2008にインストール可能でSP2 βを導入しているユーザーは先にβ版をアンインストールしておかなければならないそうです。

SP2 RC版が気になる方はCustomer Preview Programサイトからどうぞ。

Windows Vista SP2はWindows 7の発売に近く、あまり導入する人は少ないと言われていますが実際はどうなるんでしょうかねぇ・・・
個人的にはWindows Vistaを使用していますが、新しい物好きなので出来るだけ早くWindows 7の発売にこぎつけてもらいたいです(^^;;
001l1
Windows Vista Home Premium 32bit SP1 (DSP/OEM)
最安価格 12300円