AMDから分離独立した製造事業,「GLOBALFOUNDRIES」として正式発足


米AMDから分離独立した半導体製造事業は,社名を「GLOBALFOUNDRIES」として米国時間2009年3月4日に正式発足した。本社をカリフォルニア州シリコンバレーに置き,約3000人の従業員で事業を開始する。最高経営責任者(CEO)に元AMD製造事業担当上級バイス・プレジデントのDoug Grose氏,取締役会会長には元AMD会長のHector Ruiz氏が就任した。

AMDは昨年10月,アブダビの政府系投資会社Advanced Technology Investment(ATIC)と協力し,AMDの半導体製造部門を切り離して新たな半導体製造会社を設立する計画を発表していた。新会社に対する出資比率は,AMDが44.4%,ATICが55.6%(関連記事:AMDが半導体製造部門を分離,アブダビの政府系投資会社と新会社設立へ)。

GLOBALFOUNDRIESは,AMD向けの製造を請け負うが,他社への供給も視野に入れた生産体制を世界に構築する。ハイエンド向けマイクロプロセサ市場以外にも目を向ける。

ドイツのドレスデンにある製造施設を「Fab 1」として,300mmウエーハ製造施設を増設し,2009年後半にバルク・シリコン基板を用いた製品の製造開始を目指す。当初は45nmの高性能SOI製品の量産に取り組み,その後32nmのバルク・シリコン製品に移行する。

また年内に,42億ドルをかけて,ニューヨーク州サラトガに新たな工場「Fab 2」の建設を開始する。32nm以降の技術を用いたチップ製造に焦点を当てる。約1400人を採用する予定で,「同地域に5000件以上の間接的な雇用を生み出す見通し」としている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090305/325953/

AMDがようやく分社化、「The Foundry Company」「GLOBALFOUNDRIES」と社名変更のようです。

これでAMDの重荷は解かれ、ファブレス企業化を果たしましたね。

プロセスの微細化からという重荷から開放されたAMDは今後GLOBALFOUNDRIESに製造委託をすることになり、このご時勢に42億円を投入しニューヨークにFab2と呼ばれる32nm以降の用いたチップ製造い焦点を当てたFab2の建設を開始するそうです。

NVIDIAのx86参入がAMD完全再生の条件 – 元麻布春男の週刊PCホットライン

上記の記事でニューヨークに工場を建設する理由は、アメリカにて多くの雇用を受けることによりThe Foundry Companyは米国の雇用、ひいては米国の世論を味方につける必要があるからではないだろうかと考えられているそうです。