今、お買い得ビデオカードはコレだ!【ハイエンド編】


全4回に渡って2008年暮れに購入可能なビデオカードを価格帯別に分けてレポートをお届けする。最後は、価格が5万円を超えるハイエンドなビデオカードだ。テストのために用意した製品は以下の4製品。
gpu_spec_hikaku_hiend
http://ascii.jp/elem/000/000/199/199795/

GeForce 9800 GX2を出すならなぜGeForce GTX 260や9800 GTX+などを出さないんでしょうか・・・

あくまで価格的なハイエンドで5万円以上などと決めているんですかね?

ともかくnVidia、AMDとも本気での対決ですね。

やはりゲーム関係にいたってはドライバー最適化、nVidiaよりの開発でゲームと言えばGeForceとなっていますが、AMD側も2枚挿しでパフォーマンスを上げるCrossFireでなかなかの検討。

GeForce GTXシリーズにはTransmetaの技術のロングランが搭載されている?ようで比較的ハイエンドの割りに省電力なのが特徴。

Radeon HD 48xシリーズには昔から搭載されているPowerPlayのお陰でコアクロックなどを調整し、省電力にしていますが、あまりコアクロックなどが下がるように設定されておらず、あまり省電力的ではない。