Bose in-ear headphones 適当なレビュー


去年の2月ごろにBose in-ear headphonesを購入し、約1年愛用してきた訳ですが・・・1月末から片方のイヤホンから音が聞こえなくなる事がたまーに出るようになって来ました。

コレはもしや接触不良か!?と思い、パッシブイコライゼーションの部分をある方向に動かすと、方耳だけ聞こえたり、両耳で聞こえたりと断線フラグが立っておりました。

そこで保証書を確認すると、購入日は09年2月22日

1年保証ギリな範囲、ネットで調べてみると・・・完全に断線していた状態でも保証が切れていても約4000円程度で新品と交換してくれる!?との事で、藁にもすがる気持ちで修理を購入店で依頼。

約10日程度で「新品交換で帰って来ました!」

iyh

と言うわけで、適当なレビューです。

Bose in-ear headphones (コード色:ブラック&ホワイト)
Bose in-ear headphones (コード色:ブラック&ホワイト)

パッケージと付属品一覧

DSCF6433 DSCF6434
私が修理したときのBose in-ear headphonesのパッケージはこのような青ラインが入っていなかったのですが、現在販売されているパッケージはこのタイプのようです(10.02.22現在)。
確か私が去年購入したモデルは、お求め安くなりました!って書いてあった気がします。付属品はイヤホン本体とイヤーピース小中大、ネックストラップ用ケーブルと収納する化粧箱。

化粧箱が付くあたり、高級感を感じます。(が、使わないと言う…)

 

付属品詳細

DSCF6435 DSCF6437 DSCF6438
1枚目はイヤーピース小と大。
中はイヤホンに元から付けた状態で出荷されています。 

2枚目の画像はネックストラップ用のケーブル。 正直使わないですね。

3枚目はイヤホンを収納する為の化粧箱。 素材はやわらかく、表面はナイロン質で、内部は布。(雨に濡れたら多分浸み込みます)
これまた使いませんね。

 

 

イヤホン本体

DSCF6440 DSCF6441
イヤホンはLeft、Rightとわかりやすいように「L」と「R」が書かれているので、付け間違いはないかと思います。
と言うかイヤーピースの向き的に逆は合いませんが(^^;;

 

 

イヤホンとイヤーピース

DSCF6442 DSCF6444 DSCF6446
イヤホン本体の側面には「BOSE」の文字があります。 

イヤーピースは「R」の文字がある突起部分で固定しており、かなり取れやすいです。(購入時はグリップが効くのですが、使えば使うほどこのグリップ感がなくなり、ポロポロ取れるようになります。)

 

 

イヤーピース

DSCF6448 DSCF6449
イヤホンとイヤーピースの項目で述べましたが、イヤホンの突起で上記画像1枚目のへこんでいるところに引っ掛け固定します。
取れやすいです。 

形状的にはカナル式っぽいですが、そう言った記述は公式サイトにはありません。

 

パッシブイコライゼーション

DSCF6451 DSCF6452
Bose in-ear headphonesはパッシブイコライゼーションを使って音質を変化させています。
3.5ミリプラグから10cm程度のところに存在し、大きさは約3cm程度。 

邪魔にならぬサイズで、表面には「BOSE」のロゴ、裏面にはBOSEの正規品を知らせる「シリアルナンバー」が存在しています。
よく言われる事ですが、ヤフオクで売買されているBose in-ear headphonesの5000円以下のものは大抵「偽物」で、音質の違いがある他、粗悪品は「シリアルナンバー」が書かれていない物だったりするそうです。

精巧な?偽者は一応「シリアルナンバー」が書かれているそうですが、音質はやはり違うとの事。

Bose in-ear headphonesを購入する際はネットオークションを利用するより、店頭や有名ネットショップでポイント還元などを利用して買われた方が確実で安全な方法だと思います。

 

3.5ミリプラグ

DSCF6453 DSCF6454
3.5ミリプラグです。
形状は垂直に挿すと、45度に斜めになって挿さります。 

尚、コチラの形は以前修理を出す前のものより形が変わっております。
ケーブル側に近いスパイラルになっている部分が、修理に出す前のモデルはスパイラルにはなっていなかったです。

どーでも良い変更ですが、格段にリビジョンアップはされているようですね。(意味あるかはさて置き…)

 

イヤーピース大きさ比較

DSCF6456 DSCF6458
手前からイヤーピースの「大」「中」「小」となっています。 

去年購入時に最初から付けてあった「中」サイズをつけて見ましたが・・・合わず、
>「小」
も小さすぎる、「大」も大きすぎる。
結局小さすぎるとポロポロ落ちて鬱陶しかったので、無理やり「大」を使用しておりました。

今では耳の穴が拡張(調教)されて、がばg(ry になりました(爆
いや、ほんとに。
今では大サイズがぴったりと言う感じでしょうか。

個人的にここまで合わないイヤーピースは初めてでした(^^;;

 

◇結論

音質はNW-A847に付属するイヤホンよりかは当然良く、音量はパッシブイコライゼーションのお陰でか小さ目となります。

この為、PCと接続した場合Bose in-ear headphonesではちょうど良い音量が、NW-A847に付属するイヤホンを使用すると、うるさすぎると言ったことが起こりました。

改めて、パッシブイコライゼーションの存在意味を知らされた気がします。

また、低音はNW-A847に付属するイヤホンよりバリバリ出ます。

素人耳でわかるぐらいバスの強さの違いがわかるので、驚きでした。

ただイヤーピースが取れやすい(なくし易い)ケーブルの材質がゴムっぽい感じでサラサラしていない為、冬など着込む際にケーブルが引っかかりやすいと言った点が気になりました。

この他にもパッシブイコライゼーションがあったり、ケーブルを二股に分かれさせる部分がある為、ケーブルの強度的にもあまり高いとはいえません。(実際私の場合は1年でパッシブイコライゼーションの根元で断線しましたので。)

欠点、改良して欲しい点はありますが・・・約1万円と言う大金を払った価値は十分にあるイヤホンだと思います。

PCでもウォークマンなどの小型機でも使えると言った機能性が良いので、外でも家の中でもイヤホン好き!といった方には十分にお勧めできる高級イヤホンだと思います。

Bose in-ear headphones (コード色:ブラック&ホワイト)
Bose in-ear headphones (コード色:ブラック&ホワイト)

 

Coneco.netでレビュー公開中!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い