Foxconn独自の省電力機構を備えた電源が発売開始に


Foxconn独自の省電力技術「GPS(Green Power Saving)」などに対応した容量300WのATX電源「GPS300AB」が同社から発売された。80 PLUS認証済みなのも特徴だ。

実売価格は4,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。パッケージには「システムオフ時0.01W」といううたい文句も書かれている。

●対応マザーとの併用で省電力化

GPS300ABは、同社の省電力製品シリーズ「GREEN Series」に属するATX電源。GREEN Seriesの製品は、スタンバイ時や電源OFF時の消費電力を削減するGPSのほか、システムの負荷状態に応じて段階的に電力量を調節する「GoD(Green on Demand)」、マザーボードのBIOSやシステムの設定によりさらに消費電力を削減する「GSM(Green System Mode)」という3つの技術により、高い省電力性を実現するという。

 これらはこの電源に加え、GREEN Seriesのマザーボードと連携して機能するもの。

 同社では、昨年10月に発売された対応マザーボード「G31MG-S」とSamsung製対応電源でのテスト結果を公開しており、Intelのリファレンス環境との比較では、アイドル時で20.5%削減(消費電力50.7W)、スタンバイ/電源OFFで99.4%削減(同0.05W)できるとされている。

●利用方法は不明

ただし、今回の製品にはマニュアルが付属しておらず、機能を使うための具体的な方法は不明。GPS300ABには一般的なATX電源にはない「PS」と記された2ピンコネクタ付きのケーブルがあり、これを対応マザーボードに接続する必要があると見られる。なお、G31MG-Sにも「PWR_BU」とプリントされた用途不明のコネクタが搭載されている。

販売しているドスパラ秋葉原本店もGPSに関してはサポートしない意向で「GPSの使用方法、対応製品は不明で、保証できない」としている。なお、本体背面のスイッチを「Nomal mode」に切り替えれば、通常の電源として使用できるとのこと。

GPSについては“人柱”的な要素もあるものの、省電力性の高いPCを自作したい人にとっては要チェックと言える存在だろう。80 PLUS認証電源としては比較的安価なのも魅力だ。

mgps11 mgps61 mgps81

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090221/etc_foxconn.html

Foxconnから独自の省電力機構「GPS(Green Power Saving)」を搭載した300Wの電源「GPS300AB」が発売開始となりました。

GPSとは電源とマザーを独自の2ピンのコネクタを挿しあうことにより利用できる?機能で、「スタンバイ時や電源OFF時の消費電力を削減するGPSのほか、システムの負荷状態に応じて段階的に電力量を調節する「GoD(Green on Demand)」、マザーボードのBIOSやシステムの設定によりさらに消費電力を削減する「GSM(Green System Mode)」という3つの技術により、高い省電力性を実現する」との事です。

利用方法や接続方法についても詳しく述べられていないようで、対応マザーでしか利用できないような感じもしますね。

300Wで80 PLUS電源が4980円と考えるとちょっとお高いような感じがしますが、あまり容量の要らないコンパクトPCにはもってこいかも知れません。
癒し系パソコンを自作