Catalyst 9.2が公開開始に


AMD製デスクトップPC向け単体GPU,および同グラフィックス機能統合型チップセット向けドライバスイートの最新版,「ATI Catalyst 9.2」(以下,Catalyst 9.2)がリリースされた。対応GPUはATI Radeon 9500以降,対応チップセットはATI Radeon Xpress 200およびAMD 5シリーズ以降で,いずれもWindows XPおよび32/64bit版パッケージが用意されている。

http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20090221001/

今回の修正で目立つのは

  • DirectX 10アプリケーションに対し,CCCから異方性フィルタリングの設定を行えない問題
  • CCCの「Crossfire Overdrive」から,GPUおよびメモリクロックをデフォルト値から変更すると,「Test Custom Clocks」テストで失敗する問題
  • ATI Radeon HD 4800シリーズのATI CrossFireX構成時に,ATI Catalyst 8.12をインストールすると,システムが断続的に不安定となる問題
  • が修正されたのが大きいですね。
    Vistaでゲーマーなら入れるべきドライバーになってます。

    Rade48xシリーズでのCFX時などの調整も行われているようなので入れて損は無さそうです。

    まだ私はRade 4870 X2が帰って来てないので入れるかどうか悩んでおりますが・・・_| ̄|○(DX10対応ゲームもやってませんし)